先月、弊社が設計させていただいたKOTIという住宅が「渡辺篤史の建もの探訪」にてオンエアされましたが、早朝の放送帯のため見逃したというお声も頂きました。こちらの再放送がBS朝日にて放送されます。

『渡辺篤史の建もの探訪』 KOTI(I邸) ※再放送
BS朝日
5月10日(日) 午前8:30〜8:55
https://www.bs-asahi.co.jp/tatemono/

こちらは衛星放送のため、地方の方でも問題なく視聴できると思います。前回見逃された方は、どうか今回こそはお見逃しなく!







また先日は以下の番組で、同じく弊社設計のFPという住宅の建て主(Sさん)のインタビューが放送されました。個人のライフスタイルを紹介する番組で、わずか数分の短い番組なのですが、Sさんの車に対するこだわりを熱く語られていました。

A STEP (アーカイブ)
http://www.tbs.co.jp/A_STEP/archive/20200502.html

上記のリンクよりこの動画が全編ご覧頂くことができます(一番上の画像をクリックしてください)。我々が設計した住宅も出てきますので、どうかこちらにもご注目下さい笑

FP
https://www.riotadesign.com/works/15_fp/#wttl




今朝ほど「渡辺篤史の建もの探訪」にてKOTIをオンエアして頂きました。

撮影の前と後は立ち会って(ただの野次馬)いるのですが、撮影中は外に出されてしまうので、渡辺篤史さんがどんなコメントをされたかわからなかったのですが、今日それらをすべて視聴することができ、設計者の意図を余すところなく正確に汲み取ってくださる渡辺篤史さんの咀嚼力をあらためて感じました。家の中で鑑賞できるのもいいですね。

「KOTI」というのはフィンランド語でHOMEという意味です。HOUSE(こちらはフィンランド語でTALO)ではなくHOME。家そのものというより、どちらかというとそこに住まう家族や生活のようなものにフォーカスを当てた言葉だと思うのですが、とても平和的で仲の良いご夫婦を見てそんな言葉が浮かびました。実際に室内には愛が溢れていて、そんな空気感を切り取って頂きました。番組関係者にはあらためて感謝申し上げます。

KOTI
https://www.riotadesign.com/works/18_koti/#wttl
写真:新澤一平

番組HP「渡辺篤史の建もの探訪」
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/
おそらく明日(12日)以降、HP上でも放送内容の写真が上がると思います。


2018年に葛飾区で竣工した「KOTI」という住宅が、『渡辺篤史の建もの探訪』にてオンエアされることになりました。今週の土曜日(11日)です。早朝の放送なので、どうかタイマー録画してご覧下さい。そして何回も観て下さい笑

『渡辺篤史の建もの探訪』 KOTI(I邸)
テレビ朝日系列
4月11日(土) 午前4:30~5:00
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

※首都圏以外の地域のオンエア日は以下をご覧下さい
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/onair/



KOTI(I邸/葛飾区 2018年竣工)
https://www.riotadesign.com/works/18_koti/#wttl





同番組に取材して頂くのは、「FP」「路地の家」に続いて3件目になります。不思議なご縁で、「路地の家」は「FP」を見てご依頼下さった住宅で、このKOTIの建て主さんも「路地の家」を大変気に入って下さっていた方でした。

毎週のように収録を重ねているであろう渡辺篤史さんもうちの住宅をよく覚えていて下さっていて、初回取材のFP(2015年OA)についても「イタリア車がいっぱいあったお宅だよね。あの家は良い家だったよねぇ」と思い出しながらお話しして下さり感激しました。


よく言われるとおり、あの番組は一切がアドリブなんですよね。番組最後のまとめコメントすらもアドリブ。あれはすごいです。建て主さんとも、ディレクターさんとは念入りに打合せをしますが、渡辺篤史さんとは一切事前打ち合わせはなし。

ただディレクターさんが長年の勘で「ここで篤史さんはこういう質問をしてくると思うので、答えられるように」などと傾向と対策を教えてくださいます。笑

KOTIでは個室に電子ピアノが置いてあるのですが、建て主さんはディレクターさんから「たぶんピアノを弾いてみてと無茶振りをされると思うので」とオソロシイ振りをされたらしく、「ピアノを弾くことになってしまった…」とご主人も青ざめていたのですが、収録ではスルーだったらしく(スルーかい)、ご本人は「弾かずに済んだ」とほっとされていました笑。番組を成立させるために、周りの忖度もはんぱありません。

そんなことで、この日も篤史さんが到着されるとものの10分ほどで収録が始まりました。篤史さんも至って自然体。この日も到着されるやいなや、なぜかモナカの箱を手に車から降りてきて、周りのスタッフや我々にもモナカを渡しながら声をかけて下さいました。(私は受け取りながら、なぜか頭の中でミルクボーイの「モナカやないかい!」のフレーズがリフレイン)

収録のたびにファンを増やすと言われる渡辺篤史さんですが、そのお人柄に、この日も終わる頃にはみんなファンになっていたようです笑。最後には恒例の見学者全員と記念撮影も。Iさん、この日は収録お疲れさまでした!


私も途中の昼食のシーンでちゃっかり同席して出演予定です(全カットされていたりして)。見逃した場合は、後日BS朝日で再放送もあるようです。こちらの日程は未定ですが、またこちらでもお知らせしたいと思います。

皆さま、どうかお見逃しなく!
いいですか、今からタイマーセットですよ。


現在発売中の女性誌『リンネル』に、俳優の高橋一生さんが私の憧れの建築家ユハ・レイヴィスカの教会を訪れる記事が載っています。またなんと今年83才になるレイヴィスカ本人にご対面する記事も!

リンネル 2020年2月号
>>Amazon

私の設計する住宅の多くに下がるレイヴィスカの照明ですが、それを下げている建て主さんも、レイヴィスカさんがどういう方か(まだご存命であることも!)ご存じないと思います。どうか誌面で”ご対面”を果たされて下さい。

私の北欧との出会いはレイヴィスカとの出会いでもありました。その空間に胸を打たれ、レイヴィスカの背中を追うように2000年にフィンランド留学をしました。レイヴィスカの事務所も訪れたことがありますが、とても温かく優しい建築家です。

ちなみに私の事務所に下がっている照明器具は、この写真に写っているパキラ教会に下がっているものと同じものです。特注で非売品の照明器具がなぜ私の事務所にあるかについては、ヒミツです笑

とても貴重な号ですので、是非手に取ってみてください!


19. 12 / 23

CARSENSOR EDGE

author
sekimoto

category
> メディア
> 社会



昨日はCARSENSOR EDGEの取材立ち合いのため、川越市FP(S邸)へ。

車好きの建主さんの愛読書とのことでお引受けした取材でしたが、建主さんもライターさんもカメラマンさんも、全員コアすぎる車好きのため全く話について行けません!笑

きっと現場での我々の会話も、一般の建て主さんからしたら何話しているかわからないのでしょうね。ただ、特定車種をコードネームのように数字で呼び合う様子など、なかなか異次元の会話を聞くようでなかなか楽しかったです。