昨日は夏休み特別企画?ということで、オープンデスクに来ている学生さんとスタッフを連れて、建築見学ツアーに出かけてきました。

ひとつ目はお隣所沢にある、所沢聖地霊園・礼拝堂(設計:池原義郎)。1973年に建築学会賞を受賞しています。以前ブログにも載せたことがありましたが、あらためてスタッフや若い学生さんにも見てもらいたく再訪しました。

いつ来ても素晴らしい空間、そして時間を経てより美しくなる建築の姿を目に焼き付けました。こうして見学に訪れることが、私の年齢と同じくらいの築年数を数えるこの建築を延命させることにつながれば良いなとも思います。




そして次に、狭山湖畔霊園管理休憩棟と、同じ敷地内にある狭山の森礼拝堂(ともに設計:中村拓志)へ。

こちらの構造設計は、先に日本構造デザイン賞を受賞したと書いた友人の与那嶺氏がArupの担当として構造を手がけています。中村拓志さんの設計も素晴らしく、他の友人などからも一度訪れるべきと力説され、見学したいとかねてから思っていた場所でした。

期待を裏切らず、本当に素晴らしい建築でした。空間はもちろんのこと、そこにかけられた膨大な手間や物づくりへの執念のようなものを感じ、構造計画なども壮絶な裏舞台を想像させるものでした。

建築関係者など、ご興味ある方は一度予約の上で見学されることをお勧めします。

【狭山湖畔霊園管理休憩棟】





【狭山の森礼拝堂】







最後におまけで、立川に寄り「立川まんがパーク」へ。

マンガを読みに行ったわけではなく笑、地域センターの一つのあり方として、またマンガを読む空間とはどういうものかというものに向き合った好施設だと思い見学しました(そして、ちょっとマンガも読みました笑)。学生さんには課題の参考にもなる気がします。


スタッフにとっても、たまには実務を離れて建築の楽しさ、素晴らしさという原点に触れる良い機会になったのではないでしょうか。皆さん、お疲れさまでした!
昨日建築の情報欄を眺めていて、ふと見慣れた友人の名前に目が止まった。私の大学の友人で、構造設計者として活躍している与那嶺仁志氏が、今年の日本構造デザイン賞を受賞したというニュースだった。

第14回日本構造デザイン賞
http://www.jsdclub.jp/home.html

日本構造デザイン賞は、2005年に幕を閉じた松井源吾賞を継承した、構造設計の世界では最も権威ある賞のひとつだ。その過去の受賞者の顔ぶれを見れば、前身の松井源吾賞とあわせて、建築構造界を引っ張るトップランナー達の名がずらりと刻まれていることが分かる。(2012年には現構造パートナーの山田憲明氏も受賞)


実は、彼は単なる大学の友人というだけでなく、私にとってはじめての住宅の施主でもある。2003年に竣工したILMAという住宅は、彼から依頼を受けてはじめて設計させてもらった住宅だ。

ILMA
https://www.riotadesign.com/works/03_ilma/#wttl

ちなみに木造ではなく鉄骨造。彼なりに画期的な構造システムも考案して、超狭小そして超ローコストに向き合った住宅だった。


当時は仕事がなくて、この仕事が終わったと同時に事務所も”終わった”と思ったのだけれど、幸いなことにこの住宅が雑誌に載ったと同時に、多くの設計依頼が舞い込んだ。まさに起死回生の一発逆転ホームランだった。

その4年後、2007年に竣工した私の自邸OPENFLATでは、今後は私が施主で彼は構造設計者として関わってくれた。

我が家の計画でも、彼は構造設計者という枠組みを超えて私にだめ出しをした。自邸の設計といえば自己満足の世界に陥りそうなところを、彼の鋭いコメントは私を奮起させてくれた。

私が恵まれていると思うのは、彼のように厳しくも鋭いことを言ってくれる友人やクライアントに常に囲まれているということだ。おかげで私もずいぶん鍛えられた。


ちなみに彼は、今は忘れられようとしている前のザハ・ハディド氏設計によるオリンピックスタジアムも彼の構造設計によるものだった。彼の構造によるスタジアムが見たかった。計画が白紙になったとき、真っ先に彼の顔が浮かんだ。

彼の受賞を友としてとても誇らしく思う。与那嶺、あらためておめでとう!!

横須賀を本拠にされているハウスメーカーのハウスイズムさんから依頼を受け、設計力を上げるためのお手伝いをさせて頂いています。

我々が実際に取り組んでいる実在の敷地に同条件で設計提案をして頂いているのですが、私が講評すること以上に良いと感じるのは、同じ条件で同僚がどう応えるのかというのが一斉に見える化することです。

そういう手があったかとか、俺の玄関って小さすぎ?など、普段担当者は他の人からは口出しをされないので、ある意味独りよがりな手癖がついてしまいますが、それが他者との相対評価を含め白日に晒されたのは大きな成果でした。

私は逆に建主さんの立ち位置でそれぞれからプレゼンを受けて、建主目線でどういう説明を受けるとときめくのかがよくわかり、こちらも勉強になりました笑。

次回も今日の指摘をどう改善するか。史上最強に手強い建主(私)に提案する心構えで臨んで頂きます。



建築家・益子義弘先生の設計によるホテリアアルトのことは、たびたびこのブログに書いたり、「建築知識ビルダーズ|2017年NO.29」に特集記事として書かせて頂いたりしましたので、ご存じの方も多いかと思います。

そんなホテリアアルトの別館の計画が進んでいるという話は、以前から益子先生から伺っていて、私も一ファンとして完成を楽しみにしていたのですが、先日4日にその完成記念レセプションがあるということで、益子先生よりお誘いを頂きお邪魔してきました。
なかなか足を運べる場所ではないかもしれませんので、この貴重な機会をレポートしたいと思います。

ちなみに以下の写真は、2017年3月にビルダーズの取材依頼で木藤編集長とアトリエにお邪魔した時のものなのですが、テーブルの上にこの別館の模型が乗っています。この時点ではまだ基本設計中でした。


まず基本情報としてですが、ホテリアアルトは裏磐梯にある、元は上尾市の保養施設だった建物が益子義弘先生の改修設計により現在の姿に生まれ変わったホテルです。

私は過去に3回ほど宿泊したことがありますが、そのホスピタリティ溢れるサービスと佇まいは、訪れる度に心の底から癒やされます。宿泊費がちょっと高いのですが、えいやっと奮発する価値は充分にありますので、是非一度は体験して頂きたいと思います。

ホテリ・アアルト
https://hotelliaalto.com/


本館の設計はリノベーション(改修)によるものですが、この別館の計画はあらたに”新築”として計画されたものです。本館は少し小高い丘の上に建っていますが、別館はこの本館から水辺に向かって下った場所、まさに池面すれすれという場所に建っています。

裏磐梯と言えば国立公園である五色沼がある場所ですから、まさに「裏磐梯にやってきた」ということを心から実感できる空間体験になると思います。さすがにここまで水面すれすれに建つホテルは裏磐梯にはないはずです。

それがどのくらいかと言うと、


レストランから


お風呂から


そして客室からも、池面(五色沼なので沼面でしょうか?)が触れるくらい近くに感じることができます。遠景からは、池面に浮かんでいるようにも見えます。

もうここで、この解説を終わりにしても良いとすら思います。この先にある細かいディテールをちまちま説明するなど野暮というものです。この佇まいこそがすべてなのですから…。


こちらは本館です。
本館は、前述のように既存の保養所を改修設計するという設計の自由度に対しての足枷がありました。今回は改修ではなく新築設計ですから、さぞや伸び伸びと設計できるかと思いきや、おそらくは先の改修以上に多くの制約がのしかかったであろうことは、実際に見ると容易に察しが付きました。

改修設計なら、プランや構造など含めて、ある程度はコントロールができます。気に入らなければ壊して作り替えてしまえば良いのですから。しかし自然が相手ではそうはいきません。

設計意図としても、自然地形を生かして造成などは原則行わないという大きな設計方針があったようです。


たとえば、とある客室から外を眺めると、こんな感じで手付かずの自然を眺めることができます。一般宿泊者なら感激して下さるポイントだと思います。

斜面のふちの部分に多少手が入れられている以外は、文字通り自然がそのままの状態で見えています。植栽も後から植えたものはないそうです。


窓から下を見るとこんな感じです。天然の湧水がこんこんと湧き出てせせらぎになっています。この水の底に藻が生えていることに注目して下さい。竣工直後のリゾートホテルで、このような状態になっていることはまずありえないことです。

これは工事を着工する前に、この敷地のへりの部分を決め、先に外構工事を行ってから建て始めたということのようです。

今どきのリゾート開発なら、自然であるかのように見せかけて人工的に水を流したり、コンクリートで固めてコントロールしやすいようにするところですが、その形跡が見当たりません。


また建築関係者の悲しい性ですが、「このズブズブに水が湧き出してくる中で、基礎工事はどうやって進めたのだろう…?」と壮絶であったであろう施工の裏側も頭をよぎってしまいます。きっと泊まっても安眠できないかもしれません笑

実際に聞くと、基礎もさることながら、掘るとごろごろと巨大な溶岩石に当たってしまい、根切り工事もままならなかったとのこと。建物周囲の池面にさりげなく?ころがっている巨石はその残骸です。

一般の方はまったくそんなことを考えなくて良いのですが、建築関係者ならそれを眺めて、眠れぬ夜を過ごすと良いと思います。



客室は本館同様、益子先生の設計の真骨頂を堪能することができます。本館でも感じたことですが、細かい設えを取り出してこの納まりがどうとか、寸法がとか、そういうところも沢山ありますが、そんなことはここでは書きません。

設計がすっと一歩引いていて、でしゃばりすぎない。この部屋で一晩を過ごすゲストのために、あるいはゲストの振る舞いがここに加わることでようやく客室として成立するような、そんな意図を感じます。それが素晴らしいと思うのです。

僭越ながら、私も自らの設計もそうありたいといつも願っています。
人は我々の住宅を見てディテールがどうとかよく言いますが、実際には我々はそんなことどうでもいいんです。人に気を遣わせないために、人一倍気を配る。それが住宅を設計することだと思うからです。


一方でこんなところもあります。共用廊下に施したちょっとしたデザイン。益子先生らしい遊び心が滲み出ていて大好きです。

建築って、機能一辺倒で合理的なだけじゃダメなんですよね。「え、なにこれ。おもしろい」とか、そこまで意識的にさせなくても、言葉では説明できないような場所を作ると、その場所に愛着のようなものが生まれるような気がします。

ここでは長い廊下を歩かせるのに退屈させないように、という心遣いが見て取れます。きっと「この照明おもしろいね」なんて会話を交わしていると客室に着いてしまうんでしょうね。

リゾートホテルにありがちな、超長い廊下を苦痛に感じる私は、こんな設えもニヤニヤしながらすごく共感してしまいます。



そんな長い廊下の途中にある、こんな読書コーナーもいいですね。
裏話として、当初喫煙コーナーにしようとしたら周囲の大反対で読書コーナーになったのだとか?愛煙家である益子先生らしいエピソードです。

椅子に身を沈めると、美しい水面を一望することができます。天井も低く抑えられていて本当に落ち着きます。宿泊したら、少し早く起きて誰も居ないこのスペースを独り占めしたいなと思いました。

この美しい窓ですが、実は現場で大工さんが窓の取り付け高さを間違ってしまったらしく、設計より低くなってしまったのだとか。でもその説明を聞いても全く違和感がありません。もしかしたらこの大工さん、天才かもしれません。



そしてレストランに下がるこの照明もオリジナルです。これがとっても完成度が高くてびっくり。とても「ちょっとデザインしてみました」というレベルのものではありません。益子先生曰く、水面にはばたく水鳥のような佇まいをイメージされたそうです。

担当したスタッフの宗像くんから製作の苦労話を聞きました。ここでは詳しく書きませんが、訪れたら是非着座して、この”水鳥”と水面とを重ねながら風景を眺めてもらいたいと思います。



これは本館前の庭から別館を眺めた写真です。
池面に向かって下っていることもありますが、ほぼこの別館の外観を納めることは不可能です。そのくらい控えめな建ち方をしています。唯一のファサードは湖面からという。



全体としてどこが元からある改修で、どこからが新築で増築したのか、おそらく過去に訪れた人もわからないくらい自然な建ち方になっていることが、この計画のすべてと言って良いと思います。


他にも感じたことや気付いたこと、お話ししたいことが山ほどありますが、この空間を私の言葉で説明することほど野暮なものはないと思いますので、ここでは控えさせて頂きます。以下にいくつかその他写真を載せておきます。

この別館は今月11日から宿泊が開始になるようです。
すでにリピーターを中心に予約が多数入っているようで、年内は数ヶ月先まで別館の予約は埋まっていると聞きました。

ですが先ほど覗いたら、ピンポイント的に宿泊できる日程はあるようです。私のイチオシは、池にせりだした最も先端にある「105号室」です。私もいつか泊まりたいと思います!

ホテリアアルト予約ページ
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/aalto

.





なんと、今回ホテリアアルトのオリジナルウィスキーも作ってしまったのだそうです!もちろん、こちらは運営側の話ではありますが。単にラベルを張っただけではなくて、モルトから吟味して作ったオリジナルだそうです。そこまでやるか…。


大学を卒業して入所したエーディネットワークという設計事務所で、私は実務のすべてを学びました。

今日は師である棚橋廣夫所長に、建築知識を手渡しに伺いました。今もなお働くスタッフの沢井さんは私の元同僚。懐かしい話に花が咲きました。

物持ちの良い事務所らしく、事務所の至る所に私の所員時代からの遺産が残されていました。手描き図面に押すスタンプなんて、もう涙が出るくらい懐かしくて、当時の状況を昨日のことのように思い出してしまいます。

昔は鬼より恐ろしかった所長と、こうして昔話ができること、自分の著書を手渡せる幸せを思います。当時は反発をしたこともありましたが、影響は大きく、この師に学べて本当に良かったと心から思います。

中途半端に転職を繰り返す若い人に言いたいです。尊敬できる師を持つことは人生の財産だということを。今日はありがとうございました。