20. 10 / 17

Tさん

author
sekimoto

category
> 生活


今から20年くらい前、まだ住宅を一作くらいしか作っていなかった駆け出しの頃、たまたま雑誌に載った私の住宅を見て設計を依頼して下さったのがTさんだった。

Tさんは有名なアニメーションも手がける監督さんということだったのだけれど、アニメに興味のなかった私は「へえ、そうなんですね」と返しただけで、失礼なことにその方の作品を見ることはなかった。

この秋、所用があってお会いすることになり、久しぶりに連絡を取った。忙しいようだったが「10月中旬を過ぎれば時間が作れる」とおっしゃっていた。Tさんが監督を務めている映画がこのコロナの影響で公開が延期されていることは知っていた。てことは、きっと10月の半ばになんらかの動きがあるのだろう。

昨日仕事をしていたら、ラジオから映画の公開が来年1月23日になったという情報が流れた。しかも情報公開は、昨日封切られた「鬼滅の刃」の上映前の予告編でとのこと。それがYahooニュースになった。きっとこの日に向けて、関係者の間で箝口令が敷かれていたに違いない。

先日、遅ればせながらようやく劇場版の3作を全て観た。はじめての世界観にくらくらした。「これってどういうこと?」理解できない私に、詳しい息子がいろいろ教えてくれた。設計していた時に見なくて良かった。見ていたら、とても対等に話せなくなっていたかもしれない。近々お目にかかるのがとても楽しみ!

.
■映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2021年1月23日公開
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6373838

20. 10 / 16

寝ても覚めても

author
sekimoto

category
> 仕事
> 生活


自宅と事務所が同じというのはいろんな意味で都合が良く、何より通勤時間がないのが良い。朝はスタッフが出社するよりずっと前から仕事ができるし、夜はスタッフが帰った後も仕事ができる。

つまり、結局朝から晩まで、事務所で一番仕事しているのは私ということになる。なんなら土日も時間があれば仕事をしている。私の抱える仕事というのは、仕事のようで仕事じゃないというか、JIAやSADIといった所属団体でのお役目があったり、原稿を頼まれたりセミナーを頼まれたりと、いわゆるリオタデザインとしての設計活動以外の仕事も多いので、土日などスタッフがいない日はまとめてそうした仕事を片付けることになる。

ただ度々書いているように、私が建築家として生きるということは、こうした社会的なお役目を一手に引き受けることを意味するので、呼吸していることと同じというか、何も不満はないしストレスがあるわけでもない。

ところがだ。どうやら私はとうとう眠りの中でも仕事を始めたらしい。明け方にふと目が覚めると、夢の残像は必ず仕事の夢なのだ。それもほぼ毎日。そのことに最近気づいて愕然としている。文字通り、寝ても覚めてもというやつだ。

その夢の中で私は何をしているかというと、現場の担当者や建て主などに向かってずっと何かを説明している。どうしてこういう設計にしているのかとか、問題をどう解決するかみたいなことをずっと話している。考えてみると、私は事務所で黙々と仕事をしている時間ももちろんあるが、対外的に誰かに説明をしたり議論をしたりという機会が圧倒的に多い。その余韻や興奮が醒めないのだろう。

朝起きてから寝るまでずっと仕事をして、眠った後も夢の中で仕事をしている。これって病気だろうか?でもうなされるわけではない。悪夢から醒めると「嫌な夢だった」という感覚が残るが、仕事の夢は目覚めても嫌な感じがない。私にとって日常すぎるからだろう。

たぶん、仕事と私生活を分けて生きている人(ほとんどがそうかもしれない)にとっては、こんな話ゾッとするだろう。もはや私は「生きている時間がすべてリオタデザインになっちゃった人」であり、そんなラベリングを激レアさんで付けてもらいたいと思う。
[2020年/11月12月・土日祝の設計相談可能日] (10月19日現在)

オンラインでの設計相談もはじめました!詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.riotadesign.com/blog/200418.html


※事前予約制となります
※平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です

10月/11月
※土日はすべて埋まっております。申し訳ありません!

12月
5日(土)・終日
6日(日)・終日
12日(土)・終日
13日(日)・終日
19日(土)・終日
20日(日)・終日

.
[ご案内]

☆現在案件が集中しておりまして、小アトリエのため多くの仕事はこなせずお待たせをしている状況となっております。土地が既にあって今設計をご依頼頂いた場合も、お引渡し時期は2022年7月以降になる可能性がございます。お急ぎの案件につきましては現在お受け致しかねる状況です。
大変申し訳ありませんが、当面は設計相談につきましてもこちらをご了承頂ける方のみとさせて下さい。よろしくお願い致します(10月17日)



ご予約は、メールriota@riotadesign.com)、またはお電話 (048-471-0260・ただし平日のみ)にてお願いします。

我々は少ないスタッフで密度の濃い業務を心がけておりますので、新築の場合、設計のご相談から竣工までで、トータル約1年半ほどのお時間を頂いております。

ただ設計の着手までに延々とお待たせするようなことはございません。お打ち合わせから約一ヶ月程度ではラフプランをご提示して、先に竣工する他の住宅の内覧会などにお越し頂きながら、じっくりとイメージをお互い共有して参ります。

もし現在具体的にお考えの計画がございましたら、まずはご相談だけでもお越し下さい。まだ土地がない方には、土地探しのアドバイスもしております。ご相談は内容にかかわらず無料です。

いらっしゃる際は、以下よりヒアリングシートをダウンロードして、必要事項をご記入の上お持ちください。こちらはカルテのようなものですので、詳細が決まっていなければ、お名前やご住所など基本的な事項のみの記入で構いません。

[ヒアリングシート]
https://www.riotadesign.com/works/Hearingsheet.pdf

[業務のご案内」 (Q&Aもあります)
https://www.riotadesign.com/service/

.
[備考]

平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です。
・所要時間は初回の場合、約2~2.5時間ほどを見込んで下さい。
・お子様をお連れ頂いても大丈夫ですが、遊べるような場所はありませんので、ゲームやお絵描き帳など、退屈しないようなご準備をして頂けたらと思います。
・ご来所が難しい場合は、ご自宅の方に訪問させて頂くことも可能です。
駐車場もございます。お車でいらっしゃる場合はどうかご利用ください。場所はこちらの地図を参照ください。

.
リオタデザイン代表 関本竜太 (riota@riotadesign.com)

昨年竣工した築50年の住宅リノベーション「縁側の家」が、このたび『渡辺篤史の建もの探訪』にてオンエアされることになりました。
撮影当日は私も立ち会ったのですが、あいにくの土砂降りで、渡辺篤史さんが傘を差して訪問するという晴れ男の篤史さんにしては珍しい回となりました。

今週の土曜日(10月10日)です。早朝の放送なので、どうかタイマー録画してご覧下さい。

『渡辺篤史の建もの探訪』 縁側の家(N邸)
テレビ朝日系列
10月10日(土) 午前4:30~5:00
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/



縁側の家
https://www.riotadesign.com/works/19_engawa/#wttl

author
sekimoto

category
> 社会



今日は編集委員として関わっているJIA(日本建築家協会)の支部広報誌Bulletinのインタビュー取材のため、六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京へ。お会いしたのはザ・リッツ・カールトンの元日本支社長である高野登さん。

おそらく普通に生活していたのでは、リッツカールトンのロビーフロア(45階)に上がってくることも、そして高野さんのような方にも一生お会いすることはなかったかもしれません。時間も取られて大変ですが、本業の設計とは別にちょっと”余計なこと”に首を突っ込んでいると、たまにこんな役得もあります。

高野さんは、リッツカールトンの卓越したサービスやホスピタリティ精神についての著書も多く残しておられます。おそらく企業研修やセミナーなどにお呼びしたらきっと目玉が飛び出るような謝礼をお支払いしないといけない方だと思うのですが、この日は広報誌のインタビューということで、約1時間でしたがとっても濃いお話をお聞きすることができました。本当にお金払わなくて大丈夫ですか?とお訊ねしたくなるくらい。(請求されても払えませんが…)


私は住宅設計というジャンルは「建築」でありながらも、ホスピタリティという意味では限りなく「ホテル」や「レストラン」に近い業態であると思っています。さすがにリッツカールトンとまではいかないかもしれませんが、我々は住まい手に向き合い、隅々まで配慮の行き届いた設計によって、建て主さんにとって最高の安息空間をご提供したいとも思っています(まだまだ力不足ですが、、)。そのため、この日は高野さんのお話をお聞きできるのを心から楽しみにしていました。

ホテルを作るのではなくコミュニティを作るという考え方。世の中がどんどんデジタル化に向かう中アナログに徹するということの意味について。最後は優れた人材の育て方、面接時の質問のありかたに至るまで。お話を伺いながら目から鱗がいくつも落ちました。そして自分の不明と不勉強を痛感しました。頂はあまりに高く、そしてまだまだ道程は長い…。

高野さん、本日はお忙しいところお時間を取って下さりありがとうございました。関東甲信越支部のJIA会員の皆さまは、12月にお手元に届く冬号の記事「他人の流儀」をどうかお楽しみに!

Bulletin「他人の流儀」バックナンバー
https://www.jia-kanto.org/online/tanin/index.html


(中央奥が高野氏)