一昨年に刊行されました建築知識2019年7月号にて、「木造住宅できるまで図鑑」というタイトルで弊社設計「路地の家(2017)」ができるまでの現場プロセスを一冊まるごと特集をして頂いたのですが、こちらがこのたび書籍化されることになり、本日その見本誌が届きました。

詳細図解 木造住宅のできるまで|関本竜太著
エクスナレッジ・8月23日ごろ発売予定(予約受付中!)
https://www.amazon.co.jp/dp/476782916X/

中身は先の建築知識の内容とほぼ同じなのですが、判型がひとまわり大きくなり、またオールカラーで大変見やすくなりました。また、追加で各所にコラムや板金のちょっとした納め方など、内容を大幅に加筆させて頂いています。

ちなみにまだ発売前で、書店発売は8月23日ごろの予定です。


内容は設計者が現場監理のために知っておかないといけない内容から、「それ設計者が知ってる必要ある?」というようなものまで網羅した一冊になっています。

しかし案外図面を描いていると、ここってどうやって作るんだろう?とか、壁と天井はどちらを先に施工するのだろう?とか、意外とつまらないことで設計の手が止まってしまうことがあるものです。

本書はそんな施工プロセスを一つの住宅を軸に、コマ送りするように通しで見てゆけるので、初学者から中堅の設計スタッフさんまで、幅広く木造住宅の現場を学んで頂けるものになっていると思います。発刊されましたら、どうかお手に取ってみて下さい!




2019年に埼玉県新座市で竣工した「扇の家」という住宅が、『渡辺篤史の建もの探訪』にてオンエアされることになりました。

中庭を持ち、愛猫や趣味のバイクと共に暮らせる家です。今週の土曜日(7月3日)です。早朝の放送なので、どうかタイマー録画してご覧下さい!

ちなみに私は撮影には立ち会っておりましたが、感染予防対策ということでランチシーンには登場しません。あしからず!


『渡辺篤史の建もの探訪』 扇の家(木村邸)

テレビ朝日系列 (以下は首都圏のOA日程です)
7月3日(土) 午前4:30~5:00
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

※首都圏以外の地域のオンエア日は以下をご覧下さい
https://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/onair/


扇の家 (これまでの仕事)
https://www.riotadesign.com/works/19_oogi/#wttl

.

7月に私が登壇する北欧建築のオンラインセミナーがありますので、以下共有させて頂きます。ご興味ある方は是非ご参加下さい!(すでに参加申込みが300名を超えました)


昨年秋に開催し大きな反響を得ましたJIA住宅部会主催のオンラインセミナー「北欧 アルヴァ・アールトを巡る旅」の第二弾を、このたびSADI北欧建築・デザイン協会との共催にて開催致します。

前回の開催ではアールト自邸、マイレア邸、サウナッツァロ村役場といったアールトの名作を紹介させて頂きましたが、今回は前回紹介しきれなかったアールト建築に加え、近代~現代のフィンランドが誇る名建築についてもご紹介します。

また後半は、フィンランド在住の遠藤悦郎氏(SADI海外会員)ともつなげてリアルタイムによるリモート建築案内(セイナヨキ)も予定しています!


オンラインセミナー

『北欧アルヴァ・アールトを巡る旅 Ⅱ
~アルヴァ・アールトとフィンランドの名建築を巡る旅』


ガイド役 
関本 竜太 氏 (建築家・SADI理事/JIA住宅部会副部会長)
遠藤 悦郎 氏 (グラフィックデザイナー・SADI海外会員)

日時:2021年 7月7日(水)18:30~20:45 (ZOOM入室 18:15~)
会場:オンライン開催(ZOOMウェビナー使用)
参加費:無料
定員: 500名(事前申し込み制)

★詳細は以下より
https://sadiinfo.exblog.jp/30549990/


以前より告知させて頂いておりましたが、拙著『伝わる図面の描きかた〜住宅の実施設計25の心構え』が本日発売となりました。

『伝わる図面の描きかた〜住宅の実施設計25の心構え』
関本竜太(著)|学芸出版社
>> AMAZON

どんな内容の本なのかというのは、前回の告知やアマゾンなどの説明にもありますので省きますが、ここでは手元に届いた本をもったいぶって”チラ見せ”してみたいと思います。

まずは目次から。


こんな感じで、伝わりにくい実施設計における要になる考え方について、25章に分けて解説させて頂いています。なるべく説教臭くならないように、たとえ話などを交えて私なりに分かりやすく解説したつもりですが、伝わるでしょうか?

私のいつも書いているこのブログが、そのまま本になったような感じで読んで頂けたらと思います。



また編集担当の松本優真さんにリクエストしたのは、コラムページを充実させたいということでした。

とにかくこの手の本はムズカシイ「教科書」的なものになりがちです。所々でひと休みできるような場所を作りたいということで、私の仕事の考え方や、日頃思っていることなどをコラム形式でまとめてみました。同業以外の方でもなるべく楽しく読んで頂けるよう、がんばって6本も書きましたよ。



そしてこちらはお約束。カバーを外すと…水玉表紙になっております笑(前著の「おもてなし住宅のつくり方」もカバーを外すと水玉表紙)。しかしただの水玉じゃなくて、「図面の描き方」になぞらえてひとひねりしてあります。ディテールにも手を抜いていませんよ。

カバーをどう見せるかというのはとても大事な問題です。住宅なら内部はたとえ機能的に美しく作られていたとしても、街に向けた顔(ファサード)が整っていなければ、やはり人には伝わらないと思うからです。編集担当の松本さんには「美しい本でなかったら出す意味がない」とすら伝えていましたので笑、相当プレッシャーを受けて悩まれたと思います。

今回の装丁は美馬智さんによるものですが、案を見た時はこの写真を使ったか!という感じで意表を突かれました。とても良い感じに仕上げていただき、大変満足しています。こういう感覚は大事ですね。

カバーは写真版でもカバーを外した水玉版でも、どうかお好きな表紙でお楽しみ下さい!


事務所には約一週間ほど前に届いてスタッフにも配りました。

本の内容はいつも事務所のスタッフに言い聞かせていることばかりで、こんな”関本のお小言集”みたいな本をスタッフは開くのも苦痛だろうなと思っていたのですが、帰りがけにみんなから「サインしてください」と差し出されて、ちょっと内心ほろっときてしまいました。まぁスタッフなりに気を遣っているのでしょうが、、。

どうか皆様のお手元に届きますことを祈っております!あ、ちなみにポチッとしないと届きませんので、こちらは念のため申し添えておきます。

>> AMAZON
 



さて、そんな本書の刊行を記念した【刊行記念オンラインセミナー】を行います!


■「設計者×工務店の本音トーク~住宅のゲンバをめぐる建築夜話」
関本竜太×初谷仁(大和工務店)
『伝わる図面の描きかた』(学芸出版社)刊行記念

日時:3月23日(火) 20:00~22:00
会場:オンラインによるリアルタイム配信
詳細・お申し込み:
http://bookandbeer.com/event/20210323_zumen/


筆者(わたし)によるブックレビューや、本書の題材となった住宅「KOTI」とはどんな家なのか設計者の視点からご説明させていただくのに加え、後半はKOTIの施工を担当してくださった大和工務店の初谷仁さんにもご登壇頂く予定です。

普段建築を語る時に、設計者がさも自分一人で建てましたみたいに語るのってどうなんだろう?と思っていました。ここはひとつお手紙(図面)の返信をもらうような気持ちで、作り手(施工者)と膝を交えてお互いのホンネを語り合いたいと思います。【設計者x現場監督】という史上初?のクロストーク、どうかお楽しみに!


申し訳ありませんがセミナーは有料となっております。サイン入り書籍付きのチケットもあり、こちらだと少し割安になるようです(ただし書籍はイベント後の発送)。当日参加できなくても、申し込んでおけば二週間のアーカイブ視聴が出来るようです。

本を読んで興味を持って下さった方は、是非こちらもご参加頂けると嬉しいです!

フィンランド時代からの友人デザイナーである梅田弘樹さんがテレビに出るというので、少し前から仲間内で話題になっていたのだけれど、とうとう「梅田弘樹、新聞に載る」である。今晩のオンエアです。(BSプレミアム23:15〜)

梅田さんは、一昨年クローズした吉祥寺のカフェmoiのオリジナルカップ&ソーサーもデザインして下さったプロダクトデザイナー、今ミシン男子そして大学教授という異色の経歴のヒト。楽しみです!