author
sekimoto

category
> 北欧
> 思うこと



吉祥寺のカフェモイが閉店する。
ひと月ほど前にご連絡を頂きひどくショックを受けた。

カフェモイは私がフィンランド留学中に現オーナーの岩間さんから設計依頼を受けた、私にとって初めての仕事だった。岩間さんもその時点では会社員だった。

モイの仕事があったから私は帰国したし、迷わず独立できた。そしてわずか6坪のお店の設計から私のキャリアは始まった。

お店のロゴは私が作った。アールトチェアは幼馴染の山口太郎くんに輸入してもらった。(彼はそれをきっかけに北欧家具taloを立ち上げた)

カップ&ソーサーは、フィンランド時代の友人梅田弘樹さんにオリジナルで作ってもらった。お店の照明計画は、奥さんの梅田かおりさんが手がけた。写真は根津修平くんが担当し、遠藤悦郎さんが初期のサイトを作ってくれた。すべてフィンランドつながりのチームだった。

2002年にカフェモイは荻窪にオープンした。

しかし私には仕事がなく、お店に行くとお店にも客の姿がなかった。お店で岩間さんとおしゃべりしていても、誰にも気兼ねする必要がなかった。お店は大丈夫なのか心配だったが、私も人のことを心配している場合ではなかった。

私が忙しくなり始めた頃、カフェモイも北欧通の間では知られたお店になった。週末には行列ができるようになった。カフェモイを気に入って、設計を依頼くださる人もいた。岩間さんも来店された客にリオタデザインの宣伝をして下さっていた。

2007年に事務所を志木に移すと、カフェモイも吉祥寺に移転した。お店はやはり私が設計した。カフェモイのある通りには北欧系のお店が集まり、「北欧通り」と呼ばれた。雑誌にも取り上げられ、週末は中に入れないことも多かった。

年末には家族で「moi納め」と称して店に訪れた。息子は物心ついた頃からのカフェモイの常連だ。私もトークカフェとして、もう何回もこのお店で北欧の話をした。そこで知り合った若者がスタッフにもなった。

岩間さんに会うまで、私はコーヒーをおいしいと思ったことがなかった。開店前に岩間さんのお宅でご馳走になったコーヒーの味を私は一生忘れない。

閉店の知らせをもらった直後にお店に足を運ぶと、お盆でシャッターを閉めた通りの影響からか、お店にはお客さんの姿がなかった。そんなお店の姿は珍しかった。

いつもは混んでいるので控えていたけれど、客のいないお店で荻窪の時みたいに岩間さんとおしゃべりをした。17年ぶりだった。奇跡のような時間だった。

カフェモイは、昨晩オフィシャルに閉店のお知らせを出した。本日以降、カフェモイは閉店を惜しむお客さんで溢れるのだろう。次に誰もいないカフェモイを見る日には、おそらくいつものコーヒーの香りはそこにはない。


岩間さんお疲れ様でした。活動の次なる展開に期待します!
モイの空間を愛して下さった皆さま、17年間ありがとうございました。

.
『moi(カフェモイ)閉店と今後の展開についてのご報告』
http://moicafe.hatenablog.com/entry/2019/09/06/190000

.


ついに買ってしまいました。
イルマリ・タピオヴァーラのドムスチェアを、なんと2脚も!

今回購入したドムスチェアは、”ONNEA”という名の付いた特別モデルになります。ONNEAはフィンランド語で「おめでとう」という意味。表参道にオープンしたARTEK TOKYOの開店を記念したモデルで、限定50脚のみの限定販売品となります。

DOMUS CHAIR -ONNEA-
>> Artekのサイトへ

椅子の裏側に取り付けられた真鍮のプレートにはシリアルナンバーが入っています。ちなみに事務所のONNEAは#27と#29。「27/50」「29/50」と表記され、この世に50脚しかないことを証明しています。


このモデルの最大の特徴はその張り地で、スウェーデンの老舗レザーブランドであるタンショー(Tärnsjö)社のナチュラルレザーを無着色のまま使用しています。無着色無加工のため、購入後まずは自分で撥水オイル加工等を施すところから始まります。このひと手間がいい。

現時点では生まれたての仔牛のように初々しい生成色のレザーですが、これが経年と共にどんどん色が深まってゆきます。ちなみに以下の写真はArtek店頭の展示販売品。


写真右側の椅子よりも、左隣の椅子の方が気持ち色が濃くなっています。4月の開店直後からお店に置かれていたのでしょう。わずか4ヶ月程度でこのくらい色が変わるのですね。これからの経年がとても楽しみです!

ちなみに一番左側の椅子は、現行品の着色レザー品です。私が仕事を引退する頃にはこのくらいの色になっていたら嬉しいですね笑


ちなみにこちらは、私とフィンランドから一緒に帰国してきた古いドムスチェアとのツーショット。私のドムスチェアへのこだわりについては、過去のこちらのブログをご覧下さい。(どーでもいい人はスルーして下さい笑)

○ the chair ≠ a chair (16.10.08)
https://www.riotadesign.com/blog/161008.html

○ ドムスチェアの70周年記念ポスター (19.05.09)
https://www.riotadesign.com/blog/190509.html

.

ところで、わが事務所のミーティングデスクでお客さんが座る椅子は長らくこれでした。


イームズのシェルチェア。一応これにも曰くがありまして、アレキサンダー・ジラルドのデッドストック生地を張り込んだ1998年当時の限定販売品です。結婚して、新生活のために買ったはじめての家具でもありました。

しかし、今では北欧通を自認する設計事務所として、椅子がイームズ(アメリカ)で良いのか?というのは(誰も気にしていないでしょうが…)個人的には気になっていました。

.
それがこうなりました。


すごい、ぴったり!

ドムスチェアの傍らにあるアールトのスツール60もまた、ARTEK TOKYOのオープニングレセプションで頂いた、アイノ・アアルトの「KirsikanKukka」のファブリックを人に頼んで張ってもらった特注品(ブログ)。期せずして、ARTEK TOKYOを全力で祝福(onnea)した一角になりました笑

今後事務所にいらっしゃるお客様は、もれなくこちらにお座り頂けます。事務所のこれからにも、どうか祝福がありますように。

ARTEKにONNEA!
リオタデザインにONNEA!

建築家・益子義弘先生の設計によるホテリアアルトのことは、たびたびこのブログに書いたり、「建築知識ビルダーズ|2017年NO.29」に特集記事として書かせて頂いたりしましたので、ご存じの方も多いかと思います。

そんなホテリアアルトの別館の計画が進んでいるという話は、以前から益子先生から伺っていて、私も一ファンとして完成を楽しみにしていたのですが、先日4日にその完成記念レセプションがあるということで、益子先生よりお誘いを頂きお邪魔してきました。
なかなか足を運べる場所ではないかもしれませんので、この貴重な機会をレポートしたいと思います。

ちなみに以下の写真は、2017年3月にビルダーズの取材依頼で木藤編集長とアトリエにお邪魔した時のものなのですが、テーブルの上にこの別館の模型が乗っています。この時点ではまだ基本設計中でした。


まず基本情報としてですが、ホテリアアルトは裏磐梯にある、元は上尾市の保養施設だった建物が益子義弘先生の改修設計により現在の姿に生まれ変わったホテルです。

私は過去に3回ほど宿泊したことがありますが、そのホスピタリティ溢れるサービスと佇まいは、訪れる度に心の底から癒やされます。宿泊費がちょっと高いのですが、えいやっと奮発する価値は充分にありますので、是非一度は体験して頂きたいと思います。

ホテリ・アアルト
https://hotelliaalto.com/


本館の設計はリノベーション(改修)によるものですが、この別館の計画はあらたに”新築”として計画されたものです。本館は少し小高い丘の上に建っていますが、別館はこの本館から水辺に向かって下った場所、まさに池面すれすれという場所に建っています。

裏磐梯と言えば国立公園である五色沼がある場所ですから、まさに「裏磐梯にやってきた」ということを心から実感できる空間体験になると思います。さすがにここまで水面すれすれに建つホテルは裏磐梯にはないはずです。

それがどのくらいかと言うと、


レストランから


お風呂から


そして客室からも、池面(五色沼なので沼面でしょうか?)が触れるくらい近くに感じることができます。遠景からは、池面に浮かんでいるようにも見えます。

もうここで、この解説を終わりにしても良いとすら思います。この先にある細かいディテールをちまちま説明するなど野暮というものです。この佇まいこそがすべてなのですから…。


こちらは本館です。
本館は、前述のように既存の保養所を改修設計するという設計の自由度に対しての足枷がありました。今回は改修ではなく新築設計ですから、さぞや伸び伸びと設計できるかと思いきや、おそらくは先の改修以上に多くの制約がのしかかったであろうことは、実際に見ると容易に察しが付きました。

改修設計なら、プランや構造など含めて、ある程度はコントロールができます。気に入らなければ壊して作り替えてしまえば良いのですから。しかし自然が相手ではそうはいきません。

設計意図としても、自然地形を生かして造成などは原則行わないという大きな設計方針があったようです。


たとえば、とある客室から外を眺めると、こんな感じで手付かずの自然を眺めることができます。一般宿泊者なら感激して下さるポイントだと思います。

斜面のふちの部分に多少手が入れられている以外は、文字通り自然がそのままの状態で見えています。植栽も後から植えたものはないそうです。


窓から下を見るとこんな感じです。天然の湧水がこんこんと湧き出てせせらぎになっています。この水の底に藻が生えていることに注目して下さい。竣工直後のリゾートホテルで、このような状態になっていることはまずありえないことです。

これは工事を着工する前に、この敷地のへりの部分を決め、先に外構工事を行ってから建て始めたということのようです。

今どきのリゾート開発なら、自然であるかのように見せかけて人工的に水を流したり、コンクリートで固めてコントロールしやすいようにするところですが、その形跡が見当たりません。


また建築関係者の悲しい性ですが、「このズブズブに水が湧き出してくる中で、基礎工事はどうやって進めたのだろう…?」と壮絶であったであろう施工の裏側も頭をよぎってしまいます。きっと泊まっても安眠できないかもしれません笑

実際に聞くと、基礎もさることながら、掘るとごろごろと巨大な溶岩石に当たってしまい、根切り工事もままならなかったとのこと。建物周囲の池面にさりげなく?ころがっている巨石はその残骸です。

一般の方はまったくそんなことを考えなくて良いのですが、建築関係者ならそれを眺めて、眠れぬ夜を過ごすと良いと思います。



客室は本館同様、益子先生の設計の真骨頂を堪能することができます。本館でも感じたことですが、細かい設えを取り出してこの納まりがどうとか、寸法がとか、そういうところも沢山ありますが、そんなことはここでは書きません。

設計がすっと一歩引いていて、でしゃばりすぎない。この部屋で一晩を過ごすゲストのために、あるいはゲストの振る舞いがここに加わることでようやく客室として成立するような、そんな意図を感じます。それが素晴らしいと思うのです。

僭越ながら、私も自らの設計もそうありたいといつも願っています。
人は我々の住宅を見てディテールがどうとかよく言いますが、実際には我々はそんなことどうでもいいんです。人に気を遣わせないために、人一倍気を配る。それが住宅を設計することだと思うからです。


一方でこんなところもあります。共用廊下に施したちょっとしたデザイン。益子先生らしい遊び心が滲み出ていて大好きです。

建築って、機能一辺倒で合理的なだけじゃダメなんですよね。「え、なにこれ。おもしろい」とか、そこまで意識的にさせなくても、言葉では説明できないような場所を作ると、その場所に愛着のようなものが生まれるような気がします。

ここでは長い廊下を歩かせるのに退屈させないように、という心遣いが見て取れます。きっと「この照明おもしろいね」なんて会話を交わしていると客室に着いてしまうんでしょうね。

リゾートホテルにありがちな、超長い廊下を苦痛に感じる私は、こんな設えもニヤニヤしながらすごく共感してしまいます。



そんな長い廊下の途中にある、こんな読書コーナーもいいですね。
裏話として、当初喫煙コーナーにしようとしたら周囲の大反対で読書コーナーになったのだとか?愛煙家である益子先生らしいエピソードです。

椅子に身を沈めると、美しい水面を一望することができます。天井も低く抑えられていて本当に落ち着きます。宿泊したら、少し早く起きて誰も居ないこのスペースを独り占めしたいなと思いました。

この美しい窓ですが、実は現場で大工さんが窓の取り付け高さを間違ってしまったらしく、設計より低くなってしまったのだとか。でもその説明を聞いても全く違和感がありません。もしかしたらこの大工さん、天才かもしれません。



そしてレストランに下がるこの照明もオリジナルです。これがとっても完成度が高くてびっくり。とても「ちょっとデザインしてみました」というレベルのものではありません。益子先生曰く、水面にはばたく水鳥のような佇まいをイメージされたそうです。

担当したスタッフの宗像くんから製作の苦労話を聞きました。ここでは詳しく書きませんが、訪れたら是非着座して、この”水鳥”と水面とを重ねながら風景を眺めてもらいたいと思います。



これは本館前の庭から別館を眺めた写真です。
池面に向かって下っていることもありますが、ほぼこの別館の外観を納めることは不可能です。そのくらい控えめな建ち方をしています。唯一のファサードは湖面からという。



全体としてどこが元からある改修で、どこからが新築で増築したのか、おそらく過去に訪れた人もわからないくらい自然な建ち方になっていることが、この計画のすべてと言って良いと思います。


他にも感じたことや気付いたこと、お話ししたいことが山ほどありますが、この空間を私の言葉で説明することほど野暮なものはないと思いますので、ここでは控えさせて頂きます。以下にいくつかその他写真を載せておきます。

この別館は今月11日から宿泊が開始になるようです。
すでにリピーターを中心に予約が多数入っているようで、年内は数ヶ月先まで別館の予約は埋まっていると聞きました。

ですが先ほど覗いたら、ピンポイント的に宿泊できる日程はあるようです。私のイチオシは、池にせりだした最も先端にある「105号室」です。私もいつか泊まりたいと思います!

ホテリアアルト予約ページ
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/aalto

.





なんと、今回ホテリアアルトのオリジナルウィスキーも作ってしまったのだそうです!もちろん、こちらは運営側の話ではありますが。単にラベルを張っただけではなくて、モルトから吟味して作ったオリジナルだそうです。そこまでやるか…。

author
sekimoto

category
> staff
> イベント



昨日は表参道でスタッフと会食に向かう途中、スパイラルで人だかりができているのを発見。ちょうどマリメッコデザイナーの石本藤雄さんの展覧会のオープニングでした。

中に入ると案の定、知人友人がいっぱい。旧くからのクライアントのIさんともばったり!そんな再会を喜び合っていると、愛媛在住の元スタッフ山口くん(写真右)の顔も。彼は石本さんの愛媛展にも関わっていたということで、今回も関係者として上京していたようです。

偶然にも新旧のスタッフが一同に会し、束の間ですが近況を交わせたのは嬉しかったことでした。リオタデザインにも新戦力(今村文悟くん・写真左)が加わりパワーアップです!

石本藤雄展@SPIRAL
https://www.fujiwo-ishimoto.com/

19. 06 / 07

BGM24 Finland

author
sekimoto

category
> 北欧
> 生活



無印良品のBGM-CDにとうとうフィンランド音楽編が出ました!

無印良品といえば、いつもケルト的なBGMがかかっている印象がありますが、ついにカンテレとか流れちゃうんでしょうかねぇ。ドキドキします。まだ聴いていないので中身はわからないのですが。

>> BGM24 Finland (無印良品)

※6/9追記:ようやく入手して聴いています。ずっとエンドレスリピートです。とっても良いです!!癒やされますよ。ちょっと生活の手を休めて、静かなひとときをお過ごし下さい。


フィンランド在住の友人情報で、昨日このCDが発売されることを知り、楽しみにして発売当日、地元の無印良品へと足を運んだんですね。ところがお店のコーナーにはまだこの24番のCDがありません。

お店の方に聞くと「確認してみます」と、奥に引っ込んだままなかなか出てきません。そしてやっと出てきて言われました。「お客様、このCDは現在23番までしか出ていないんですよ」えっとですね、24番は今日発売みたいですよ。

「少々お待ちください」と再び奥に引っ込んだままなかなか出てきません。今度は責任者っぽい方が出てきました。「お客様、このCDは現在23番までしか出ていないんですよ」デジャヴか。えっと知ってます。ただ今日出るって聞いたんですけどね。

「しかしお客様、無印良品のサイトにもまだ載ってないんですよ」いやいや、おたくが自分のところのオフィシャルサイト見てどうする!載ってないから来てるんですけど。なんかあるでしょ、ほら本部に確認するとか。

だんだんめんどくさい客みたいになってきたので、じゃあいいですと言って店を出た。おかしいな、今日じゃなかったのかな?

帰ってから、ふと良品計画(無印良品の会社ね)にお勤めのクライアントさんがいたことを思い出して、迷惑かもと思いつつこの件をメールで尋ねるとすぐに返事が。

CDは確かに本日発売とのこと。そして、私が買いに行った地元の無印良品にも10枚在庫があるとのこと。ん、なんだこれ?店員が梱包解いてなかっただけなんじゃないの問題発覚。

まあいいや。この親切なクライアントさん、明日のオープンハウスに1枚持ってきてくれるとのこと!嬉しい。でも本当はこのオープンハウスで流したかったんですけど。ねえ、地元の無印さん!!

(ネットには今日からアップされたみたいです)