先週末、売りに出されている「川風の家」の特別内覧会を開催させて頂きました。タカギプランニングさんの主催により、今回は購入希望者向けに開催した内覧会でしたが、リオタデザインのクライアント(OB&進行中)も多く駆けつけて下さり、いつも通りの大変賑やかな内覧会となりました。

おかげさまで終始和やかな雰囲気に包まれたイベントとなりました。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。

肝心の購入希望者ですが、検討中の方が数組という状況で、まだはっきりした買い手はついておりません。引続き入居希望者を募集しておりますので、ご自身や、あるいは周囲に家を探している方などがいらっしゃいましたら、是非ともご検討並びにご紹介頂けますと幸いです。

関連記事: 『川風の家』 が売りに出されます (15.12.23付ブログ)



さて、当日は私も多くの方にこの家の魅力について説明(力説?)させて頂きましたが、あらためて当時の設計ながらによくできた家だなあと感じました。設計者の私が言うのもなんなのですが…。

このブログをご覧の方は、うちの作品ページから入ってゆくと当時の竣工写真を見ることができますが、私も久しぶりに訪れましたが、竣工当時よりもとても家らしく、愛らしい佇まいになっていると感じました。やはり住宅というのは、「家族の器」なのだなとあらためて思いました。

購入検討者には、クライアント自らいろいろこの家の住み心地や、使い勝手やご近所付き合いのことなどを熱心にご説明されていましたが、それらに片耳を傾けていると、どれだけこのクライアントがこの家を愛してやまないかが伝わってきて、私は内心切ない思いでいっぱいでした。それはまさに、我が子を里親に出すような思いなのだろうと思います。

ここまで愛されて、この家も幸せだったろうと思います。次に住み継いで下さる方は、是非ともこのクライアントと同じくらいの愛情をこの家に注いで下さる方であって欲しいと願うばかりです。



実はこの日は内覧会の前に、アサイチで新座市に去年竣工した「はねだしテラスの家」の竣工写真撮影があり、そちらにも立ち寄らせて頂きました。

うちは竣工写真撮影はなるべくご入居後に行うようにしているのですが、それは前述のように、住宅は「家族の器」であるという考えがあるからです。

生活感が出てしまってすみません、とこの日も冒頭にクライアントから謝られてしまったのですが、まさにそれが私の狙いなのです。そして案の定、こちらの思惑通りにとてもイイ感じに室内空間も”育って”いました。

で上の写真。カメラマンさんが外を撮りに行ってしまったので、その間ご家族で団らんをされているシーンを隠し撮りしちゃったのですが、なんだかとってもいいなあ、とにんまりしてしまいました。

ご家族にしか醸し出せない空気感、そして壁に貼ってあるお子さんの絵も素晴らしいですよね。もうこれは建築家がデザインできる領域じゃないのです。幸せの光景とでもいうのでしょうか。

「川風の家」にも、そこかしこにそんな光景がありました。大切なのは建築ではなくて家族なのです。けれども、大切な家族が幸せに暮らせる器は、やっぱり幸せな器であって欲しいとも思います。そこにこそ我々の仕事の本当の意義があるのだろうと思うのです。

そんなことを感じた一日でした。
なんだか嬉しいような、切ないような、そんな一日でした。


昨年暮れに、「川風の家」が売りに出される旨の告知をさせて頂きました。
https://www.riotadesign.com/blog/15123.html

その後、大変大きな反響がありました。本気で迷っている方もいるようですが、大きな買い物ですので是非実物を見てご検討頂きたく思います。

来たる1月17日(日)に、タカギプランニングさんの主催にて内覧会を開催致します。本来であれば、購入を本気で考えている方に対して事前の内覧会を設けるという趣旨になるのですが、クライアントさんの寛大なご厚意により、リオタデザイン関係者(家づくり検討中の方・OB施主・友人知人・その他)の方にも、この日は開放して頂けることになりました。

「川風の家」の購入予定はないけれど、この機会に見学させて頂きたい、家づくりの参考にさせてもらいたいという方も、いつものオープンハウスと同じ要領にて内覧会をさせて頂きます。(Kさん、ご理解と多大なご協力をありがとうございます!)


【川風の家】特別内覧会
2016年1月17日(日)11:00~14:00

所在地:埼玉県志木市(東武東上線・志木駅よりバスで10分)

詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/1647463945541103/

[注意事項]
・入居中の住宅となります。内部の備品や家具等にお手を触れぬよう、収納扉などは開けぬようお願いします。
・吹き抜けなど、一部危険な場所があります。小さなお子様をお連れの方は、お手を離さぬようお願いします。

特別内覧会に参加ご希望の方は以下まで。
詳しい所在地などをお伝えさせて頂きます。

・リオタデザイン (担当:関本 riota@riotadesign.com)
・タカギプランニング (担当:野口 info2@t-p-o.com)


先週土曜日、木更津「OPEN-d」のオープンハウスを開催させて頂きました。

遠方であることと、クライアントのご意向もあり、セミクローズでの開催とさせて頂きましたが、多くの方に来て頂きました。足を運んで下さいました皆様、誠にありがとうございました。

平屋の中庭プランというのは、誰しも憧れるプランのひとつです。今回のOPEN-dは、2012年竣工のDONUTのいわばリメイクプランの住宅なのですが、似ているようで内部構成は全く異なります。

この日は元祖DONUTのクライアントや、DONUTからつながった過去のクライアントなどにもお越しいただき、いわばDONUTつながりのオフ会のようでもありました。


今回の家族構成は猫を飼っておられるご夫婦ということで、「ここはどうしてこうなっているの?」という設えの動機付けがほとんど「猫」に収束してしまうような、ある意味個性的な住宅に仕上がりました。

またご主人の趣味である”車”という部分も、今回外せないポイントだったような気がします。愛猫家と愛車家?のクライアント率が(なぜか)高いリオタデザイン。そんなクライアントさんのニッチな心も掴めてきたような気がします。







出来あがった住宅の佇まいは、スケールや開口などどこか非日常感があり、住宅というより美術館か何かが建っているような不思議な建物になりました。

また朝と夕方の表情も異なり、こちらも印象的でした。特に夜に灯りの点った姿はいいですね。東京湾に沈む夕日もガラスに反射してきれいでした。



木更津というと、多くの方から「遠い!」という反応を受けていましたが、埼玉の我が事務所から木更津まで、アクアラインを使うと所要時間は片道1時間半~2時間ほどで、現場監理では意外と近いとも感じました。

ただ、東京湾を渡っただけなのに、いろんな意味で文化の違い?や気候の違いも感じました。幸いにして理解のあるクライアントと、信頼の置ける工務店さんと出会うことができ、良い仕事を残せたような気がしています。

クライアントのHさん、そして小島建設の担当長谷川さんには、この場をお借りして御礼申し上げます。最後までありがとうございました!


昨日は秋晴れの中、「暁の家」オープンハウスを無事開催させて頂きました。多くの方に足をお運び頂きまして、誠にありがとうございました。

一部外構が間に合っていないところもありましたが、現場も一生懸命追いつけて下さいました。実は先の鬼怒川決壊による浸水被害の対応で、工務店も職人が取られてしまい、最後の追い込みが難しくなってしまった中での作業でした。

昨日来れなかった方のために、以下ダイジェストにてご紹介したいと思います。


まずはじめに。以前ブログでも謎かけをしていた金物ですが、正解はこちらのカヤックを掛けるためのものでした。これ、ありそうでなかなか適当な金物がないのです。

アウトドアが好きなクライアントの持ち物のひとつにカヤックがあったのですが、これをどこに置いたら良いか迷った挙げ句、この家の顔にしてしまおうと決めました。玄関脇の木の壁はこのためのものでした。金物はクライアントのお手製。すごいです。


次にこの家のハイライトのひとつ、高い吹抜け空間です。左に見えるのはキャットウォーク。そして天井は構造あらわしで仕上げています。


上下の関係でいうとこんな感じ。下階にキッチンがあり、吹抜けを介してすべての空間がつながります。2階の廊下に面して子供の個室があり、左奥にはスタディコーナーがあります。

アイランド型のキッチンにはカウンターチェアがあります。ここでご主人が奥さんとおしゃべりしながら一杯やるのだそうです。家で呑むお酒がますます美味しくなりそうですね。


この住宅のクライアントさんは、細部に至るまで自分たちの生活イメージを何度も反芻して、事細かにご要望を出されました。

ご主人は家づくり中も、毎晩晩酌をしながら図面をめくるのが楽しみな日課だったとか。いやはや頭が下がりますが、設計者としては少し恐い気もします笑


キッチンから、外部のパーゴラテラスに繋がる眺め。私はこのつながりの空間がこの家で一番気に入っています。

ナナメに切り取ったFIX窓はちょうど真東に向いていて、繁みの向こうから昇る朝日を受け止めます。キッチンからがベストポイント。開放的な気分で朝を迎えて頂きたいと思っています。


デッキにはハンモックが下がります。この家にはあちこちに、こんなハンモックが吊せる場所が用意されています。

庭に植わっているのは玉りゅうです。猫の足を汚さないように、またリードが草木に絡まないようにとの配慮から植えられました。びっしりと伸びるには3~4年ほどかかるそうです。


こちらはタニタハウジングウェアの新しいくさり樋「ensui」。

当日はタニタ社員さんもたくさんいらして下さいました。そして激写&檄萌え。まるでアイドルの撮影会のようです笑。タニタ社員の”愛”を感じます。


玄関の奥には土間収納と、さらにその奥にご主人の書斎があります。下足入れの上に見える窓は開閉式で、ご主人のお仕事の様子が見えるとともに、家族からの差し入れが届けられるはずです。(たぶん?)


トップライトのある子供部屋。広さは4畳半ですが、十分なスペースです。

隣接するお姉ちゃんの部屋には外を眺められる窓があります。こちらの部屋は外が眺められない代わりに、星空が眺められるようにしました。でも、なぜかこちらの部屋の方が人気があります。お姉ちゃん、ごめんなさい。


この日も、オープンハウス終わりにクライアントとちょっとしたプチ打ち上げがありました。この日はクライアントのお宅が近かったこともあり、お料理などもお持ち込み下さいました(とっても美味しかったです)。私は残念ながら運転があるのでノンアルコールで…。

この日クライアントはしみじみと「家づくりを楽しみ尽くした」とおっしゃっていました。また「いい家だなあ…」と何度も噛みしめるように呟いておられたのも印象的でした。

設計中には熱心にショールームに通い、現場が始まればほぼ毎週のように足を運んで下さいました。現場から一緒に花火を観たこともありました。苦難もありましたが、それらを含め、まさにプロセスを楽しみ尽くしたようなクライアントさんでした。

こういう方は設計事務所に頼んでトクをする方かもしれません。我々としても大変嬉しく、また心から満たされた気分になりました。


そして最後に思わぬサプライズが。
なんと、特製「RIOTADESIGN」の焼きゴテ!!


いやはや、こんなプレゼントは初めてです。

ちなみにこのロゴはどこから取ったのかと聞くと、請求書のロゴからだと。う~ん出しておくものですね、請求書は笑。これからは、バンバンこのコテで設計した家に署名をしてゆきたいと思います!(うそです。ご希望の方はおっしゃってください笑)

Sさん、本当にありがとうございました!!
まだ引渡しが残っていますね。引続きよろしくお願いします。


さて今月のオープンハウスは柏です。

車通りの激しい国道から少し入った敷地周辺には、里山とも呼ぶべき手つかずの自然が残されていました。真夏でもそこだけは風が止むことはなく、体感でも2~3度は涼しく感じられるほど。そんな敷地の持つ環境を最大に活かした住宅です。

少し高台となっている家の窓からは、数キロ四方の景観を見渡すことができます。月見テラスからは中秋の名月を、パーゴラデッキからは柏の大花火を望み、東から昇る朝陽は東西に配置した家の中を貫いてゆきます。

内部にはご家族4人と、ペットの猫たちが共に楽しく暮らすための細かな設えを随所に散りばめました。自然をこよなく愛するご家族のための、自然と共生する家です。

また、当日はタニタハウジングウェアさんの新製品のくさり樋ensui もご覧頂けます。タニタプロジェクトと称して、過去にも何度か”ネタ”にさせて頂きましたが、一部のアタッチメントについて弊社と共同制作させて頂きました。


【暁の家】オープンハウス(内覧会)
日時:2015年10月18日(日) 11:00~17:00 ごろまで

☆建築関係者のみならず、一般の方も自由にご見学頂けます。
☆お引渡し後の内覧会となります。小さいお子さんをお連れの方は、お渡しする手袋着用の上どうか手を離さずご見学下さい。
☆近隣の方のご見学はご遠慮ください。

場所:千葉県柏市
JR・東武野田線『柏駅』よりバス、または徒歩で約30分


見学ご希望の方にはご案内をお送り致します.関本までメール下さい.
riota@riotadesign.com

★★★
さて、竣工まで残りわずかとなった現場をちょっとだけ実況中継…。


まずはこちら。
これだけを見た人は訳がわからないと思いますが、私はこのカットがこの住宅の特徴を実に良く表しているように思っています。ラフすぎず、きれいすぎず、木質感がとてもよく映えています。

左隅に棚板のようなものがシナベニヤの中に貫通していますが、ここからは猫がニャーと顔を出す仕掛けとなっています。このような細工が家中の所々に仕掛けられていて、今から猫たちがこの家をどう住みこなすのかとても楽しみです!

あ、忘れていました。人間もです。


今回、内部と広がりのある外部をどう繫ぐかという試みの中で、手法としてはベタですが、パーゴラを作りました。パーゴラ、すごくいいです!

特にダイニングの中から眺めた感じが部屋がもう一つできたような感じで、まさに室内でもなく屋外でもない中間領域。これからうちの設計で定番化してゆきそうな気配すらあります。


クライアントと一緒に選んだタイル。とってもきれいです。色違いのタイルが洗面所にも張られています。イメージはアールトがデザインしたテキスタイル「SIENA」です。


最後に、これは何だと思います?
これこそが、この家のアイコン。最初のプランニングの時から、これだけはやりたかったことでした。

適当なパーツがなく、とうとうクライアントがご自身で角パイプを溶接し、焼き付け塗装までして自作されました。すごすぎます。この答えは、どうか現地でご確認ください!

3 / 9« First...234...Last »