21. 07 / 06

新井待ち!

author
sekimoto

category
> 仕事



「これ何待ち?新井待ち!」が今年の流行語大賞になりそうな勢いの、板金職人新井勇司さん。川越の「通り土間の家」の現場にて。

遅いけど美しい。美しいけど遅い。現場は待ちきれないのでさっさと足場をバラしてしまい、新井さんは屋根に梯子をかけて、息子さんとともに居残り作業中。足場のない現場に板金屋さんが作業している様子は、一瞬ぎょっとします。

屋根の一部に軒どいをスタッフが描き忘れてしまった部分があり、この短い軒のために軒どいと縦どいを追加するのか~と残念に思っていたら、新井さんが軒先を工夫して、雨が落ちない軒を作ってくれました。さすが!

author
sekimoto

category
> NEWS
> 仕事


【お詫び】

大変ありがたいことに、このコロナ禍の建て替え需要なのか、それとは関係がないのかはわかりませんが、昨年より大変多くの設計相談を頂いております。

多くのご相談を頂けることは、本来大変ありがたいことなのですが、ここに来てとうとう我々のスケジュールもパンク寸前の状況となってきております。(特に私の頭の中が!)

現在、目下の相談案件も含めますと、約17件前後の案件が走っております。それをわずか3名のスタッフで設計をまとめておりますが、これはとても我々のような零細アトリエで対応出来る量ではなく、現在は週末の設計相談は一旦停止させて頂いている状況です。

今ご相談に乗っている案件がすべて決まるとは限らないのですが、もし決まった場合は、次にお受けする案件はとうとう2024年竣工分になってしまう可能性がございます。(パリオリンピックの年です!)

それでも「どうしても!」と言われれば、なかなかお断りするわけにもいかず…。ともあれ、今我々に設計を相談しますと、竣工はかなり先になってしまうかもしれませんので、それでも大丈夫という方に限ってご相談に乗らせて頂いている状況です。

このようなことを書くのは極めて異例なのですが(エラそうですよね、すみません)、現在の実情について率直に書かせて頂きました。折角ご相談下さろうという方の出鼻をくじくような内容で本当に申し訳ありません。

何卒、ご理解下さいますようお願い致します。
関本竜太


author
sekimoto

category
> NEWS
> 仕事


[2021年・土日祝の設計相談可能日] (7月5日現在)


※休止中

☆案件集中のため、しばらく公の設計相談は休止させて下さい。

.
[ご案内]

☆現在案件が集中しておりまして、小アトリエのため多くの仕事はこなせず、少々お待たせしている状況となっております(現在ご依頼頂いた場合でも、竣工は2024年以降になる可能性がございます)。また初回の設計提案につきましても、ご依頼分につき順番に着手させて頂いておりますので、現在では数ヶ月ほどお待ち頂いている状況です。

お急ぎの案件には対応出来ませんので、大変申し訳ありませんが、当面は設計相談につきましてもこちらをご了承頂ける方のみとさせて下さい。


ご予約は、メールriota@riotadesign.com)、またはお電話 (048-471-0260・ただし平日のみ)にてお願いします。

我々は少ないスタッフで密度の濃い業務を心がけておりますので、新築の場合、設計のご相談から竣工までで、トータル約1年半~2年程度のお時間を頂いております。ですが、ヒアリングのお打ち合わせから約1ヶ月程度ではラフプランをご提示し (※現在はそれ以上かかっております)、先に竣工する他の住宅の内覧会などにお越し頂きながら、じっくり進めております。

もし現在具体的にお考えの計画がございましたら、まずはご相談だけでもお越し下さい。まだ土地がない方には、土地探しのアドバイスもしております。ご相談は内容にかかわらず無料です。

いらっしゃる際は、以下よりヒアリングシートをダウンロードして、必要事項をご記入の上お持ちください。こちらはカルテのようなものですので、詳細が決まっていなければ、お名前やご住所など基本的な事項のみの記入で構いません。

[ヒアリングシート]
https://www.riotadesign.com/works/Hearingsheet.pdf

[業務のご案内」 (Q&Aもあります)
https://www.riotadesign.com/service/

オンラインでの設計相談もはじめました!詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.riotadesign.com/blog/200418.html

.
[備考]

平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です。
・所要時間は初回の場合、約2~3時間ほどを見込んで下さい。
・お子様をお連れ頂いても大丈夫ですが、遊べるような場所はありませんので、ゲームやお絵描き帳など、退屈しないようなご準備をして頂けたらと思います。
・ご来所が難しい場合は、ご自宅の方に訪問させて頂くことも可能です。
駐車場もございます。お車でいらっしゃる場合はどうかご利用ください。場所はこちらの地図を参照ください。

.
リオタデザイン代表 関本竜太 (riota@riotadesign.com)

今年度より、JIA(日本建築家協会)関東甲信越支部の会報誌Bulletin(ブリティン)の編集長を務めさせて頂くことになり、そんな私の責任編集による2021年度Bulletin夏号がようやく発刊されました。

たかが会報誌、されど会報誌。多くの方が関わり、人選から執筆依頼、取材、校正作業まで全てに関わることになります。今回はそれに加えて、表紙のデザインや、思い切って記事バナーを含めたデザインも一新させて頂きました。緊急事態宣言中のGWはこの作業に明け暮れ、、。

ようやく形になってくれて嬉しい!会報誌のため書店などには並びませんが、会員以外の方も、こちらより一部の記事はお読み頂くことが可能です。

Bulletin2021 夏号
https://www.jia-kanto.org/kanto/bulletin/2021/index.html

特集で取り上げた「エンジニアとの協働」では、古い友人でもあるArupの与那嶺氏にもご協力を頂きました(彼の自宅は私の設計で、私の自邸は彼の構造設計です)。ご興味ある方は是非お読み下さい!



さてそんなBulletinですが、すでに次の秋号に向けて取材が動き始めています。次に取り上げる「協働のかたち」は『ビルダーとの協働』です。

取材させて頂いたのは、江戸時代から創業180年を数える大和工務店の初谷仁さん、電気・空調設備のスペシャリスト、トミデンコンスの富永茂さん、そしてスーパー板金職人である新井勇司さんの3名です。

先の夏号ではエンジニアとのフラットな関係について取り上げました。エンジニアは意匠設計者の下請けではなく、対等なパートナーなのだということを伝えたかったのですが、秋号のビルダーとの協働でもまた伝えたいのは「現場の作り手との対等な関係」についてです。

我々建築家は、現場に出れば時に「先生」と呼ばれ、ある種特権的な立場に置かれることも多々あります。そして時にビルダーを下に見て、礼を失した対応をする人も少なからずいるようです。

しかし我々は図面は描けても、板金を折ることも、電気配線を結ぶことも、またそれらの職人を束ね現場の隅々まで目を配ることもままなりません。彼らは我々の仲間であり、エンジニアと同様に、対等にリスペクトを持って付き合うべき同志なのです。

この日はそんな彼らの仕事へのモチベーション、我々建築家と仕事をする喜び、そしてがっかりする瞬間など本音の数々を引き出し、誰でも膝を打つ”現場あるある”の数々に大いに盛りあがりました。

しかし一方では盛りあがりすぎて、たぶん一番過激な発言を連発していたのは編集長の私だったかもしれません。同席者からは、面白かったけれど2/3は使えない話では?と心配の声も、、汗。最後は責任を持って編集したいと思います。

「建築家は裸の王様になってはいけない」というメッセージが伝わることを願って。

2019年に埼玉県新座市で竣工した「扇の家」という住宅が、『渡辺篤史の建もの探訪』にてオンエアされることになりました。

中庭を持ち、愛猫や趣味のバイクと共に暮らせる家です。今週の土曜日(7月3日)です。早朝の放送なので、どうかタイマー録画してご覧下さい!

ちなみに私は撮影には立ち会っておりましたが、感染予防対策ということでランチシーンには登場しません。あしからず!


『渡辺篤史の建もの探訪』 扇の家(木村邸)

テレビ朝日系列 (以下は首都圏のOA日程です)
7月3日(土) 午前4:30~5:00
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

※首都圏以外の地域のオンエア日は以下をご覧下さい
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/onair/


扇の家 (これまでの仕事)
https://www.riotadesign.com/works/19_oogi/#wttl

.