11. 07 / 11

前期課題終了!

author
sekimoto

category
> 大学



大学2年生の前期設計課題もすべて終了.今日は最後の発表と講評会がありました.

うちのクラスからは2名を選出し,結果うち1名が秋のスーパージュリー(外部の建築家を招いての合同講評会)への出場が決まりました.もうひとりも本当によくがんばってくれました.

第二課題の「住宅」は一番身近でありながら,身体スケールで物事を考え,機能や快適性を考慮しながら建築を考えるということは実はかなり高度なことで,実際学生も皆苦戦していたようです.

今期教えていた学生は,1年生の後期に教えていた学生の持ち上がりということもあり,他クラスの学生も含めてその成長ぶりなどを見届けられたのは嬉しかったことでした.

やっぱり学生は純粋でイイですね.彼らの後期以降の活躍も今から楽しみです!


11. 07 / 08

PLUS1LIVING 8月号

author
sekimoto

category
> メディア



プラスワンリビング(主婦の友社)8月号に『かたつむりハウス』を取材して頂きました.
住宅そのものというよりは中庭を中心とした”住まい方”の取材です.爽やかなライフスタイルのKさんらしい素敵で楽しげな中庭生活は,見ているこちらも思わず頬がゆるみます.書店で見かけたら是非手に取ってみてください. 

プラスワンリビング(主婦の友社)8月号(P91~)

それにしても,プラスワンリビングという雑誌はいわゆるインテリア誌で,若い主婦層に絶大な人気を誇る雑誌ですが,ほとんど建築家住宅などは扱いません.
でもなぜかうちの住宅は昔からよく載せて頂いていて,数年前には誌上コンテストの審査員まで務めさせて頂きました.う~んなぜか相性いいみたいです.なんか不思議.


11. 07 / 04

RIVER HOUSE

author
sekimoto

category
> 建築・デザイン



昨年9月に竣工したRIVER HOUSEを先日ようやく撮影させて頂きました.
(撮影:後関勝也|バウハウスネオ)

川沿いに建つこの住宅は,敷地わずか18坪,延床面積でも25坪ほどの狭小住宅ですが,二層の吹抜けと変形した土地形状により奥行きと高さ,そして外へとつながる開放感を獲得しています.

場所は浦安ですが,幸い先の震災でもほとんど被害を受けませんでした.
前面に公園がありまだ工事中なのですが,こちらが整備されると広い”庭”もできる予定.狭くてもすべてを逆手にとって,広々した生活空間を獲得した好例だと思います.特に夜景がきれいで,最近では近所の”名所”になっているとか.

また近々作品集にもアップの予定です.お楽しみに!



 

11. 07 / 02

SPH

author
sekimoto

category
> 仕事



今日は午前中,和光市で進行中のH邸のプレゼンテーション.
新しい開発地で手がかりの乏しい敷地の中で,鍵となりそうないくつかの条件を拾い上げて形にしてみました.

Hさんご夫婦は震災の前よりご相談を頂いていたクライアント.この震災の影響で計画の延期が相次いでいた中で,Hさんご夫婦からは「まったく揺らぎません」との心強いお言葉を頂き,不安でいっぱいだった時期に救われた気がしました.

タイトルのSPHに隠されたヒミツ(?)については,またおいおい.
いくつかの選択肢の中で,中庭プランを採用し,大きなテーブルを囲んだ土間ダイニングが家の中心に据わっています.けして大きな家ではありませんが,空間をうまくつなげて開放的な住宅になればと思います.

プレゼンの最後には,家族がもうひとり増えるかもとの嬉しいご報告に,なんだかじわっときました.またひとつ楽しみな計画がはじまります.

[caption id="attachment_1051" align="alignnone" width="345" caption="自邸の中庭でスケールのご説明"][/caption]

11. 06 / 29

モノコト|TEEMA

author
sekimoto

category
> はまりもの



モノコトにTEEMAを追加しました.
左のコンテンツよりどうぞ.

https://www.riotadesign.com/mono_koto