author
sekimoto

category
> 生活



以前ブログで書いたツッコミどころ満載の食堂の話。

その後現場に通う度に前を通るのだけれど、いつ通ってもお店のシャッターが閉まっている。前を通るのは午前中のことが多いので、開店時間が遅いのかな?あるいは、もしかしてもうやってない…?などと不穏なことも考えたりしていたのだけれど、やっぱり通るたびに思う。

ここのカレーうどんを一度食べてみたい!

そうしたら、今日現場帰りに前を通るとなんと暖簾がかかってるではないですか。もしかして開いてる!?と思った次の瞬間にはお店に入っていました。感動!中に人がいた。


中は想像した以上に小さかったのだけれど、感じの良い店主が一人で切り盛りしている様子。注文は、もちろんカレーうどんでしょ!

これがまた。
味、具材、うどん、すべてにおいて期待通りでとってもおいしかったです!

この期待通りって嬉しいですよね。うちのは一工夫してコリアンダー使ってますとか、麺は細めにしてみましたとか余計なこと一切なし。そうそう、それで良いんです。カレーうどんが食べたい!と思ったときに食べたい味がこれ。まさにそういう一品でした。

最後に店主に「開店時間はいつなんですか?」と訊くと、「基本この時間は仕込みをしているので、仕込みの合間に気まぐれ的に開ける」とのこと。そうか夜がメインなのか。この昼のカレーうどんを食べたい人は、赤のれんを見たら迷わず入るべし!もはや幻のお店です。

ちなみに夜もカレーうどんは食べられるそうです笑


階段下収納やクローゼットの中など、照明をつけるまでもないけど付けないと暗いとか、家具の棚下など配線もしづらいような場所など、なんかこうポンと触ったら光るみたいなLEDとかないのかなと思ったらありました。普通に。

これ知らなかったの私だけ?1,000円也。照明計画のいろいろがこれで解決しました。

Amazonで「タッチセンサーライト」と入れると色々出てきます。


author
sekimoto

category
> 思うこと
> 生活


筋を通すという言い方があります。道理を通すとか、ルールを守るという文脈で使われますが、筋とは筋書きという言葉があるように、”ストーリー”を意味する言葉だとも思います。

日々の生活では判断や決断が常に求められます。今日のお昼は何を食べようという些細なものから、進学や就職、または結婚や独立というような重いものまで様々です。そんなとき、皆さんはどういう判断基準で選んでいるでしょうか。

私はいつも「筋を通す」ことを第一にしています。その意味は前述の通りですが、私は道理やルールも重んじますが、どちらかというとストーリーで考えているような気がします。人生はストーリーで考えると大体間違いがありません。予想と違う展開になったとしても、自分の中で説明が付けられるからです。

たとえばドラマや映画で、不遇の生い立ちながらも努力を重ねてチャンスを掴んだ主人公がいたとします。この時点で我々はその主人公に思い入れをします。共感ですね。見ている人は、そうか自分もいつかはと勇気がもらえるわけです。

ところがこの主人公がその後の成功にあぐらをかき、おごりから分不相応の事業展開をするシーンが差し込まれたらどうでしょう。きっと我々は「こいつは危ないな」と思うでしょうね。きっとこの主人公はこの先のシーンで失敗することが目に見えています。脚本家としても、その”振り”としてこのシーンを挿入しているに違いないのですから。

けれども人生は面白い。そうして無一文になった主人公が、初心を思い出し再び立ち上がったらどうでしょうか。もうこの筋書きも見えています。そうやって映画の感動巨編はできあがっているのですから。

我々はそれぞれが「人生」という名の映画の主人公のようなものです。本人にはわからなくても周りにはその筋は見えています。この人は危ないな、この人はきっと成功するという具合に。前者からは人は離れ、後者には人は集まってきます。よく見る映画のワンシーンのように。

だから判断に困ったら俯瞰することです。自分を第三者に置き換えて、その筋書きを考えるのです。そして筋を通す。

筋書きは人が作るのです。自分が作ったプロットを、あたかも脚本家が書いた脚本を役者が演じるかのように、まわりはそのプロットに合わせて動いてくれるものです。チャンスは向こうからやってくることはありません。すべては自分の日頃の行いや振る舞いが、周りを巻きこんで、巡り巡って自分のところにやってきた結果です。幸も不幸もすべてそうです。

どうせならその人生、周りを巻きこんでドラマチックなストーリーにしてみてはどうでしょうか?すべてはあなたの筋書き次第なのですから。

フィンランド時代からの友人デザイナーである梅田弘樹さんがテレビに出るというので、少し前から仲間内で話題になっていたのだけれど、とうとう「梅田弘樹、新聞に載る」である。今晩のオンエアです。(BSプレミアム23:15〜)

梅田さんは、一昨年クローズした吉祥寺のカフェmoiのオリジナルカップ&ソーサーもデザインして下さったプロダクトデザイナー、今ミシン男子そして大学教授という異色の経歴のヒト。楽しみです!

21. 02 / 02

ツッコミ検定

author
sekimoto

category
> 生活



これはいつも通う現場近くのお店です。さて正しいツッコミは次のうちどれでしょう?

A. 川越なのに釧路かよ
B. 海なし県なのに港町かよ

.
答え
C. いくら丼じゃないのかよ