昨日の「縁側の家」のオープンハウスは、おかげさまで盛況のうちに終了致しました。ご来場下さった皆様、ご協力下さった建て主様に心より御礼申し上げます。

前日までに耕水さんに造園もきれいに整えて頂きまして、同日に引渡しまで終えることができました。耕水さんも、前日土砂降りの中作業を下さいまして誠にありがとうございました!


今回のオープンハウスには、いつも通り現在進行中の建て主さんや同業の設計者仲間に加えて、他現場の工務店やその大工さんなど、我々の仕事を見たいと申し出て下さる方も多く、大変嬉しく光栄に思いました。

他現場の大工さんなどは特に、目先の自分の仕事にしか目が向かないものです。ですが、同じ設計者による別現場を見れば、他の大工もまた自分と同じように奮闘し、同じように、あるいはより高度な技量を持って現場を納めていることを知ることでしょう。

現場を縦断したこうした学びもまたとても貴重な機会のように思います。意識の高い大和工務店さん、サンビックさん、ご見学ありがとうございました。



また教え子も含めた学生さんなども多く来て下さり、大学では教えられないディテールや素材の話などもさせてもらいました。

写真は「この壁紙はどうやって張ったか、考えてごらん」のひとコマ。なにげなく見える細部にも、それを作る職人の粋が詰まっていることを感じてもらいたいです。ひとつの建築を作るということはどういうことか、単なるビジュアルだけではないものを感じてもらえたとしたらなお嬉しく思います。



今回は築50年の住宅リノベーションということで、いつもとは少し違う我々の仕事を感じてもらえたのではないかと思います。リノベーションという”足枷”が、いつも手癖のようになっている「こうやればよい」という方程式のようなものを崩し、我々にとっても新鮮な空間が立ち現れたことは大きな収穫でした。

もちろん、このように表象的に立ち現れることは建築では氷山の一角で、より多くは耐震改修や、そのありかたに悩み、出口のない計画の迷路をさまよい歩いた時間であったことを申し添えておきます。


ただそんな折れそうになる心を奮い立たせてくれたのは、やはり建て主さんの”覚悟”であり、我々に寄せて下さる絶大な”信頼”でもありました。この覚悟と信頼関係こそが我々の仕事を大きく前進させる原動力だと思います。我ながら、今回はとても良い仕事ができたのではないかと今は爽快感の中にあります。

最後にそんな建て主さんご家族と囲んだ食卓は、そんな仕事を締めくくるに相応しいものでした。建て主のNさん、本当に最後までありがとうございました!今後とも末永いお付き合いをお願い致します。


新座市で進めて参りました築50年の戸建て住宅のリノベーション計画がまもなく竣工致します。建主さまのご厚意により、このたびオープンハウス(内覧会)を開催させて頂くことになりました。見学をご希望の方は、文末のメールのリンクよりご連絡下さい。


ご依頼の住宅は、老朽化しつつも、法的な壁もあり再建築ができないという問題がありました。構造も現在の耐震基準と照らしても不安の残るもので、断熱など温熱環境にも大きな問題がありました。

一方で、その佇まいは瓦屋根などに古き良き日本家屋の佇まいを残し、亡きお父様の思いも感じられるものでした。計画ではそんな既存住宅の佇まいを継承しつつ、適切な構造補強と断熱改修を行い、大胆なプランニングによって現代の家族の住まいを再構築しています。

内部はほぼ新築並みの改修を行っていますが、一方で改修ならではの制約も相まって、新築ではなかなか行わないようなユニークなゾーニングになっています。古くて新しい、新鮮な空間体験です。


【縁側の家】 N邸改修オープンハウス(内覧会)

日時:2019年
6月8日(土)12:00~17:00 ごろまで

場所:埼玉県新座市
(JR新座駅・東武東上線志木駅ほかよりバス/敷地内に駐車スペースもあります)

設計監理:リオタデザイン
造園計画:耕水
施工:堀尾建設

・建築関係者のみならず、一般の方もご見学頂けます。
・お子様をお連れの方はお渡しする手袋を着用の上、手を離さずにご見学下さい。
・見学は予約制ですので、ご希望の方は件名を「オープンハウス見学希望」として頂き、大体のお時間を以下アドレスまでメールください。追ってご案内をお送りします。
Email: info@riotadesign.com

.

19. 04 / 14

志村、うしろ

author
sekimoto

category
> openhouse
> 仕事



tobufune内覧会、第一日目終了。

毎回のことながら、内覧会にクライアントがしれっと潜り込む。内覧会では、設計者との閉じた関係性の中でつくられたものが衆目に晒され、ある意味社会性をまとう瞬間に立ち会うことになる。

文脈を知らない来場者が、それを見てどんな反応や感想を漏らすのか、それを最後に見届けるというのもクライアントの特権であるとも言えるかもしれない。

一方こっちはどっきどき!

みんな変なこと言わないでね、と心の中で祈るばかり。口々に率直な感想を漏らす来場者の後ろをうろつくクライアント。引きつるわたし。まさに「志村、うしろ!」状態である。(このネタがわからない人はググって下さい)

この中に犯人、じゃなかったクライアントがいます。

author
sekimoto

category
> openhouse



先日のブログでも記事にしましたが、tobufuneというブックデザインをおもに手がけるグラフィックデザイン事務所さんの事務所移転に伴う新事務所内装の計画をしています。

事務所を主宰されている小口さんは、実は2017年竣工の「路地の家」の建て主さんでもあります。路地の家では三層吹き抜けの本棚を計画しましたが、今回は両側にそれぞれ長さ17mもある本棚を設えています。

今週末には完成の予定のため、以下の日程にて内覧会を開催します。住宅ではありませんが、ご興味ある方はご連絡を頂ければご案内をお送りします。


【tobufune】 事務所内覧会

日時:2019年
4月14日(日)13:00 10:00~16:00 ごろまで
4月15日(月)13:00~16:00 ごろまで

※4/9追記 14日の見学時間ですが、午前中見学希望の方がいらっしゃいましたので、見学時間を10:00~に変更しました。

原則として「予約制」とさせて頂きますので、見学ご希望の方は事前に「人数/おおよその時間帯」をこちらまでお知らせ下さい。→ info@riotadesign.com

場所:東京都渋谷区(大江戸線「西新宿五丁目」より徒歩7分)

tobufune
http://tobufune.com/

日々いろんなことがありすぎて、なかなか情報アップがままなりませんが順次上げてゆきたいと思います。

まずは先週末は、宇都宮にて「パーゴラテラスの家」のオープンハウスを実施しまして、遠方にもかかわらず多くの方に足を運んで頂きました。この場をお借りして感謝を申し上げます!今回は特に地元宇都宮の工務店さんやハウスメーカーさんなどが熱心に見学して行かれました。

今回はオープンハウスに向けて建て主さん自ら家具を揃えて下さり、細かい備品などコーディネートもして下さいました。そのセンスが素晴らしく、いらした方もみなさんびっくりされていました。

やはり内部の家具が入ると、空間は2~3割増しに見えますね。あとは生活がはじまって人が入れば完成です!

いよいよ今週末にお引き渡しがあります。施工を担当下さったCOMODOさんにも感謝したいと思います。あと一息、よろしくお願いします!