author
sekimoto

category
> 仕事



現在、県下でリノベーションの現場が進んでいます。

「縁側の家」と名付けていますが、築50年を越える住宅の瓦屋根だけを残し、間仕切りや外壁、窓などをすべてそっくり新しく更新するというフルリノベーションの計画です。

うちはリノベーションの仕事はあまり多くないのですが、社会的にはリノベーションの需要は今後も増えてゆくだろうと言われています。そして新築は頭打ちだとも。ただ、リノベーションは新築に比べて工事費が安く上がると思っている方もいますが、必ずしもそうとは限りません。

たとえば今回の案件では、構造が現在の耐震基準に合っていないので、あらゆる方法で構造補強を行っています。新築なら配筋検査など、基礎工事からしっかりと我々が設計監理できますが、既存の住宅の構造がどのくらいしっかり作られているかというのは、ぱっと見ただけでは我々でもわかりません。

要はなんだかんだで、そっくりきれいに、性能もしっかりした住宅に改修をしようと思ったら、ほぼ新築並みの費用がかかると思っておいた方が良いと思います。


な~んだ、そんなお金かかるなら壊して建て替えてしまおう。

そう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。でも腹をくくって既存の住宅を活かした改修をしようと考えると、リノベーションはとっても奥が深くて、もしかすると新築で建てる以上の魅力ある空間にできる可能性もあります。

私はそれを「縁側の家」の現場に足を運ぶ度に思います。なんだか不思議な空間だなあと。自分で設計したのだけれど、自分の設計ではないような。

新築の計画だと白紙からのスタートなので、いかようにもプランが作れます。屋根の架け方だって自由です。ところが、既存の改修だといろんな制約が邪魔をして、思い通りにやらせてくれません。これはとってもストレスなんですが、結果的にいつもの”手癖”から離れて、ある意味不合理な、ある意味とっても豊かな空間が生まれることになります。

例えばこの「縁側の家」では、文字通り縁側がリビングやダイニングのまわりをぐるぐるっと取り巻いています。通常の設計なら、床面積を無駄に食うこうした廊下状の空間は排除される傾向にあるのですが、既存の住宅の骨格に忠実に解いていった結果として、”無駄な縁側”という豊かさを獲得したとも言えると思います。

リビングの天井も3mくらいあって、部屋のつながりもイレギュラー。自分の中のプランニングのセオリーが破られて、なんだかとっても新鮮です。

現場はまだまだここからが踏ん張りどころ。
進捗と完成がますます楽しみです!

author
sekimoto

category
> 生活



宇都宮の現場へと東北道に車を走らせていた。道は空いており、私は考え事をしながらのんびりとハンドルを握っていた。

ハッと我に返ったのは、すぐ後ろから覆面パトカーがこちらに迫ってくるのが見えたからだ。まさか自分ではない。だって時速は100kmだし、携帯電話も握ってないし、シートベルトだってちゃんとしているもの!

道を避けると覆面パトカーの警官がこっちを指差している。まさかの私!?覆面と並走しながら「何?何?」と考えた。いつも何かしらポカをしでかして切符を切られる。ありえない場所での一時不停止とか。でも今回ばかりは何も心当たりがない。こ~わっ。一体何!?

説明を受けて耳を疑った。
容疑は「追越車線を走っていたから」

ハァ?
思わず言っちゃいましたよ。なにそれ。
そんな違反はじめて聞いた!

「追越車線は追い越したらすぐ走行車線に戻る。おたく、ずっと追越車線走ってたでしょ」

ハァ?
また言っちゃいましたよ。なにそれ!

ええ、知ってますよ。知ってますとも。追越車線の意味は知ってますし、なんならいつもはそうしてますけど。でもちょっとうっかり追越車線走りっぱなしで違反って、嘘でしょ。だって、ほかにもみんな走ってるじゃん!道路混み合ってきたら、そんな車ばっかじゃん!!←あ、これは心の中でね。

あの、何か危険運転してたっていうなら反省もしますけど、正直ピンとこないんですよね。追越車線走っていたとして、何か危険なことあります?←これは聞きましたよ。

「あのですね、高速道路の事故の大半は追越車線で起こるんですよ」

ハァ?
ごめんなさい、意味わからない。

私が追越車線を200kmでぶっ飛ばしてたっていうんならわかりますよ。そりゃあ、事故も起こるでしょう。でもね、追越車線を安全に100kmで走っていて一体どんな事故が起こるって言うんですか?←とでも言えばよかった。

結局1点の切符を切られて、罰金6千円也。はぁ…。


皆さんもお気をつけください。高速道路には事故や煽り運転以外にも“危険”がいっぱいあるということを。

その後現場で聞いたんですが、一説によると2km以上追越車線を走っていると切られるんだそうです!なにそれ。こ~わっ。


先週末にOZONEでのイベントを終えたばかりではありますが、私が所属するJIA住宅部会主宰の家づくりセミナーもまた今週の土曜日にOZONEにて開催されます。

JIA住宅部会セミナー
『建築家×職人とつくる家づくり ~現場はこだわるからこそ面白い~』
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/565


こちらは建築家の中澤克秀さんの進行のもと、私と同じく建築家の伊藤昭博さん(HIRO建築工房)が登壇しまして、クロストーク形式でテーマを掘り下げます。

今回のテーマは「建築家×職人とつくる家づくり」ということで、家づくりの表舞台に出てこない「職人さんとのやりとり」にスポットをあてたいと思っています。現場で我々がどんなやりとりをして、図面には表現しきれない”空間の質”や密度を確保しているのか、建築家がこだわるものづくりへの姿勢をコーディネーターの中澤さんに引き出して頂きます。

先週末のセミナーは、我々の竣工写真からだけではわからない建て主さんとのやりとりにフォーカスをあてたわけですが、今回はある意味それの「職人さんバージョン」といったところかもしれません。といっても職人さんにはご登壇頂けませんが、、。

対象は一般の家づくりを考えている方向けのセミナーですが、専門家の方もご興味ある方は是非お越しください!


JIA住宅部会セミナー
『建築家×職人とつくる家づくり ~現場はこだわるからこそ面白い~』

講師:
関本竜太(リオタデザイン)
伊藤昭博(HIRO建築工房)
コーディネーター:中澤克秀(中澤建築設計事務所)

日時:2019年1/19(土)14:00~15:30
場所:新宿パークタワービル3F OZONEウェルカムプラザ(吹抜けのホールです)
>> アクセス
参加費:無料

参加方法:以下のリンクよりお申し込み下さい。当日直接参加も可能です。
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/565

author
sekimoto

category
> news
> 仕事


[1~2月・土日祝の設計相談可能日] (1月14日現在)
※事前予約制となります
※平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です

1月
19日(土)・午前はやめ
20日(日)・午前
27日(日)・終日

2月
2日(土)・終日
3日(日)・終日
9日(土)・終日
10日(日)・終日
11日(月祝)・終日
16日(土)・午前
17日(日)・終日
24日(日)・終日


ご予約は、メール(riota@riotadesign.com)、またはお電話(048-471-0260・ただし平日のみ)にてお願いします。

我々の場合、設計のご相談からご竣工までで、トータル約1年~1年半ほどのお時間を頂いております。もし現在具体的にお考えの計画がございましたら、まずはご相談だけでもお越し下さい。まだ土地がない方には、土地探しのアドバイスもしております。ご来所頂いてのご相談は、内容にかかわらず無料です。

> 業務のご案内(Q&Aもあります)

[備考]
・上記にかかわらず、平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です。
・所要時間は初回の場合、約2時間ほどを見込んで下さい。
・お子様をお連れ頂いても大丈夫ですが、遊べるような場所はありませんので、ゲームやお絵描き帳など、退屈しないようなご準備をして頂けたらと思います。
・駐車場もございます。こちらの地図を参照ください。


今日は、昨年より告知しておりましたOZONEでのトークイベントがありました。
企画して下さいましたOZONEスタッフの皆さま、一緒に登壇下さった「紫陽花の家」建て主のKさん、そしてご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。

紫陽花の家
https://www.riotadesign.com/works/15_ajisai/#wttl

イベントでは、私が紫陽花の家の設計プロセスや概要を語った後、コーディネーター小川さんのリードのもと、Kさんの家づくりで感じたことやご苦労など、多くの興味深いお話を伺うことができました。また、4年経った今でも大変気に入って下さっているということも、設計者としても大変幸せに感じたことでもありました。ご参加下さった方には建築家と建てる家づくりがどういうものか、よくご理解頂けたのではないかと思います。


今日お話をお伺いした中でとても印象に残ったのは、街並みや地域に馴染んだ住まいのあり方とは?というお話でした。

設計当時のご要望には、確かに「街並みに馴染んだ佇まい」であることなどが謳われていたように思います。言い換えれば「街並みとの調和」ということになるのかもしれませんが、月並みな言葉でありつつもそれがどういうことか、設計者であってもうまく答えることができる方は少ないと思います。そして私ですら、それはおぼつかないものです。当時はそんな手探りの中での設計でした。

街並みと調和する住まいって、はたしてどんな住まいでしょう?

例えば歴史ある景観の街並みであれば、それはむしろたやすいことです。瓦の街並であれば、屋根には瓦を使おうと心ある設計者であれば思うでしょう。けれども歴史の文脈が断たれた住宅地の中で、周辺のサイディングの外壁と合わせることが街並みの調和につながるのかと言えば、私には大きな違和感があります。

それについて、Kさんはこんなお話をして下さいました。

「紫陽花の家」の設計では、そう大きくはない敷地の中にも出来る限り多くの木を植えるように計画をしていました。夏の間は良いのですが、それが秋の落葉の季節が始まると一斉に葉を落とします。

近所のご迷惑になってはいけないと、Kさんは毎日のように落ち葉をかき集めたり掃除をしていたそうですが、そうすると通りを歩く人や近所の方からよく声をかけられるのだそうです。

「大変ですね」とか「もう秋ですね」とか、そんなささやかな言葉だったりするのだろうと想像するのですが、それはマンションに住んでいたときにはなかったことで、葉を集めるために仕方なく表に出るということが、街の人たちとつながることになるのだということに気づいたそうです。

そしてそんな通行人からは、家のことをよく褒められるのだそうです。そのたびに、街の人から自分の家が好意的に受け入れられていることを感じ、それが家が街に馴染んだと実感する瞬間なのだとおっしゃっていました。人には個性があるけれど、お互いを尊重しあい仲良くなれるということと似ています。とても示唆に富んだお話だと思いました。


思えば、ここ最近の我々の設計で意識しているのは、住宅をいかに街とつながりを持たせるかということでもあります。住まいを街にひらく、という言い方をすることもありますが、「ひらく」と言うと文字通り、通りに対してガラス張りにするのかと思われる方もいらっしゃるのですが、そういうことではありません。

住まいの庭先に木を植えたり、アプローチを美しく整えるのは建て主のためであることには違いないのですが、私にとってそれは半分の意味でしかなく、残り半分は家の前を通る人や隣家の方への”お裾分け”だと思っています。

一般的には土地を買い家を建てるという行為は、資産としての土地と住宅を手に入れる行為であると思われているかもしれませんが、本当は半分は自分のもの、半分は街のものなんです。なぜなら、街はみんなの共有資産だからです。だから敷地の”へり”に緑を植えるという行為は、税金を払うのと同じくらい大事なことなのです。


先の「紫陽花の家」は個性的で、あの街並みの中では同じ家は二つとありません。それどころか、日本中見渡しても同じ家はないはずです。それはKさんご家族がこの世にひと家族しかないのと同じくらい自然なことです。我々設計事務所と家をつくるということは、特別ではなく、むしろそのくらい当たり前のことでもあるんです。

けれど、そんな唯一無二のものが街並みの中に”溶け込んで”いるということ。街並みとの住まいの調和というものが、単なるデザインコードの話ではなく、人や環境というレベルでつながる話なのだということを今日はあらためて認識することができました。

Kさん、あらためて本日は貴重なお話をありがとうございました。