author
sekimoto

category
> NEWS
> 仕事



我々が設計し2007年に竣工した「空の家」という住宅が、諸事情により建主さんが手放すことになり、建築家住宅手帖さんの仲介により売り出されることになりました。

「空の家」は東武東上線の上福岡駅と新河岸駅の中間地点にあります。線路際に建っており、東上線に乗って川越方向に向かっていると「あっ」という感じでいきなり現れるので、もしかしたら「あの建物か!」とご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

2007年というと、私の自邸OPENFLATと同じ年の竣工で、内部仕様のいくつかは当時の私のマイブームにより、私の自邸と同じような作りになっているところもあります。

ところが違うのはその維持管理ぶり。久しぶりに訪問させて頂いて、我が家との比較で心から反省せざるを得ませんでした。そのくらい美しく住みこなして下さっています。

本当に愛情溢れる建主さんで、この家を売ることになった時には、涙ながらにお電話をくださり胸が締めつけられる想いでした。だから、この家を住み継いで下さる方には良い形でお渡ししたいと思っています。

ただ単に売りに出したら、あっという間に更地にされて、建物の価値なんて解体工事が必要な分だけマイナス評価にしかなりません。建築家住宅手帖さんの深いご理解に心より感謝致します。この建物を含めて、心から気に入って下さった方がどうか現れますように!

◾️空の家(2007年竣工) 3,100万円 (2022.5.3現在)

建築家住宅手帖
https://archi-techo.com/architects/15?fbclid=IwAR0oOULbrAIsDjMHC89ll0t5LfKzYIfBggfgZd4YrtcX0e-5fw2n0i8xq0g


木材企業の野地木材工業(のじもく)さんより、Youtubeで新しいコンテンツを始めてみませんか?というお誘いを頂きました。

今から2年ほど前に、同じくのじもくさんからのお声がけで、建築家の伊礼智さん、小谷和也さんと木の話をオンラインで語るというセミナーがあったのですが、今回は特に木の話しばりではなく、ざっくばらんに日頃考えている本音ベースの話(雑談)をして頂きたいとのこと、、。

セミナーを頼まれて、キチッとスライドを流しながらやるセミナーは慣れていますが、当日はフリートーク一本勝負ということで、かなりドキドキしています。こんなの本当に成立するんですかね?YouTubeとか私にはよく分からない世界です。ともあれ、住宅設計業界の松本人志こと伊礼さんと、同じくトリックスターの小谷さんがいるのでなんとかなるでしょう!?

ゆるい感じでやるので、オチとか別にありませんので!(たぶん)事前にご了承下さい。お時間ある方は是非ご視聴下さい。


■ 野地木材工業プレゼンツ オンライントーク番組
「建築家たちの飲まずにいられない話」
(全10回)

第1回目
4月21日(木) 19:00~20:00  YouTube liveにて生放送
https://youtu.be/bMK8JU7xG2s

.
~以下はのじもくさんによる紹介文です~

「のじもく酒場」の常連客である伊礼さん、関本さん、小谷さん。
建築の話、デザインの話、昨今の住宅業界事情、お互いの近況から思い出話まで。
普段なかなか聞けないことをお酒の勢いで追求していく新感覚You Tube LIVE。
ちょっとマニアックな話もこの店では聞き出せるかも・・・?

毎回ふらっと店に立ち寄る、彼らの建築仲間にも注目です。
第一回目 4月21日は、鹿児島の工務店 ベガハウスの大迫学さんが来店。

詳しくはこちら↓↓
https://www.nozimoku.co.jp/2022/04/17/post-4504/

.
【出演者】
伊礼智/関本竜太/小谷和也
第1回ゲスト:大迫学氏(ベガハウス代表取締役)

進行:野地木材工業 野地伸卓・野地麻貴
※配信時間は1時間ほどを予定しております。

仙台にある東北工業大学さんからのお声がけで、オンラインセミナーに登壇させて頂くことになりました。対象は現役の学生さんをはじめ、外部の一般の方も誰でも参加出来るとのことです。ご興味ある方は是非ご参加下さい!


東北工業大学 Lecture for young architects
テーマ『人とつながる・街とつながる』

日時:12月18日(土)14:30~16:00 (ZOOM入室は14:15~)
会場:オンライン(ZOOMミーティング使用)
定員:200名
参加費:無料
対象:すべての方

・申込みフォームは >こちらより
・詳細は以下のページをご覧下さい。
https://www.arch.tohtech.ac.jp/news/post-13030.html


住宅をつくる仕事は、そこに住まう人の生活の器をつくる仕事であると同時に、街の一部をつくる仕事でもあります。住まい手の使い勝手や環境を考える家政学的な側面も持ちながら、じつは都市計画的なスケールにもつながる設計領域でもあるのです。人とつながり、また街とつながる家とはどういうものなのか。実例をもとにお話しします。

また北欧フィンランドでの留学生活を通じて学んだことや、日本の建築や大学教育との違いのようなこともお話ししたいと思います。



一昨年に刊行されました建築知識2019年7月号にて、「木造住宅できるまで図鑑」というタイトルで弊社設計「路地の家(2017)」ができるまでの現場プロセスを一冊まるごと特集をして頂いたのですが、こちらがこのたび書籍化されることになり、本日その見本誌が届きました。

詳細図解 木造住宅のできるまで|関本竜太著
エクスナレッジ・8月23日ごろ発売予定(予約受付中!)
https://www.amazon.co.jp/dp/476782916X/

中身は先の建築知識の内容とほぼ同じなのですが、判型がひとまわり大きくなり、またオールカラーで大変見やすくなりました。また、追加で各所にコラムや板金のちょっとした納め方など、内容を大幅に加筆させて頂いています。

ちなみにまだ発売前で、書店発売は8月23日ごろの予定です。


内容は設計者が現場監理のために知っておかないといけない内容から、「それ設計者が知ってる必要ある?」というようなものまで網羅した一冊になっています。

しかし案外図面を描いていると、ここってどうやって作るんだろう?とか、壁と天井はどちらを先に施工するのだろう?とか、意外とつまらないことで設計の手が止まってしまうことがあるものです。

本書はそんな施工プロセスを一つの住宅を軸に、コマ送りするように通しで見てゆけるので、初学者から中堅の設計スタッフさんまで、幅広く木造住宅の現場を学んで頂けるものになっていると思います。発刊されましたら、どうかお手に取ってみて下さい!




2019年に埼玉県新座市で竣工した「扇の家」という住宅が、『渡辺篤史の建もの探訪』にてオンエアされることになりました。

中庭を持ち、愛猫や趣味のバイクと共に暮らせる家です。今週の土曜日(7月3日)です。早朝の放送なので、どうかタイマー録画してご覧下さい!

ちなみに私は撮影には立ち会っておりましたが、感染予防対策ということでランチシーンには登場しません。あしからず!


『渡辺篤史の建もの探訪』 扇の家(木村邸)

テレビ朝日系列 (以下は首都圏のOA日程です)
7月3日(土) 午前4:30~5:00
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

※首都圏以外の地域のオンエア日は以下をご覧下さい
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/onair/


扇の家 (これまでの仕事)
https://www.riotadesign.com/works/19_oogi/#wttl

.