今年に入ってトラブルが続いている。過去に設計した住宅が雨漏りしたり、スタッフが体調を崩したり、なかなか新規の仕事を受注できなかったり。

竣工した住宅には所定の家具が入らないとのご連絡。確認申請では、これまでなかったようなあり得ない指摘が…。

お金を巡ってのトラブルも多い。折りからの物価高騰の波を受けて、予算超過でなかなか着工できなかったり、想定外の追加工事が発生して建主さんと現場との間で板挟みになったり。

急に事務所の電話は使えなくなるし、今このタイミングで壊れるかというものが壊れたり。まったくをもってツイていない!毎日毎日、トラブル続きで仕事にも身が入らない。

昨年はとても良い年で、順風満帆すぎて怖いくらいだった。そして今年の年始に運勢を調べると、なんと今年は12年で最高運気の年らしい!まさか、昨年の運気を更新するのか!?とこれまた怖ろしく思っていたら、あれ、これはどうしたことだろう。いいことなんて一つもない。私だけ運気の暦が一年ずれていて、一人波乱の運気に入っているんじゃなかろうか?

そんなことを思う今日この頃だったのだけれど、一方でこんなことも思う。

この日々のトラブル対応は高速テトリスのようなものだ。上から落ちてくるイレギュラーな形のパズルを、瞬時の判断で動かし、適切な位置に落としてゆく。これには相当の集中力が要求される。完璧なパズルの落とし方はできないけれど、少なくとも最悪の事態だけは避けなくてはいけない。

あとでゆっくり考えよう、なんて言っているヒマはない。あるときは相手と刺し違え、またあるときは損して徳を取る。その時その時が真剣勝負!今の私には自分の行動を振り返ることすらできない。

今私は、全日本トラブル対応技能検定(上級者編)の実技試験を受けているところだ。上空の隠しカメラから、私の一挙手一投足は審査員の厳しい目線に晒されている。10年前の私ならとっくに落第しているところだろう。しかし今の私は違う。

この試練は、日々本当に勉強になる。ダメージもある。けれども、きっとこれを乗り越えたら、これまで見えなかった視界が広がることだろう!きっと新しい自分になれるに違いない。

そうかこれか。これなのか!
今年は、私にとって12年で最高運気の年なのである。




設計事務所imaの小林恭さん、小林マナさんのご案内で、あたらしくできた9h(ナインアワーズ)ウーマン新宿を見学させて頂きました。

エントランス空間から、その色使いに目が釘付け。最上階のラウンジもまた、その色使いや特別に設えられた照明器具や家具の数々に、年甲斐もなく「かわいい!」を連発。たぶん、今日この建物の中で18回くらいは言ったと思います。とにかくどれを見てもかわいかった!

設計事務所imaさんはマリメッコやラプアンカンクリといった北欧ブランドをはじめ、著名ブランドの店舗やインテリアを多く手がける事務所です。

恭さんの突き詰めたディテール指向と、マナさんの感性溢れるやわらかで上品な空間作りが本当に素晴らしく、そしてその素材や色使いにはいつも魅了されます。やっぱり建築は「楽しい!」がいちばんですね。私も店舗やホテルやってみたいな。

この9hは女性専用のカプセルホテル。そしてなんと明後日(4/29)からオープンだそうです。なので男性が中を見れるのは今日が最後。とても良い目の保養?になりました。

贅沢にもつきっきりでご案内頂き、興味深いお話もたくさん聞けました。恭さん、マナさん、ご案内ありがとうございました。

女性の皆さん、楽しくてかわいい空間を是非お楽しみ下さい!
https://ninehours.co.jp/womanshinjuku







桐生に車を走らせていて、思わず二度見してしまった。どした?何が起こった!?

思うに、既存の平屋住宅を2階建てにしようと思ったら構造的に無理と言われて、仕方なく外側に柱を立てたか。いや、これいっそ建て替えた方がよっぽど技術的にも費用的にもハードルが低かったはず。

かの前衛建築家も真っ青のアクロバット建築。某有名建築にあやかり「桐生アパートメント」と呼ぶことにします。


東京アパートメント/設計:藤本壮介

昨日はとある取材の立ち会いがあり、久しぶりに「紫陽花の家」に足を運んできました。「紫陽花の家」は2015年の竣工なので、すでに7年ほど経っていることになります。早いですね、、。家が出来たと同時に生まれた双子の姉妹も、この家とともにすくすくと育っているようです。

この日の取材テーマが「食」に絡めたテーマだったこともあり、建て主さんには無理を言ってご家族でお昼を作って頂き、いただきますまでを写真に納めて頂きました。そんな食卓を私も隠れてパチリ!

この日は気候も外の光も申し分なく、そしてなによりご家族の幸せな食卓が神々しいくらいに眩しくて本当に感動しました。私は住宅の設計において、どの空間を最も重視するかと訊かれたら迷わずダイニングと答えます。リビングではなく、ダイニングが家族の中心であるべきだと思うからです。

リビングは団らんというより、くつろぎの空間であり、時に個に浸る空間ではないかと思っています。朝「おはよう!」と言って慌ただしく朝食を取る場所、休日のお昼に「午後どうする?」とか言いながら昼食を取る場所、そして今日あった出来事を食卓を囲んだ家族に聞かせる場所。それは家族が家族であることを認識できる唯一の場所ではないかと思います。

そんなダイニングを私は明るく豊かに作りたい。
なんだか私の思い描いた理想の空間に、7年越しに出会えたようなそんな気分になりました。やっぱり、住まいは家族の器なのだと思います。

22. 04 / 23

非表示線の家

author
sekimoto

category
> 建築・デザイン



うちのウェブサイトをデザインして頂いている石曽根昭仁さんのご自邸を内覧させて頂きました。設計はimajo designさん。

石曽根さんにサイトをデザインして頂いたのは、もう10年以上も前のことですが、このことはリオタデザインにとっても一つのターニングポイントになったと思っています。

ウェブ検索において上位表示を行うためのSEO対策は一切しないという考えのもと、届けたい方にピンポイントで届くプラットフォームを目指して1年をかけて制作して頂きましたが、私の周りには石曽根さんに頼んでもっと時間がかかっている方もいて、むしろうちは最速だったんじゃないかと後で思いました。

今城さんによる設計意図をお聞きしていると、石曽根さんが話しているのではないかというくらい思想がシンクロしていることがわかります。

今城さんも石曽根さんも、ミニマルに見えているデザインの向こうには無数の「非表示線」があり、伏線を張り巡らせた空間は蜘蛛の糸のようでもあり、見た目の単純さとは裏腹に、緻密な複雑系の極みを感じます。

木外壁が数年後にシルバーにエイジングすると、もっと魅力的になるでしょうね。今城さん、石曽根さん、ご案内ありがとうございました。