TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」のプロデューサー湯澤さん(TVディレクターY氏)が建築家に会いに行くというYouTubeチャンネルがあるのですが、今回はリオタデザインを取材して頂きました。

JCTVたてものチャンネル
[建築に詳しいTVディレクターが建築家に会いに行く_vol.7]


■フィンランド生活は建築家に何をもたらした? -リオタデザイン前篇
https://youtu.be/1NM2X1lDRGw

今回のアップは前編で、おもに私のインタビュー動画となっています。建築のことというより、なぜかずっと北欧の話をしています、、。後編ではもう少し建物や事務所の様子も映るかもしれません。ご興味ある方はご覧下さい!

.

以前ブログでも紹介しましたが、野地木材工業(のじもく)さんのYouTubeチャンネルにて、毎月住宅設計業界で活躍する(笑いのわかる?)建築家たちをゲストに招いて、お酒を呑みながらのトーク番組をやっています。

NOZIMOKU.TV
https://www.youtube.com/channel/UC8NDC3YjEQnsY1WKl9i5Kag

先月は建築家の丸山弾さんを招いての回でしたが、とてもマニアックで楽しい回になりました笑。お時間がございましたら一度覗いてみて頂けたらと思います。

■ 第5話「建築家たちの図面と作風」-建築家たちの飲まずにいられない話-
https://www.youtube.com/watch?v=FxNZpaNDgmA
■ 第6話「世間的に最も誤解されている建築家」
https://www.youtube.com/watch?v=AderEO0eON0

今月は7月21日(木)19:00より生配信があります。今月のゲストは建築家の若原一貴さんの予定です。こちらもお楽しみに!

昨年エクスナレッジより刊行された拙著『木造住宅のできるまで』のハングル版が韓国の出版社より発売されることになりました。

担当編集者の伴さんから献本が送られてきたのですが、すごいインパクト!ハングル語全然わからないのですが、日本語ベースでも密度の高いうちの図面が、すべてハングル語表記に置き換わっているのを見るのはとても不思議な感覚です。


しかし最近はすごく便利なツールがあるのですね。「Google翻訳」というアプリをスタッフに教えてもらったのですが、これをスマホに入れて書籍にかざすとあっという間にすべて翻訳してくれます!


驚いたのはその翻訳精度。ありがちなシュールな日本語ではなく、ちゃんとすらすら読めます。この水玉シャツを着ているモデルは私なのですが(似てない、、)、韓国語を話す私のソックリさんの話している意味もわかる!


わかるもなにも、そもそもは私のセリフというこのブーメランさがたまらなくシュールなのですが。このハングル版、一度韓国の書店で平積みされているところを見てみたいものです。

プラナビという建築情報サイトに「ストーリーのある暮らし」というコンテンツがあるのですが、こちらの取材にて横浜市の「壇の家」を取材頂きました。

■プラナビ|ストーリーのある暮らし
『北向きの部屋のイメージが変わった!北向きリビングが一番明るい家の物語』

https://www.pla-navi.com/life/216/

常々家づくりはストーリーだと思っています。建て主のFさんも様々な選択肢の中から我々に設計をご依頼下さったのですが、そのストーリーもまた、これから家を建てようという方、そして設計事務所に頼もうか迷っている方達の背中をポンと押してくれるようなものかもしれません。

とても良い感じに取材を下さっていてとても嬉しいです。
どうかご一読下さい!

昨日はとある取材の立ち会いがあり、久しぶりに「紫陽花の家」に足を運んできました。「紫陽花の家」は2015年の竣工なので、すでに7年ほど経っていることになります。早いですね、、。家が出来たと同時に生まれた双子の姉妹も、この家とともにすくすくと育っているようです。

この日の取材テーマが「食」に絡めたテーマだったこともあり、建て主さんには無理を言ってご家族でお昼を作って頂き、いただきますまでを写真に納めて頂きました。そんな食卓を私も隠れてパチリ!

この日は気候も外の光も申し分なく、そしてなによりご家族の幸せな食卓が神々しいくらいに眩しくて本当に感動しました。私は住宅の設計において、どの空間を最も重視するかと訊かれたら迷わずダイニングと答えます。リビングではなく、ダイニングが家族の中心であるべきだと思うからです。

リビングは団らんというより、くつろぎの空間であり、時に個に浸る空間ではないかと思っています。朝「おはよう!」と言って慌ただしく朝食を取る場所、休日のお昼に「午後どうする?」とか言いながら昼食を取る場所、そして今日あった出来事を食卓を囲んだ家族に聞かせる場所。それは家族が家族であることを認識できる唯一の場所ではないかと思います。

そんなダイニングを私は明るく豊かに作りたい。
なんだか私の思い描いた理想の空間に、7年越しに出会えたようなそんな気分になりました。やっぱり、住まいは家族の器なのだと思います。