author
sekimoto

category
> 仕事



現在、県下でリノベーションの現場が進んでいます。

「縁側の家」と名付けていますが、築50年を越える住宅の瓦屋根だけを残し、間仕切りや外壁、窓などをすべてそっくり新しく更新するというフルリノベーションの計画です。

うちはリノベーションの仕事はあまり多くないのですが、社会的にはリノベーションの需要は今後も増えてゆくだろうと言われています。そして新築は頭打ちだとも。ただ、リノベーションは新築に比べて工事費が安く上がると思っている方もいますが、必ずしもそうとは限りません。

たとえば今回の案件では、構造が現在の耐震基準に合っていないので、あらゆる方法で構造補強を行っています。新築なら配筋検査など、基礎工事からしっかりと我々が設計監理できますが、既存の住宅の構造がどのくらいしっかり作られているかというのは、ぱっと見ただけでは我々でもわかりません。

要はなんだかんだで、そっくりきれいに、性能もしっかりした住宅に改修をしようと思ったら、ほぼ新築並みの費用がかかると思っておいた方が良いと思います。


な~んだ、そんなお金かかるなら壊して建て替えてしまおう。

そう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。でも腹をくくって既存の住宅を活かした改修をしようと考えると、リノベーションはとっても奥が深くて、もしかすると新築で建てる以上の魅力ある空間にできる可能性もあります。

私はそれを「縁側の家」の現場に足を運ぶ度に思います。なんだか不思議な空間だなあと。自分で設計したのだけれど、自分の設計ではないような。

新築の計画だと白紙からのスタートなので、いかようにもプランが作れます。屋根の架け方だって自由です。ところが、既存の改修だといろんな制約が邪魔をして、思い通りにやらせてくれません。これはとってもストレスなんですが、結果的にいつもの”手癖”から離れて、ある意味不合理な、ある意味とっても豊かな空間が生まれることになります。

例えばこの「縁側の家」では、文字通り縁側がリビングやダイニングのまわりをぐるぐるっと取り巻いています。通常の設計なら、床面積を無駄に食うこうした廊下状の空間は排除される傾向にあるのですが、既存の住宅の骨格に忠実に解いていった結果として、”無駄な縁側”という豊かさを獲得したとも言えると思います。

リビングの天井も3mくらいあって、部屋のつながりもイレギュラー。自分の中のプランニングのセオリーが破られて、なんだかとっても新鮮です。

現場はまだまだここからが踏ん張りどころ。
進捗と完成がますます楽しみです!

author
sekimoto

category
> 仕事
> 思うこと


去年は講演(セミナー)関連の仕事がとても多い年でした。その数11件。私がメインで話をする講演会もありましたが、半分以上は私がファシリテーター(まとめ役、もしくは進行役みたいなもの)を務めたものでした。最近ではそこから派生して、私が案内役を務めるような企画も頼まれるようになってきました。

正直私は、自分が前に出るような仕事よりも、一歩引いて誰かにフォーカスを当てたり、場をまとめるような立ち位置が得意なのだと思います。ある意味、建主さんの奔放かつ矛盾する?ご要望をまとめ上げる住宅設計は、私の天職とも言えるかもしれません。

そしてセミナー関連は今年も1月だけですでに3件、来月以降もいろいろ頼まれているので、もしかしたら今年は昨年以上にセミナーに引っ張りだこの一年になるかもしれません。

ただ、実のところ…。

言うまでもなく私の本職は設計者であり、セミナーはあくまで副業というか、頼まれるから引き受けているといいますか…。社会的に求められるものがあるということは大変ありがたいことですので、そうした要請には今後もつつがなくお応えしつつも、個人的には今年はもっとたくさんの住宅の設計がしたい!と思っています。やっぱり設計が一番楽しいです。

リオタデザインは今脂が乗ってきていて、どんな住宅でも破綻なく、とても高いクオリティでお引渡しできるようになってきました。ただ、完成度が上がっているのは良いことですが、だんだん冒険が少なくなっているような気もします。

よりクリエイティブに、これまでの常識を打ち破るような取り組みや住まいを作ってゆきたいという思いが常にあります。安定した仕事の“型”ができつつある一方で、それを壊すのは勇気のいることですが、40代も後半に差しかかり50代からの仕事の礎をここ数年で作ってゆきたいところです。

さあ、明日から仕事はじめです。
今年も良い出会いがありますように!

author
sekimoto

category
> staff
> 仕事



リオタデザインの今年の納会はOB吉里くんの新事務所見学ツアーから。リオタデザインより広い!OBスタッフを含めたみんなのシェアオフィスとさせて頂きます。笑

毎年特別ゲストを招いての納会ですが、今年は久しぶりにリオタスタッフとOBだけの納会。おかげでトークが盛り上がる!?楽しい一夜でした。

うちの事務所の特徴は、やめたスタッフがほとんど皆独立して、たくましく仕事をしていること。そしてみんな仲が良い!OBスタッフたちの近況や活躍、悩みを聞きつつ、それぞれがリオタデザインの仕事を語り、あの頃と変わらぬ会話が飛び交う様を眺めて、とても幸せな気分になりました。

子どもたちが成人して、一緒に盃を交わしているみたいな。歳を取るのも悪くないなぁと思います。皆さん、良いお年を!


[お知らせ]
リオタデザインは12月28日~1月6日までお休みとさせて頂きます。
電話には出られませんが、メールは私(関本)はチェックしていますので、何かありましたらメールにてご連絡下さい。



author
sekimoto

category
> 仕事



昨日は、岐阜県立森林文化アカデミーの辻充孝先生と学生の大上さんがご来所。大上さんの研究テーマである住宅における照明計画についてのヒアリング調査に協力させて頂きました。

照明だけでそんなに熱く語りますか、と辻先生を呆れさせましたが、まだまだ語り足りないくらい。自分でもびっくりするくらい照明計画に我々のアイデンティティが反映されているのだと気づかされました。

埼玉県人でも滅多に食べられない埼玉グルメが堪能できるお店で第二ラウンド。こちらでは住宅設計論について。辻先生、大上さん、ご来所ありがとうございました!




住まいの環境デザインアワード2019にて、
我々の設計した「路地の家」が審査員特別賞に選ばれました。
http://www.gas-efhome.jp/prizewinner/index.html


正直上位入賞を狙っていたので、優秀賞以上の賞が取れなかったことがとても悔しく、ヘコんでいたのですが、本日発表となった受賞者の顔ぶれを見て、思いのほかレベルの高いところに食い込んでいることが分かりました。悔しいけどまたがんばろう。

このアワードは広く「住まいにおける環境とは?」という定義を問い直すもので、温熱や気密性能だけでは計れない建築の持つ魅力やポテンシャルにもフォーカスをあてたものだと昨年のシンポジウムを聞いて思いました。

路地の家はそこにある「都市環境」を引き受けて、街に大きく開いた住宅です。一方でHEAT20 G1グレード相当の断熱性能を兼ね備え、通風や採光といったあたりまえの住宅性能は損ねずに、住宅の快適性とデザイン性を両立させています。

性能の先にあるものはなんだろう?という我々の近年のテーマが、一定の評価を得たものと受け止めたいと思います。また、このような住宅を設計させて下さった建て主さんにも心より感謝致します。

路地の家
https://www.riotadesign.com/works/17_roji/#wttl