西新小岩で現場が進んでおりましたKOTIがほぼ完成しました。

今回内覧についてはこのブログでは告知を行いません。すでにご検討中の建て主さんや同業の知人の方へはご案内をお送りしておりますが、届いていないという方はどうかご連絡下さい。

さて今日は今週末のオープンハウスの前に、ご都合の悪い方を対象にプレオープンを行いました。


昨日までの静まりかえった空間に人の笑顔がすべりこむと、とても空間が豊かになるように思えます。建て主さんご手配によるソファも座り、空間に生気が吹き込まれたような気がしました。

内部の設えについては、建て主さんとの個別的な解決ですので、私が強く主張したいことはありません。ただ、この住宅で一番やりたかったことは住宅の外側にあります。


昨日、造園家の小林賢二さんに庭を施工頂きました。素晴らしい仕上がりでした。


今回は路地に開かれた庭がテーマでした。土地を囲い込むのではなく、街に土地の一部を譲り渡したような、自ら街の一部に木を植えさせて頂きましたみたいな、そんな場所を作りたいと強く思っていました。

外に向けてベンチを設けたいというご提案をしたときは、不審者が入ってきたらどうしようと少し不安そうな顔をしていた建て主さんでしたが、街に住宅をひらくことの意味を根気強くお話ししてご納得頂きました。


街に住宅をひらくと暮らしは豊かになります。

このベンチに座ってると、いろんな人が話しかけてきたり、昔の縁側みたいにここに座れば井戸端会議もできます。わざわざ家の中を片付けてダイニングに上げなくたっていいんです。

またここで夏は花火をしたり、西瓜を食べたり、工作したり。


子供はこういう場所が大好きです。

今どきの子供の感覚では、こういうベンチにみんなで集まってニンテンドーDSをやっているんでしょうかね笑。健康なんだか不健康なんだかわかりませんが、彼らはそうやってお互いコミュニケーションを取り合っているのでしょう。

だからこういう場所があったら友達も集まるんじゃないかと思うんですよね。そうすると、すっと奥のデッキの扉がひらいてお母さんがおやつ出してくれるみたいな。

大人になったら絶対に言いますよ。うちには縁側があったんだって。そこで遊んだのが楽しかったんだって。


このベンチに座っていると眺めが良いんですよ。南東側に抜けがあって心が和むんです。うちの庭は広いなぁ~って思っていたらそこは自分ちじゃなかったみたいな。公共の路地と隣んちだったみたいな。

だから敷地を囲うこと自体がナンセンスなんです。街に自分の土地の一部を譲り渡すだけで、見返りに街そのものが自分のものになっちゃうんですから。お得でしょ?

今回の敷地はわずか20坪。
20坪だったなんて、たぶん今日来た人は誰も思わなかったでしょうね。


タイトルの「KOTI」というのは、フィンランド語で「home(おうち)」という意味です。houseじゃなくてhome。「うちにおいでよ!」っていう親密な感じ。小さい家だけに、ご家族にとってそんな温かな居場所になったらと思っています。


「さつきの家」のオープンハウスを昨日開催し、無事終了しました。遠方にもかかわらず、多くの方に足をお運び頂きました。ご来場下さった皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

この住宅は建て主の育った家の建て替え計画で、ゆったりとした広い敷地全体を活用する配置計画からはじまり、予算計画、法的な整理に時間がかかりました。そしてなにより既存の環境と建て主やそのご両親の記憶や歴史をどのように留め、継承するかというテーマも大きなものでした。


道路からのファサードは、片流れ屋根を組み合わせたリオタデザイン鉄板のデザインアプローチでまとめています。

外装はガルバリウム鋼板の立はぜ葺き。サステイナブルに建物を次代へつなぐ性能を担保した上で、色も周囲の環境から浮き上がることなく馴染むよう、注意深く選びました。



先にブログでもご紹介した、製作による手作りカーポートと、地面から浮かせた軽やかな妻壁をくぐるようにして玄関にアプローチします。

建物は庭側から見ると「コの字」型の開放的な表情で、軒を深く出し雨から躯体を守った上で、庭に開放的にひらいた作りがその特徴です。



内部のリビングは、基準の床面より40cmほど下げています。これは庭との関係を考え、より直接的に空間と庭とをつなげたいと考えたことと、重心を低く、リビングに落ち着きを持たせたいと思ったことがありました。

一方のダイニングは天井を低く抑え、窓先からはシンボルであるサツキツツジを眺めることができます。


リビングから家具で仕切られた畳コーナー。子供たちがここで遊んだり、勉強したり、はたまた昼寝をしたりというシーンをいろいろ想像しながら作りました。仕切りとなる家具の高さにも工夫を凝らしています。

ここでどんな振る舞いをするかはもちろん家族に委ねられるものですが、ただ「自由にやってください」と突き放すのではなく、家族の居場所を丁寧に作ってゆくことが大切です。それが住宅を設計するということではないかと思いますので。


住宅を貫く15mの廊下。家族の営みを一本の串で串刺しにしたようなこの眺めが、この家を象徴しています。



玄関には既存住宅の欄間を再利用してはめ込んだハイサイド窓と、大きな地窓いっぱいに切り取ったサツキツツジが家族を出迎えます。夜になると、その欄間からの灯りも外にこぼれます。


こちらはトイレの引戸のガラス。ある年代以上の方には懐かしいと思える型ガラスですね。もう新しい住宅には使われませんので、お子さんにはとても珍しいガラスに映るかもしれません。

こういう演出にはデザイン的な意味はなく、理屈を越えて家族の心の”ひだ”と結びつく部分であると考えています。いわば遺伝子のようなものでしょうか。

我が子に自分のアイデンティティの欠片を見いだして愛おしく感じるように、この現代的な住宅が宇宙船のように突如として舞い降りたものではなく、自分たちの記憶や人生の延長線上に継承されたものであるということを、建て主に感じてもらいたいという思いがあります。こういうものの集積が、その家を世界に一つだけのその人だけの家にしてゆくのだと思います。


このお庭もそうです。既存の住宅のいくつかの樹を大切に移植して利用しています。切って新しいものを植えた方がよっぽど楽でしたが、造園家の湊さんにも意気に感じて頂き最大のご協力を下さいました。湊さん、ありがとうございました!


建て主さんは当初設計の相談にいらしたとき、自分たちが設計事務所(建築家)などに設計を頼むなどおこがましいのではないか、という控えめのご発言をされていたのを覚えています。現実的にも、もっと安く早く建てる方法はいくらでもあったはずですが、最後まで悩んで我々との家づくりを選んで下さいました。

時間も手間もかかりましたが、建て主さんの思いには正面から100%お応えできたのではないかと思います。最後に心から喜んで下さり、また何よりご両親がこの敷地が活かされたことに本当に喜んで下さったと聞いた時には、胸が熱くなりました。

社会に対して、住宅を作る以上の素晴らしい”何か”を成し遂げたのではないかと束の間でも思えることは、我々にとって忍耐強く仕事を遂行する上で大きなモチベーションとなります。”仕事以上の何か”をしていると感じることが、我々にとって「建築」という行為なのだとあらためて思います。





見学には過去のOBクライアントさんをはじめ、現在進行中の方、また同業の建築家や工務店、メーカーの方など、みなさんに熱心に見て頂きました。遠方だったこともあり、適度な参加者数で理想的な見学会でもありました。

ちなみに、この住宅の温熱性能はUA値で0.62(W/m2K)となっています。2020年の義務化基準である0.87よりもはるかに高性能な数字が出ていますが、ただ欲を言うともう少し工夫できた点もあり、我々としては今後更なる設計の改善を考えたいとも思っています。デザインと性能との両立は、リオタデザインの今年の大きな設計テーマの一つです。


最後に建て主のOさん。

最後まで家づくりを楽しまれている様子が伝わってきて、またその誠実なお人柄にいつも助けられていました。いろいろありましたが、楽しかったですね!最後までお気遣いを頂きありがとうございます。今後とも、末永いお付き合いをよろしくお願い致します。

埼玉県行田市にて住宅が竣工し、20日にオープンハウス(内覧会)をさせて頂くことになりました。見学をご希望の方は、文末のメールのリンクよりご連絡下さい。

敷地にはもともと建主のご実家があり、既存の玄関脇には立派なサツキツツジや古い祠、また広い庭には大きなモッコクの木など、建主の育った家の記憶や土地の歴史を偲ばせるものが多く残されていました。本計画ではこれらを残し、継承した上で、次代につなぐ新しい家づくりを目指しました。

片流れの屋根を架け、深い軒を出しながら大きく開いたリビングは、庭に開かれた開放的な生活を実現し、一方のダイニングは開口部を低く抑え、既存のさつきつつじへと視線を導きます。家族の生活を水平につなげながら、土地の歴史や記憶、そして環境と向き合った住まいです。


【さつきの家】 O邸オープンハウス(内覧会)

日時:2018年1月20日(土) 11:30~17:00 ごろまで
場所:埼玉県行田市(JR高崎線『行田駅』よりバス)

建築関係者のみならず、一般の方もご見学頂けます。
見学ご希望の方にはご案内をお送り致しますので、ご希望者は関本までメールを下さい。追ってご案内をお送りします。

Email(関本竜太): riota@riotadesign.com


author
sekimoto

category
> openhouse



志木市で進んでおりましたDECO(U邸)が本日引き渡しを終え、その後の内覧会も無事終了しました。内覧会の開催にあたっては、このブログでは告知せず、過去の参加者などに直接ご案内をお送りさせて頂きました。

シンプルなスクエアプランによる木造住宅でしたが、屋根架構を45度に振ることで2階の空間に変化が生まれ、ハイサイドライトからの採光と、窓からの眺望が効果を生んだ住宅でした。

本日のオープンハウスの前に、木曜日にプレ見学会を実施したのですが、熱心な同業者はほとんどそちらにお越しくださったため、本日はむしろ内輪の近しい人にのんびりとご見学を頂くことができました。

また11月頃に竣工撮影を予定しているので、またメインカットはその際にお披露目したいと思います。まずはご来場下さった皆様ありがとうございました。

またクライアントのUさん、あらためてご竣工おめでとうございます!温厚なご主人とチャーミングな奥様のお人柄にいつも癒やされておりました。DECOの空間はUさんご家族そのものだなと思います。同じ志木市民としても、末永くお付き合いをお願い致します!



一昨日、昨日と開催しました「路地の家」のオープンハウスでは大変多くの方々にお越し頂きました。まずは足をお運び下さった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

「路地の家」では細い路地に生まれた小さなオープンスペースを活かした開放的な作りにすること、またただ収容量があるだけでなく、見て楽しめる”見せる書架”としての本棚を作るというのが、クライアントから求められた二つの大きなご要望でした。


前者の路地に開放的な作りにするという点に於いてはプランニングが、後者の見せる書架にあたっては、安全かつ機能的に出し入れが出来るという点に於いて、美観と高い技術的解決とがそれぞれ求められました。

北側玄関側のファサードは、ストイックな切妻屋根とガラス窓、そして玄関扉だけがあります。対照的に、南側路地には大きく開かれ、上部に小さな小窓がアクセントのように付いています。



通常ファサードというものは意図的に作る部分と、”そうなってしまった”部分とがありますが、この住宅のファサードはかなり意識的に、意図的に作られています。

うちの事務所はなぜかグラフィックデザイナーのクライアントが多いのですが、この方達はまず例外なく線の美しさにこだわり、理屈をこねる前に手が動き、こういうものが良いということを直感的に導かれる傾向があるような気がします。

グラフィックデザインで言えば、ある意味窓位置は”文字組み”であり、その大きさは”フォントの級数”みたいなものです。それらが溶け合い、違和感なく”気持ちよい”と感じる状態に落ち着くことが、住まう方の空間の気持ち良さにもつながるような気がします。

前述のグラフィックデザイナーのクライアントが多いという理由は、きっと私自身、とても”グラフィックにうるさい(=めんどくさい?)"人間であるということとも無関係ではないかもしれません笑




リビングの建具を開け放つと、外部と大きくつながります。更に木製の門扉も開け放てば、路地空間とも一体でつながります。オープンハウス時は最高の天気に恵まれましたので、この気持ちよいつながりを皆さんに体感して頂けて良かったです。

リビングは敷地の高低差を利用して床をスキップさせ、玄関側より360mm床を下げています。そのことと併せ、階高を通常より高めの2,910mmにすることで、リビングの天井高を3.2mまで確保しています。

いわゆるこうした住宅密集地で、住宅のリビングを1階に設けると、光が入らず暗く陰鬱な感じになることがありますが、この住宅では開口部を大きく取ったことや、天井を可能な限り高くしたことで、1階であっても明るく開放的な作りにすることが出来たと思います。



一方の書架には、昨日のオープンハウスではクライアント自ら、ご自身のこれまでのお仕事の一部を展示下さいました。これが入ったことで、俄然この空間が引き締まりました。こうしたお仕事を巡っての思考についてもお話が伺えて、とても楽しかったです。



そしてこれがいよいよ目玉の”見せる書架”です。これについては、写真ではなかなか説明しきれないので、以下に動画をアップします。是非こちらで見てみて下さい。

【床パネル開閉動画】

本棚全景(上から)
本棚全景(下から)
可動パネル機構(上から)
可動パネル機構(下から)
パネルを固定する




30~40kgにもなる床パネルの上げ下げには、ガスダンパーという機構を使っています。車のハッチバックなどに使われている機構で、建築に使われることは少ないのですが、今回この機構に出会ったことで、ようやくアイデアが実現に向けて動き始めました。最初に言い出したクライアントですら、本当に実現したことに驚かれていたほどです笑

機構の調整にあたっては、メーカーのスガツネさんにも多大な技術協力を頂きました。こちらもこの場をお借りして御礼申し上げます。



個人的には、この最上部に設けた小部屋が気に入っています。

こういう部屋って、意味もなくワクワクしますよね。色使いにもちょっと遊びを入れたりして、小さなお子さんがいるお宅だと、こういう所で想像力が育まれるような気がします。


あとは随所のこんなスイッチや小物、引手などにも反応された方がいっぱいいらっしゃいました。こういう部分は、我々の趣味というよりはクライアントのご趣味に委ねている部分です。今回こうしたアンティーク系のものがお好きな方でしたので、自由に選んで頂き現場に取り付けて頂きました。

家づくりでは、こういうちょっとしたスパイスの部分もとても重要だと常々感じています。



今回の住宅は、去年入社したばかりの新人・砂庭さんに担当してもらいました。私ですら腰が引けるほどの難しい住宅でしたが、既に退所した山口くんのサポートなども借りながら、最後まで立派に務めあげてくれました。上の写真は、見学にいらして下さった建築家の伊礼智さんに労いの言葉をかけて頂いているところです。

彼女は大学の卒業設計に、こうした街に開かれた住宅のあり方をテーマに選んでいましたので、彼女にとっても建築の理想と現実について学ぶ良い機会になったことと思います。けれども、一方では学生が思い描いた夢物語も、しっかり積み上げてゆけば実際にもちゃんとできるのだ、ということも学んでもらえたかなと思っています。


最後に、今回の素晴らしいお仕事の機会を下さいましたクライアントのOさんには心より感謝しております。最後までドキドキしながら現場監理をしていましたが、最後に心から喜んで下さったことが何よりでした。いつもこの瞬間のために仕事をしていると思える瞬間です。

最後に記念写真をパチリ!
関係者の皆さま、お疲れさまでした。