少し前に「キングオブ余計なお世話」こと、田口彰さんが代表を務めるTAGKENのオープンハウスに行った話を書きました。

田口さんと言えばアメリカ仕込みの(えげつない)デジタルツール使いとしても有名ですが、先日のオープンハウスでもその一端を見せて頂き、初めて見るようなデジタルツールの使いこなしに目を丸くしました。

そこで、是非弟子入りさせて下さい!とばかりに、今日はスタッフも連れてさいたま市にあるTAGKENさんにお邪魔してきました。弟子入りと見せかけて実は企業スパイをする気まんまんです。ふふふ…。

TAGKEN(田口建設)| http://www.tagken.co.jp/

もはや時代は3Dです。古来より図面は立体情報をいかに平面情報に変換するかであり、私などが大学で非常勤講師として学生に教えているのもそれです。

従って、建築教育を受けていない一般の人が、図面を見てありありと立体を思い浮かべることができたとしたら、相当の才能の持ち主と言えます。(正直、専門家でも少々怪しいときがありますので…)

少なくとも、建て主さんや現場の職人さんと情報共有をするのに、3Dをいかに使いこなすかはこれからの時代のマストアイテムになるに違いありません。


田口さんはそんな平面の図面情報を3Dソフトで立体化し、それをレンダリングソフトにかけながら、リアルな陰影や素材感をそこに付加してゆきます。

この3Dレンダリング自体はかなり昔からありますので、それ自体はとりたてて新しい技術ではないのですが、何がすごいって時代のスピードと田口さんの使いこなしっぷりです。


田口さんの流れるような操作を見ていると、「これ自分でも今すぐにできるんじゃないかなぁ、、」と思わせてくれます。田口さんはPCソフトの実演と販売をさせたら、きっと売り上げ日本一になれると思います。

私は前のめりで、お勧めのソフトやPCの性能など聞きたかったことも聞きまくり。結果、うちのショボいPCの性能ではまったく話にならないことも判明…泣。


ここからがすごい。田口さんがかけているかぶりもの、そうVR(バーチャルリアリティ)です。よくテレビなどでやっていますね。ビルから落ちそうでキャー!みたいな。

私はまだ未経験でしたので、これを機に体験させて頂きました。これ本当にバーチャルに作られた空間の中を歩き回れるんですよ。正直もうちょっとショボい感じをイメージしていたんですが、全然違います。とにかくリアルなんです。実際の空間体験そのままという気がしました。

これは建て主さんと設計の空間を共有するのに役立つのは言うまでもないのですが、所内の設計検討にもかなり使えそうです。あまり大きな声で言えないんですが、図面でいくらシュミレーションしていても、実物ができると「あれ?」みたいな。これ以上は建て主さんに怒られちゃうんでやめときますが…。


そしてこれが360度カメラ、リコーの「シータV」。今回のお目当ての一つでした。

これを敷地や現場で撮影すると360度すべてぐるりと撮影できます。例えば、敷地に行くと我々は東西南北をぐるりとコマ送りのようにして写真を撮るのですが、意外と肝心なところが撮れていないことがあるんですよね。この写真の外にある部分はどうなっているんだろうとか。

このカメラで撮影すると、周囲はもちろん上から真下まですべて網羅して撮影が出来るのです。もう現場でも撮りこぼしなしです。ただ、このカメラで撮影するだけなら誰でもできるのですが、田口さんのここからの使いこなしがすごい。もったいぶって、ここから先はナイショということで笑


私も昔からデジタル系ツールは大好きなもので、今すぐに取り入れたいものばかりだったのですが、いかんせんお金もかかるので(汗)導入できるところから少しずつ導入してゆきたいと思います。

直近で私に会う現場の人や建て主さんには、きっとドヤ顔で「こんなことできるんですよぉ」なんて、さも自分で考えたかのように田口さんの受け売りをすることと思います。リオタデザインの伸びしろはまだまだありますよ~!ということで今後も進化を続けたいと思います。

田口さん、今日はご丁寧にいろいろご教示頂きましてありがとうございました!!もしこのブログを見て、「私も教えてください!」といううちのライバル会社が来ましたら、高い指導料をふっかけて追い払うと良いと思います。
日本構造デザイン賞を受賞した大学同期の与那嶺を祝う会ということで、同じく同期の友人数名に声をかけ食事をした。それぞれの友人とは私も個別の付き合いがあるものの、このメンバーが勢揃いして集まるというのはどのくらいぶりだろう。本当に楽しく、話と笑いの絶えない時間だった。そして感慨深かった。

我々は「意匠」「構造」と専門は異なれど、大学を卒業して、大手組織事務所ではなくいわゆる「アトリエ」と呼ばれる小さな設計事務所に就職した、いわゆる”アトリエ派”だ。

私の卒業した日大理工学部は、学年に学生が300人もいるというマンモス校だが、その中でいわゆるアトリエに就職しようという者は10人にも満たない。つまり我々は同期の中でも希有な”変わり者”たちだとも言える。

組織で働く人がそうではないとは言わないけれど、アトリエで働くということは個人の自由意志に基づいて仕事をすることだと思う。我々はそう自分たちを鼓舞してきたし、この道に進もうとする人にかける言葉にもなっている。


人は自由を求める。そしてその自由に制約をかけるものに対して強く反発しようとする。ところが、あらためて自由になった者は戸惑い、往々にして再び制約を求めはじめる。自由とは責任そのものだからだ。

校則に不満がある高校生も、制服を着なくて良いと言われたらどんな服で学校に行くだろうか。会社にはスーツを着てこなくて良いと言われたら?人にはこれまでなかった悩みが増えるに違いない。

そもそも、学校や会社には行かなくて良いと言われたらどうだろうか。勉強は自分でやれば良いし、仕事にしてもしかり。そんなに不満があるならやめてしまえばいい。自分で思うように、理想と思える仕事を自分で考え実現すればいいじゃないか。そう言われたら、あなたならどうするだろうか。

我々はそうやって生きてきた。それがアトリエという生き方なのだ。

代わりに我々は安定的な収入や未来を放棄した。予定調和に何の価値がある。自ら切り拓いたもの以上に尊いものなどない。ぐらつきそうになる気持ちを支えるのは、いつもそんな意地のようなものだ。

私は学生に言う。
社会に対する違和感や矛盾があったとき、それを変えるのは誰か?たぶん大人は変えてくれない。それを変えるのは次の時代を生きるあなたたちなのだということ。今世の中にある住宅、図書館、美術館や学校、すべてにあなたは満足していますか?満足しているならそこには未来はない。それを否定することからしか未来は生まれないのだから。

もし、それが不満ならどうすれば良いのか。自分自身が満足できる、幸せになれる社会はどこにあるのか、それを考えなくてはならない。そしてそれを考えることこそが建築であり、個人力なのだ。

国家や組織は一朝一夕には変わらないけれど、個人は今すぐにでも変わることができる。個人なら明日にでも実現できる。そう思いさえすれば良いだけなのだから。

だから住宅は面白い。住宅には社会や世界が詰まっているのだ。一つの住宅からでも世界は変えられる。私は比較的まじめにそんなことを考えながらやってきた。


みんながそんなことを考えてきたかはわからないけれど、皆年齢なりに経験を積みながらも自由に生き、そして独特な世界観と感性からの発言に刺激をもらい、また励まされた。そんな仲間を誇りに思う。

最近、高校生になる息子にどう生きていくのかを尋ねると「たぶん、会社に勤めるような人にだけはならない」と返ってきた。そうか、おまえもか。



author
sekimoto

category
> staff


※こちらの募集は締め切りました。
多数のご応募、誠にありがとうございました。(19.11.21)


---
スタッフをゆるく募集します。

年明け以降にスタッフに欠員が出ることになりました。後任をどうするか、しばらく取らずにこのままいくか、あるいは新しく入れて育てるか悩むところですが、もし適任の方がいればということでゆるく募集しようかと思います。ゆるキャラを募集するわけではありませんので誤解なきよう。でも、ゆるキャラでも採用される可能性はあります。

以下をお読みになって、我こそはと思う方はご応募下さい。

■募集対象
新卒:
2020年3月に建築系大学または専門学校を卒業見込みの方、もしくは2019年に卒業した方。
中途採用:
建築(住宅)設計実務の経験がある方。

うちは設計事務所の中でも、バリバリ図面を描く事務所です。図面が描けない、描いたことないという方は難しいと思います(たまにこういう方もご応募頂くので)。新卒の人はある程度仕方がないのですが、それでも建築系の教育を受けている方というのは採用の前提になるかもしれません。

■採用時期
今すぐではありません。採用は早くて2020年2月中旬以降とお考え下さい。逆に現在の職場からの転職をお考えの方は、円満退社を考えるとそのくらいの時期にはなってしまうと思います。新卒の場合は、2020年4月入社ということになります。

■雇用条件(正社員)

給与:
社内規定によります(手当・交通費支給あり)+賞与(年2回)/お給料の目安として、なんとか一人暮らしができるくらいと思ってください。現スタッフも含め一人暮らしをしている者もいます。贅沢はできないかもしれませんが、実力に応じて昇給があります。あとはあなた次第です。

保険等:
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険/この辺は意外とちゃんとしてます。

就業時間:
9:30~18:30/定時に帰るスタッフはあまりいませんが、デキるスタッフほど早く帰ります。だいたい20時~21時くらいの間でみんな帰り、私だけが残ります(ちょっとは付き合って!)。ちなみに徹夜はしません。する人もいません。でもやりたかったらご自由にどうぞ。

休日:
土日祝・年末年始・夏季休暇ほか/ただし、住宅設計は土日に建て主との打合せが多く入ります。担当案件の際は当該日は出勤になります。ただし休日出勤手当が付くので、薄給のスタッフは休日出勤で荒稼ぎすることもあります。彼女に「仕事と私どっちを取るの?」と聞かれたら、迷わず「仕事」と答えてください。

その他:
当初最長3ヶ月を試用期間(有給)とします




■ぶっちゃけ、こういう人がほしい

はい、前述のことは一旦忘れてください。まずは「リオタデザインの住宅が好き」、その上で「リオタデザインで働きたい!」という熱い思いのある方、これが大前提です。

次に、「明るい人」
つまらないジョークなんて言わなくていいです。人と話すのが好きな人、一緒にいて楽しくなる人がいいですね。設計とはひとえに人とのコミュニケーションです。私や他のスタッフ、現場の人たちや建て主さんと日々コミュニケーションが取れる人。それを楽しいと思える人。自己アピールができる人。

これができる人は設計がうまくなります。
なにより、事務所に欠かせない人材になります。

私は住宅設計は一種の「サービス業」だと思っています。我々は建て主さんに喜んで頂くために仕事をしています。そのためなら労を惜しみません。我々が細かい図面をいっぱい描くのはそのためなんです。

そんな意識を共有してくれる人を求めています。リオタデザインのスタッフはみんなそんな人たちばかりです。そんな人と私は一緒に仕事がしたいと思っています。


連絡はメールでお願いします。
関本竜太(riota@riotadesign.com)まで

昨日はTAGKEN(田口建設)の田口彰さんのオープンハウスに足を運んできました。築130年の納屋の改装とのことでしたが、聞くと最初はこの納屋を直して欲しいではなく、隣の家を普通にリフォームして欲しいということだったとか。しかし計画の途中で、納屋の持つ歴史的文脈(コンテクスト)やポテンシャルに気付き、こちらを直しましょうと建て主のご家族を説得したそうです。まさに茨の道…。

私は建築を考えるということは、詰まるところ余計なこと(頼まれてもいないようなこと)を考えることだと思っているのですが、そういう意味で田口さんの仕事はまさに「キングオブ余計なお世話」。その熱い建築マインドに共感しました。

そして、結果として至る所で納まりに苦労し、時に破綻し、傷だらけの仕口が露出するわけですが、それも含めて建て主さんにとっては唯一無二の、愛おしい居場所になったことと思います。それこそが我々が作るべき本当の住まいともいえるかもしれません。

田口さんは田口建設を率いる若社長ですが、アメリカ建築留学を経たエリート、いわば建築家の素養をお持ちの工務店経営者です。一昔まえまでは、「設計事務所=センスが良い、工務店=垢抜けない」という図式がありましたが、いまだにそんなことを思っている設計事務所は淘汰されるでしょう(既にされているかもしれません!?)。

田口さんの仕事と思考に大いに刺激を受けました。
見学させて頂きありがとうございました!




台風の影響による延期などもあり、「扇の家」のオープンハウスはのべ3日間にまたがって開催させて頂きました。

日延べしたことで、結果的に先週は予定が合わなかった方もいらして頂くことができたことと、人数も比較的少なめだったこともあり、ご来場下さった方々ともゆっくりお話しすることができてとても良かったです。



うちのオープンハウスは専門家というより一般の建て主さんや、また過去に建てたOB建て主さんなどが多くいらっしゃる傾向があるのですが、今回も新しい出会いや、先日引き渡したばかりの「玉川上水の家」の建て主さんもいらっしゃるなど、OBの建て主さんともアットホームに近況を交わさせて頂きました。

今回の住宅はご夫婦と猫、そして趣味のバイクのスペースを計画上どのように区切り、つなげるかというのがひとつのテーマでもありました。一方で中庭とつながる諸室は、少ない家族でもおたがいの気配をこぼし合い、一体感のある住まいにもなったと思います。

そして、こちらはそんな猫のための”猫ダイニング”。




昨日は主役の猫も入ってくれたので、我々の設計の検証もすることができました。幸いこちらの思惑通り?造作キャットタワーも登ってくれて、満足そうに高所で居眠りもしてくれました。猫もこのポジションなら家族の様子も眺められて安心できそうです。見学の子供たちにも大人気!

ちょっとペットショップみたいですが笑、自由に開け閉めできる(扉もガラス扉とケージ扉とが選べる)つくりにしたことで、家族とペットとの距離感を自由に調整できるという設えはなかなか良かったと思います。



そしてすべて終了後は、建て主さんがご馳走を用意して下さり、お疲れさまでした!の打ち上げもさせて頂きました。建て主さんも最後にこれがやりたかったとのことで、前日も遅くまでお料理の仕込みをして下さったとのことでした。

そのお心遣いが嬉しく、またお酒もお料理もどれもおいしく、スタッフ共々夜遅くまで気持ちよく過ごさせて頂きました。こういう席で語らうこれまでの苦労や、今だから話せる話というのは最高に楽しい会話の種になります。Kさん、本当にありがとうございました!



最後に、日が暮れて日中には分からない夜の空間もまた堪能させて頂きました。我々としては、ダイニングの空間を最も注力して設計させて頂いたのですが、この家のベストポジションは夜の浴室だということがわかりました。

私も「お風呂から中庭越しに家族のいるダイニングを眺める」というのがこんなにも安心感と高揚感を与えてくれるとは思いませんでした。今後の設計にも活かしてゆきたいと思います。

すでにリオタデザインで家を建てた建て主さんはすべて一通りご経験済みかもしれませんが、(中庭のない住宅でも)是非洗面所の照明は消して、浴室の照明の調光は絞ってご入浴下さい!本当にリラックスできますよ。ちなみに、リオタデザインでは浴室照明の調光はマストです。

ともあれ、皆さま昨晩はお疲れさまでした。
Kさん、末永くお幸せに!!