最初の数日で申し込みが200名を超えたところからはじまった野地木材工業さんのオンラインセミナーが無事終了。最後は申込者数が450人くらいまで伸びましたが、最終的な参加者は300名程度だったようです。

ZOOMは慣れてはいるものの、顔の見えない受講者に届く話はなんだろうと、いつもとは全く違う話の構成で臨みました。どうだっただろう?反応が見えないので良くわかりませんが、そこから伊礼さん、小谷さんと話がつながり、尻上がりに盛り上がってゆきましたね。

これ、多分私や小谷さんだけじゃダメだったなと改めて思いました。やっぱり伊礼さんの存在感と芯の座り方はさすがで、横綱相撲を見せられているようでした。

そして小谷さんの軽妙に場を盛り上げてゆく感じもさすが!こういう時関西弁はずるいな〜。一緒に行った北欧旅行の話も引き合いに出して、なぜ小幅風羽目板なのかというオチまできれいに決めてくれました。

最後のディスカッションも楽しくて、あと1時間くらいはできましたね。その後の反省会も流出するとヤバい話がてんこ盛りでした。ここ数週間はとても楽しみな気持ちと、不安とが交互にありましたがこれでぐっすり眠れそうです。

最後にこの写真。伊礼さんの真面目な話を、神妙な顔でふざけた背景で聞く小谷さんというこのシュールな構図。この日を象徴している一枚です笑。野地木材さん、楽しい時間をありがとうございました!

5年ほど前に竣工した「西荻の家」にご案内のために久しぶりにお邪魔してきました。

街にこんな家があったら、私もきっと二度見して立ち止まる。あの時より確実に美しくなってる!



★6月20日追記
とうとう380人を越えたようです(恐ろしくなってきた、、)。最大500人まで枠を広げたとのこと。当日放送事故が起こらないことを祈るばかりです。汗


三重県の熊野にある野地木材工業さん主催によるオンラインウェブセミナー(ZOOMウェビナー)のお知らせです。今回は私と伊礼智さん、小谷和也さんの3人でお送りさせて頂きます。

木をふんだんに使った設計手法の3人ですが、それぞれの切り口で”木”を語ります。参加費は無料。専門家から一般の方まで広くご参加頂けます。

■ 日時:2020年6月24日(木)17:00-21:00  
■ 参加費:無料
■ お申込みと詳細はこちら http://ptix.at/4FDrPa


熊野の野地木材さんとは、最近ではこの現場の天井に使用した杉の小幅板などを特注で製材して頂き、使用させて頂いたりしています。

木はカタログから選ばなくても、こうして良心的な木材企業さんにわがまま?を言うと、いろいろ応えてくれるんですよね。私はそんな野地さんとの事例も含めて、リオタデザイン流の木の使い方についてお話ししたいと思います。

また三重の熊野というローカルな場所にある木材企業さんでも、オンラインを使えば全国規模の講演会が開催できちゃうという、オンライン時代の希望みたいなセミナーだとも思います。

また申し込みページにある告知動画がとっても楽しいので、是非動画だけでも見て下さい!ご参加もお待ちしています。 https://youtu.be/zlwbQuew9wE

昨晩はオンラインにて、JIA住宅部会の活動会議と、第二回住宅部会賞の発表がありました。

住宅部会賞はJIA住宅部会が昨年よりはじめた独自の賞で、私は昨年「路地の家」にて栄えある第一回目の住宅部会賞(渡辺武信賞)を頂いたのですが、今回は「パーゴラテラスの家」にて第二回住宅部会賞を頂くことができました。二連覇、そしてなんと去年に引き続き渡辺武信賞です!

ちなみにこちらは昨年の住宅部会賞のアーカイブです。
https://www.jia-kanto.org/jutaku/archive/534/

武信さんが持ち票の5票のうち2票も投じて下さったとのこと。渡辺武信さんや郡山貞子さんからも直々に選評を頂き、本当に光栄でした。オンライン表彰式もはじめての経験でしたが、とても盛り上がり楽しい時間でした。ご準備を下さった中村高淑さんにも心より感謝致します。

今年は、JIAでは昨年に引き続き支部広報委員を、そして支部広報誌Bulletinでは副編集長を、住宅部会でも広報委員を、また部会の研修旅行WGでは主査とお役目を肩の荷いっぱいに引き受けてしまいました。SADIの活動が忙しいからとずっと言い訳をしてきましたが、いつまでも逃げ回っていられないと観念した結果です。

今回の部会賞受賞はそんなアメとムチのうちのアメの方ですね、、。ご奉仕(ムチ)はこれからも続きそうです。



今朝ほど「渡辺篤史の建もの探訪」にてKOTIをオンエアして頂きました。

撮影の前と後は立ち会って(ただの野次馬)いるのですが、撮影中は外に出されてしまうので、渡辺篤史さんがどんなコメントをされたかわからなかったのですが、今日それらをすべて視聴することができ、設計者の意図を余すところなく正確に汲み取ってくださる渡辺篤史さんの咀嚼力をあらためて感じました。家の中で鑑賞できるのもいいですね。

「KOTI」というのはフィンランド語でHOMEという意味です。HOUSE(こちらはフィンランド語でTALO)ではなくHOME。家そのものというより、どちらかというとそこに住まう家族や生活のようなものにフォーカスを当てた言葉だと思うのですが、とても平和的で仲の良いご夫婦を見てそんな言葉が浮かびました。実際に室内には愛が溢れていて、そんな空気感を切り取って頂きました。番組関係者にはあらためて感謝申し上げます。

KOTI
https://www.riotadesign.com/works/18_koti/#wttl
写真:新澤一平

番組HP「渡辺篤史の建もの探訪」
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/
おそらく明日(12日)以降、HP上でも放送内容の写真が上がると思います。