JIA Bulletin特別シンポジウム「住まうということを多視点から考える」は無事終了。進行役という重い肩の荷を下ろしました。会場は満席。

今回は難しかったです。どうやって進めるのが正解なのか全くわかりませんでした。面白かったと言って下さった人、思うところあった人多数いたと思いますが、不手際はどうかお許しください。ご登壇者の機転と素晴らしいコメントにずいぶん救われました。

大学の教え子、オープンデスクに来る他大生など含め10名以上学生さんも来てくれました。こちらはとても嬉しかった。最後に植久さんの学生さんに向けた言葉「世の中は変えられる!」という言葉が余韻としていつまでも残りました。

ご登壇下さいました植久さん、小原さん、木藤さん、本当にありがとうございました!

日本建築家協会(JIA)において、支部広報委員を務めているのですが、こちらの広報誌Bulletin(ブリティン)の特別企画として、業界の一線で活躍される建築雑誌編集長ならびに元編集長の方々にご登壇頂き、Bulletin今年の年間テーマである「住」についてクロストークを交えて議論を深めます。進行役(ファシリテーター)は私が務めます。

当事者としての建築家は、なかなか自分たちの立ち位置や考え方について俯瞰的に見つめることは難しいものです。こちらでは第三者的な視点から、住まいや建築(建築家)を取り巻く諸問題に切り込みたいと考えています。


Bulletin 連動企画|特別シンポジウム
『住まうということを多視点から考える』
編集者と考える これからの建築とは

日時:2020年1月31日(金)18:30~20:00
会場:建築家クラブ/JIA 館1階|東京都渋谷区神宮前2-3-18

■ 詳細とお申し込みはこちらより
https://www.jia-kanto.org/kanto/activity_event/lecture/5896.html


クロストークでは、住宅をつくる上で直面する様々な社会的問題、たとえば住まいの性能や環境への配慮、住まいの快適性を計る指標についてや、工務店の職人不足問題、設計者が工務店とうまく付き合ってゆくためには?といった様々なトピックについて幅広く取り上げる予定です。

また、そもそも一般の建て主さんは建築家に何を求めているのか?建築家はそれに正しく向き合えているのか?など、編集者の視点から「これからの建築とは?」を考える機会としたいと思います。

また設計事務所で働くということはどういうことか?今どきの学生さんにとって建築家という存在はどうなのか?時間があればそんな話も盛り込みたいと思っています。

一般の方向けのセミナーではありませんが、当事者としての建築家や、住宅建築業界に身を置く方々、建築を学ぶ学生さんなど是非奮ってご参加下さい!

.

東京ビックサイトの建築知識実務者セミナー、我々の新井勇司さん、山﨑壮一さんとの板金クロストークは無事終了しました。

私はメインMC。なんだかんだで、この立ち位置が一番落ち着く…。

そもそも板金クロストークって何だ。板金仕上げの奥深さを神職人・新井勇司さんとの仕事から掘り下げようという試みでしたが、はたして堀下がったかどうか…。



他のどんな分野もそうですが、板金も問題意識を持ち続けた人にしかわからない領域があります。たぶん何らかの問題や悩みを抱えた人にはきっと響いたセミナーだったのではないでしょうか。

しかし、結論は「できる人にはできる、できない人にはできない」。なんじゃそりゃ。

でも職人さんのできないは「やったことない」なんですよね。そこをブレイクするのはとにかく熱意と探究心です。職人をその気にさせるのも設計者の能力なのですから。

終了後は、新井さんが作ったモックアップに人が殺到していました。そうそう、板金は目で見て触ること。手品のタネなんて案外あっけないものです。これならできるかも、と思ったあなた、明日から板金マスターの道まっしぐらです。

それにしても多くの方に来て頂き感謝致します。
みなさんも、好きねぇ。


昨日は板金職人の新井勇司さん、建築家の山﨑壮一さんらと、今年も東京ビックサイトで行われる建築知識実務セミナーの打合せ。今年テーマは板金。板金で登壇するのは、私はこれで二度目。

けれども今年の主役は新井さんです。職人さんがこのセミナーの登壇者になるのは、はじめてじゃなかろうか。私の役回りは今年はMC、たぶん一番得意なやつです。この日の話も大盛り上がり!

参加して下さったかたは、もれなく板金屋さんを本気にさせるスイッチの入れ方がわかるはず。神職人によるガチ解説をどうかお楽しみに!


建築知識実務セミナー
『板金職人と考える。美しい外装』

11月13日 14:00〜15:00
場所:東京ビックサイト西展示棟

新井 勇司(新井建築板金)
関本 竜太(リオタデザイン)
山﨑 壮一(山﨑壮一建築設計事務所)

■お申し込みはこちらから
https://www.jma.or.jp/homeshow/seminar/program.html


東京デザインセンターでの、建築知識編集長 三輪さんとのクロストーク(ケンチク編集現場@ゲンバー④)が無事終了しました。

建築メディア界でも、もはや色物扱い?になりつつある突き抜けた特集記事と表紙(カバー)について、創刊号から歴史を紐解きながら、編集会議の裏側や業界の問題意識を踏まえてお話をお伺いしました。

歴史ある専門誌をあそこまで崩すのは相当勇気がいったはず。慣例と変革、ヒントになる良いお話を頂きました。今日来た方は、明日から建築知識を見る目が変わるでしょうね。いやぁ楽しかったです!私はやっぱり、人から話を聞く仕事が性に合っているようです。

もっとぐいぐい聞きたかったこともありましたが、また後でコッソリ聞きたいと思います笑。三輪さん、企画の船曳さん、今日はありがとうございました!