20日(木)に発売となりました建築知識7月号[リオタデザイン特集]は、本日付のAmazon売れ筋ランキングで『住宅建築・家づくり』、そして『建築の雑誌』それぞれのカテゴリで1位に入りました。嬉しい!

1位だからなんだということもないのですが、今回は編集部の皆さんと作り上げた号なので、結果を残して、関わって下さった関係者みんなで喜びを分かち合いたいと思っていました。ヨカッタヨカッタ。これで肩の荷が少し下りました(^^)

お買い求め下さった皆様、ありがとうございました!

.

.


>> Amazonのサイトへ

.
この売れ筋ランキングですが、一定時間ごとの注文数がリアルタイムに反映されてゆくようです。どこから見れば良いかというと、上記のAmazonサイトへのリンクからサイトをパソコン上で開いて(スマホだと表示されないことがあります)、下の方にスクロールすると以下のような欄があります。

.

.
直リンクはこちらです

>> 建築の雑誌 ランキング
>> 住宅建築・家づくり ランキング


実は発売前から「Casa BRUTUS 7月号」がトップを独走しており、この不沈戦艦だけは絶対に追い抜けないような気がしていたのですがやりました。我が子のサッカーの試合を応援する親のように、端から応援しているだけというのもなかなか楽しいものです。

しかし侮ってはいけません。宿敵はCasa BRUTUSだけではありませんでした。
『子供の科学』おそるべし!


.


.
*************
(6/23追記)

昨晩記事を上げた後、残る『科学・テクノロジー関連の雑誌』カテゴリでも1位に入りました。ありがとうございます!奥さんからは「子供の科学」を追い落としたのは大人げないと叱責を受けましたが…。

.



.
『リオタデザイン関本竜太が教える 木造住宅できるまで図鑑』
[建築知識2019年7月号(エクスナレッジ)]
>> Amazonのサイトへ


所沢方面に足を延ばした帰り道、ふと思い立って所沢聖地霊園へと立ち寄った。学生時代に見た池原義郎氏設計の礼拝堂がまだあるのか、あればその姿をもう一度見てみたいと思ったからだ。

礼拝堂は20年以上も昔の記憶のままそこにあった。管理事務所に見学したい旨を申し出ると、係の方が快く開けてくれた。

学生の頃訪れたとき、それをどう思ったかよく覚えていない。若すぎたのだと思う。少なくとも、今日見たこの感動を越えるものではなかったと思う。

礼拝堂は1973年に完成し、74年に建築学会賞を受賞した。時代性によるものか、北欧建築からの影響が色濃く見られた。誤解を恐れずに言えば、アスプルンドの森の葬場と、シレンの学生教会に通じるものがあった。

『建築が目に見えぬ心の発現たり得るためには、建築がつくられていく全課程の中で、建築にたずさわった者の気持ちの大きな傾注がなければならない。つくるものの気持ちをこめすぎてあまりあることはない』(池原義郎)

北欧に行っている場合ではない、と思った。国内にもこんなに素晴らしい建築があるのだ。最後にアプローチのシークエンスについて、動画を添付したので追体験して頂きたい。










アプローチからメインホールへ至るシークエンス(動画)


久しぶりに面白い小説を読みました。

『ノースライト』 横山秀夫 著(新潮社)
>> Amazon

主人公は一級建築士の青瀬。かつては著名建築家アトリエに所属していたものの、バブル崩壊と共に落ちぶれ、今は友人の設計事務所で飯の種としての設計をこなす日々。

そんなある日、とある施主から設計依頼を受ける。要望はひとつ「あなたの住みたい家を建ててください」。願ってもない依頼に青瀬は設計に全力を傾け、そして後にその家は彼の代表作となる。その特徴は、南側を閉ざし北側に大きく開かれた開口部(North Light)にあった。

しかしその家には、ついぞその施主が入居することはなかった。あんなに喜んでいたというのに…。施主はどこに消えたのか?そして住宅に残されたのは一脚の椅子。鍵を握るのは、巨匠建築家ブルーノタウト。その謎を追ううちに、青瀬は意外な事実を知ることになる-


はい、もう読みたくなったでしょう?笑

けしてネタバレではありません。これは物語のほんの序章に過ぎないのです。本題はここから始まってゆきます。

著者は「クライマーズハイ」「半落ち」などで知られる横山秀夫さんです。さすが圧倒的な筆力で引っ張ります。執筆のために相当関連書籍を読み込んだことでしょう。建築好きなら、ブルーノタウトのくだりもたまらないでしょうね。

ただ少しだけ辛口のコメントをするとすれば、建築関係者はちょっとだけストレスかも?微妙に違うんですよね、実情と。建築用語の使い方とか。あ~そういう言い方はしない!とか笑。例えて言うと、刑事ドラマを見ている刑事みたいな。

でも一般の人にはそんなマニアックな領域はどうでも良いでしょうから、普通にぐいぐい引き込まれてしまうことと思います。

作中で主人公の青瀬が、「なぜこれまでタウトを避けてきたのですか?」と訊かれるシーンがあるのですが、う~ん、タウトは私も避けてきたかも。ブルーノタウトのこともちょっとだけ詳しくなる本です。建築関係者も是非ご一読を!

昨日のJIA住宅部会納会において、記念すべき第一回住宅部会賞に、建築家の渡辺武信先生より「渡辺武信賞」を頂きました。名誉ある賞をどうもありがとうございました!

「より成熟した作品は他に譲るとして、僕は関本さんの住宅が好きだ」と率直なお言葉を賜り、本当に嬉しかったです。

提出したのは「路地の家」で、路地に開くという都市的観点でのプレゼンをしたつもりでしたが、本好きの渡辺先生には、高所の本をいかに取り出すかという仕掛けの工夫がおもいのほかアピールしたようで、個人的には一番力を入れたところを拾い上げて頂いたことが励みになりました。

審査員の皆様、また部会メンバーの皆様にもあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました!



東京ステーションギャラリーでのアアルト展が、いよいよ今日から始まりました!昨日は関係者の特別内覧会があり、一足先に足を運んできました。

内容は葉山、名古屋と同じですが、東京展素晴らしく良いです!葉山行った方は是非東京もお勧めします。なんといっても、赤レンガの展示空間がアアルトにぴったりなんです。

えっと、東京より葉山の方がお勧めだって言ってた?言ってませんよ。

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
会期:2019年2月16日(土)- 4月14日(日)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201902_aalto.html