昨日は非常勤講師を務める日大理工学部2年生の住宅課題の全体講評会がありました。各講師受け持ちの20名ほどの学生の中から優秀案を2~3点ほど選び、全体講評会を通じて全学生の中からさらに作品集に掲載する優秀作品数点を選出します。

その中からさらに選ばれたトップ2作品については、スーパージュリーというゲスト建築家を招いての秋の全学年講評会へと選出されます。今回は私のクラスからも1作品が選ばれました。橋本さんおめでとう!他の学生もよく頑張りました。


私は日頃から住宅設計を生業としていますが、学生達に教える住宅設計というものは、我々の日頃の実務設計とはある意味大きく異なるものだと思っています。

我々の住宅との違いは、一言で言えば特定の建て主がいないということになりますが、そうなると面白いことに彼らの設計する住宅は、大きく二つの方向性へと分かれてゆきます。

ひとつは、豊かな想像力(あるいは妄想力)と”ご都合主義”を駆使して、通常ではあり得ないような突飛な設定や解決へと飛躍してゆくという方向性。そしてもうひとつは、住宅をアノニマスな、ある意味どこにでもいそうな(そしてそれはどこにもいないということと同義なのですが)家族像を想定して、大きく突出することのない住宅へと着地してゆこうとする方向性です。

一方の我々の実務設計はどちらでもなく、特定の建て主の思いや許容値から大きく逸脱しないよう、そして一方ではその”のびしろ”を最大に生かしたような個性的な住宅の着地点を探ってゆきます。機能、構造、断熱、そしてディテール。すべてに対して高いレベルの解決を求めてゆきます。


私が学生に求めるのは、どちらかというと前者のやや飛躍したような、ある意味「突飛な」解決です。意外に思われるでしょうか?

普段の設計が”良識的”なだけに、振り幅が大きくなっているのかもしれませんが笑、まだ大学の二年生、建築を学び始めたばかりの子達が、今すぐにでも建ちそうな老成した住宅はやらなくて良いと私は思っています。(もちろん、そういう学生の案も一方では高く評価はしています)

私は学生には、常に常識を疑う目を養って欲しいと思っています。「そういうものだ」と植え付けられた常識は思考停止を招きます。住宅ってなんだろう?建築ってなんだろう?という素朴な視点を見失わないことが、この時期の学生には最も大切なことだと思うのです。

今回も我がクラスからは、そんな”非常識”な住宅がいっぱい生まれました。どれもとっても楽しい住宅です。なぜか女子学生の方が、そんな常識を脱ぎ捨てることに躊躇がないような気がするのは気のせいでしょうか。

住宅を考えることで、これからの世の中のことや、住まいと街との関わり方について考えを深める良い機会となったら、教えた甲斐があったなと思います。


昨日は中野にある「デザインファーム」という学校で講演をさせて頂きました。デザインファームというのは少し変わった学校で、建築設計事務所への就職支援や建築家になるための教育を行う建築専門学校になります。

デザインファーム
http://www.designfarm.org/

建築設計事務所というのはやや特殊な業態で、事務所によっては深夜残業や徹夜は当たり前(リオタデザインはありませんが)というところも多いですし、お給料も少なかったり、いわゆる大卒で就職先に選ぶというのはごく少数に過ぎません。そのため、都内の設計事務所などは、このデザインファームからの人材を多く受け入れている実情もあるかと思います。

この学校に通う生徒さんの中には、年齢も40を越えている方や、平日は建築や他の仕事をしながら土日のコースで学んでいる方もいらっしゃるとのこと。私が大学で教えている若い学生さんとは、切実さという意味でも熱量の違いを感じてしまいます。


今回はそんなデザインファームの生徒さんに向けて、「建築とは?」という話からリオタデザインの住宅紹介、フィンランドの話まで90分ほどのお話をさせて頂きました。

その後の打ち上げでも、熱心な生徒さんから作品の講評を求められたり、また実務上の踏みこんだ質問を受けたりなど、デザインファームらしい”アツい”時間を過ごさせて頂きました。こちらも刺激になり、とても楽しい時間でした!

ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。またお声がけ下さいましたマキノ校長、そしてご紹介下さった建築家の奥山裕生さんほか、皆様大変お世話になりました。


先日の「建もの探訪」でもご紹介頂きました「路地の家」を&homeさんにご取材頂きました。娘さんがとっても可愛くて、取材でも最高の愛嬌での”神対応”だったようです。

おかげさまで、「建もの探訪」も大変評判が良く嬉しく思います。見逃された方は、BS朝日での再放送がありますので、こちらをご覧下さい。おそらく8月中旬くらいのOAかと思います。

誌面はどうかお手に取ってご覧下さい!

&home(アンド・ホーム) Vol.58|エフジー武蔵
http://amzn.asia/6BszPg2


[リマインド] (7/10)

日程が近づいて参りましたので、再度告知を致します。
7月22日(日)に、自主企画ですがこんなイベントを企画しています。いわゆる建築家の講演会でもなく、家づくりセミナーでもなく、建て主と設計者とがお互い本音で家づくりを語り合うというこの企画。できれば、事前にご参加をメールでお知らせ下さい!(当日参加でも大丈夫です)
Email: info@riotadesign.com


☆建て主[本音]クロストーク
[関本竜太+「TOPWATER」の建て主] x [山﨑壮一+「駒場の家」の建て主]


TOPWATER(設計:関本竜太)|駒場の家(設計:山﨑壮一)

日時:2018年7月22日(日) 14:00~16:15 ( 受付 13:30~)
会場:パナソニック東京 汐留ビル 5 階会議室 HALL-2 (受付は4 階です)
https://panasonic.co.jp/es/museum/access/

参加費:無料(定員60名)

☆ 受付は4 階になります。パナソニック汐留ミュージアムが4 階にあり、その前に受付を作りますので、当日は「パナソニック汐留ミュージアム」を目指してお越しください。

[お申込み]
参加者のお名前と連絡先をメールまたはFAX にてご連絡下さい
リオタデザイン(担当:関本竜太)あて
FAX: 048-203-6101 Email: info@riotadesign.com

>>概略のPDFデータはこちらより→ 建て主[本音]クロストーク

.
[概要]
美しいビジュアルの住宅の向こう側には、設計者の思いとは別に、日々の生活をリアルに営まれている建て主さんがいらっしゃいます。そうした建て主さんたちに実際にご登壇頂き、設計者とのクロストークを通して、家づくりを通じて感じた本音の部分を語って頂こうという企画です。

どうしてその人に依頼しようと思ったのか?一見すると斬新に見える空間の実際の住み心地はどうなのか?これから建築家と家を建てたい(けど不安…)という方にとって、また専門家の方にとってもなかなか聞くことのできない他の設計者と建て主とのやりとりなど、貴重な声が聞ける機会となることを期待しています。

.
[進行案]
第一部 イントロダクション 
[設計者による住宅の解説(TOPWATERx駒場の家)] 45 分
(休憩)
第二部 建て主[本音]クロストーク 
[建主より家づくりのリアルな声をお聞きします] 50 分
– 関本竜太x「駒場の家(設計:山﨑壮一)」の建て主
– 山崎壮一x「TOPWATER(設計:関本竜太)」の建て主
第三部 建築家[本音]クロストーク 
[関本竜太x山﨑壮一] 30 分 |質疑応答

.
[登壇建築家のご紹介]


関本竜太(建築家・リオタデザイン主宰)
1971 年埼玉県生まれ。’94 年日本大学理工学部建築学科卒業後、’99 年までエーディーネットワーク建築研究所に勤務。2000 年~ ’01 年フィンランド・ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)に留学、現地の設計事務所にて設計プロジェクトにかかわる。帰国後、’02 年にリオタデザイン設立。
○リオタデザイン|https://www.riotadesign.com/

.

山﨑壮一(建築家・山﨑壮一建築設計事務所主宰)
1974 年兵庫県神戸市生まれ。1993 年私立六甲学院卒業。1999 年早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学~大学院の期間は都市計画・戸沼幸市研究室に所属。同年矢板建築設計研究所入社、建築家・矢板久明氏に師事。工務店参画を経て、2009 年山﨑壮一建築設計事務所を設立、現在に至る。
○山﨑壮一建築設計事務所|https://www.yamasaki-arch.com/

>>概略のPDFデータはこちらより→ 建て主[本音]クロストーク

18. 07 / 08

びっくり箱



多肉植物やエアプランツが咲かせる花というのは、この植物からまさかこんな!という意外性があって本当に面白い。

びっくり箱から飛び出したピエロみたい。全身が個性のかたまりで、何考えて生きてるんだろうと思う。みんなちがってみんないい。そう言われているようで癒やされる。


1 / 179123...Last »