24. 05 / 19

季節限定ランチ

author
sekimoto

category
> STAFF
> 仕事



今年もこの季節がやってきました!

よく建て主さんなども、デッキテラスでBBQなどを夢見る方も多いのですが、正直そんなに甘いものではありません。冬~春は寒いし、6月を過ぎれば梅雨に入ります。夏は灼熱と蚊の季節。詰まるところ、外部に出て楽しめるのは春と秋、それも5月と10月限定というのが私の実感です。

そんな儚い中庭の季節は、天気と気候が絶妙に釣り合えば、即デッキテーブルを出してこの季節ならではを楽しみます。この日は近所のパン屋さんで惣菜パンを買ってきて、みんなでピクニック気分を味わいました。

外で食べる食事って、どうしてこんなに美味しいのでしょうね。仕事なんてどうでも良くなってしまうような、くつろいだランチタイムでした。

24. 05 / 10

所作

author
sekimoto

category
> 仕事
> 思うこと



朝事務所に入っていくと、その日の打合せの準備がピシッと整っている。日々の光景だけれど、とても気持ちが良い。こっちも気持ちよく一日が始められる。

左官職人の久住有生氏に、仕事で大事にしていることは何か?と訊ねたら「慣れないこと」だとおっしゃっていた。仕事は毎日のルーティンだけれど、慣れていくとそのうち基本的なことから忘れていく。だから弟子の職人にも毎日同じ事を繰り返し言うのだと。大切なのは技術ではなく所作なのだとおっしゃっていた。

新人は先輩の仕事をつぶさに見て覚える。技術は口で教えられるけれど、所作は背中で教えるものだ。私が何も言わずとも、先輩スタッフが後輩に仕事はこうやるのだと背中で伝えてくれているようで、とても嬉しい。

24. 05 / 05

プロ猫



一昨日は奇跡のような快晴のなか、「越屋根の家」の撮影を終えました。今回の写真は繁田諭さん。(投稿写真は私のiPhoneです)

新緑が眩しい5月、でもあと少しすると6月からは梅雨に入ります。この刹那の期間は一年で最も撮影映えする季節。明日も別の撮影がありますが、毎日天気予報を祈るように眺めます。



撮影中視線を感じて振り返ると、そこには猫。我々の撮影を興味深そうに遠巻きにずっと眺めています。

カメラアングルにも入ってもらいたくて近づくとするりと逃げます。しかし、カメラを構えると欲しいところに納まる。いい仕事してくれます。さながらプロ猫といったところでしょうか笑

猫って不思議!





我々の活動の原資となるモチベーションには、誰にでもわかる「わぁすごい」と、わかる人にはわかる「おぉすごい」とがあるような気がしています。

昨年11月に竣工した「越屋根の家」の向かいに改修設計をした納屋が完成したタイミングで、タニタハウジングウェアの皆様をご案内させて頂きました。様々な切り口のある建物ですが、その一つの切り口である「板金」という側面について、わかる人に見てもらいたかったからです。

谷田さんを通じて希望者を募って頂いたら、17名もの社員さんがお越し下さいました。「今日は休みなんですか?」と思わず聞いてしまったのですが、バリバリ営業中とのこと。お忙しい中会社をもぬけの殻にさせてしまい申し訳ありません!

しかし、自社製品とはいえ、こんなに嬉しそうに外装のZiGをご覧下さる様を見て、ご案内の機会が設けられて良かったと思いました。



メーカーさんは時に誰のために製品を作っているのか、見失う瞬間があるような気がするのです。届ける先はどこなのか?工務店なのか、設計事務所なのか。発注先や採用権者に届けるのなら工務店であり、設計事務所なのでしょうが、我々がそうであるように、本当に届けなくてはいけないのは依頼主である建主さんであるはずです。

そんな当たり前の事実と、実際の建物の佇まいがどうであったかを胸に刻むことは、きっとその後の製品開発にも活きてくることと思います。

この日の最後の懇親会ではそんな熱い会話が飛び交う場となりました。また初対面であった真壁智治さんにもお越し頂き批評を頂けたことも励みとなりました。取り仕切ってくださった代表の谷田泰さんにも感謝です!こちらもありがとうございました。

24. 04 / 28

北海道の敷地へ

author
sekimoto

category
> 仕事



だいぶ前より「進行中の案件」のページに北海道北斗市の案件予定を載せていたのですが、いつも細かくチェックして下さるうちの建て主さんなどから、会うたびに「北海道の仕事があるんですか!?」と聞かれていました。北海道の仕事、なんだかわくわくする響きですよね!

はい、北海道の敷地での計画のご相談を一年以上前から受けていました。

ただ敷地は既にあるのですが、じゃあ明日見に行ってきますね!というわけにもいかず、また諸般の事情もありずっと水面下で半凍結のようになっていたのでした。ようやく雪も解け、晴れて現地調査に出かけることになりました。(実は先月行く予定だったのですが、予定日にまさかの雪予報となって延期になったのでした)


場所は北斗市というところで、函館に隣接する街です。じつはこの街には新函館北斗駅という北海道新幹線の駅があり、私の所からは大宮駅から新幹線をつかって一本で行けてしまうのです!

新幹線で行く北海道、、これまたシュールでインパクトのある響きですよね。プラットフォームの案内板にも、新函館北斗の文字が。

実はその気になれば日帰りすら出来てしまうのですが、この日ははじめての現地入りで役所調べもしたかったので、前日の夕方からスタッフを伴って現地入りをしました。




初の新函館北斗駅は、おもいのほかの立派な駅!やや殺風景な北の大地に、ここだけものすごく近代化しているような印象でした(失礼)。

駅にはなぜか北斗の拳のケンシロウ像が!?同じ「北斗」つながりということのようですが、駅の名前の由来ではないようです。


駅前や駅の売店、また市役所などにはこの謎キャラであふれていました。

名前は「ずーしーほっきー」というらしいです。要は「ほっき寿司」のキャラクターのようで、その見た目のインパクトから一度見たら忘れられません。正直キモい…夢にも出てきそうです。

それもそのはず。こちら「一目みたら忘れられない☆ご当地キャラクターランキング」で栄えある第一位も獲得したみたいです。姿はキモいですが、市のアピール効果は絶大ですね!
https://www.seikatsu-guide.com/rank_minna/result/9/?fbclid=IwAR2F9Uql5rJD6lBD_eP8eZ6uCmyjn_KwSaDuo6FdXuPgWdiSmNaqP8lqEdQ


そしてようやく夢にまで見た幻の?敷地にもご対面!

ひ、広い…。

といいつつ、ここでも諸般の事情があり、建てられるエリアはかなり絞られそう。制約とは無縁のように見える敷地には実は無数の制約がかかっていて、その網の目をかいくぐるように計画を進めることになりそうです。

また長いプロジェクトがはじまりそうです。この遠距離を楽しみながら進めたいと思います!