author
sekimoto

category
> 生活



行きつけのグリーンショップのひとつであるオザキフラワーパークが、年に一度の会員セールを開催中ということで、もういい加減家の中にはこれ以上グリーンが置けるスペースなどないというのに、我慢できずに出かけてしまいました。

「見るだけ見るだけ」と自分に言い聞かせながらも、案の定見るだけなどできるはずもなく、結局小さなシェフレラをひと株だけ買ってしまいました、、。

ところで、皆さんはどうやって観葉植物を選んでいますか?最近では植物選びについて質問を受けることも多くなってきたので、折角なので私流のグリーンの選び方をお教えしたいと思います。


通常はまず売り場に並んでいる植物を見て、自分のイメージや好みに近いものに手を伸ばすことと思います。もちろん正解です。

ただそのまま、陳列しているプラ鉢のまま買って帰る方が意外と多いのがとても残念です。植物を選んだら、必ずそれに似合う鉢も選んで買って帰る。基本的には植物と同じくらい(かそれ以上)鉢にはお金をかけてもらいたいです。

オザキは鉢の品揃えも豊富なので気に入っています。観葉植物の魅力は、植物で5割、鉢で5割だと思ってください。たまに良い鉢に出会うと、7割近く魅力を引き出してくれるときもあります。

ここで私のもうひとつの選び方をご紹介します。

先に鉢を選びます。たとえば先のオザキなどは鉢売り場にも鉢がたくさんありますが、植物のコーナーにもバラで変わった鉢がいくつか並んでいます。私はだいたい、いつもこの中から掘り出し物を見つけます。

この日もありました。このタイプの鉢を見るのは初めて。側面の釉薬が個性的でイイ感じです。



すでに売れてしまったのか、売り場にはこれひとつしかありませんでした。値段を見ると1,320円。鉢は、高そうに見えても小型ならだいたい1,000~2,000円くらいで買えるものがほとんどです。まずはこちらを買い物かごに入れます。

次に、この鉢に似合う植物を探します。「植物→鉢」ではなく「鉢→植物」の順に選ぶ。そうすると、個性的な鉢の魅力を植物が相乗効果のように引き出してくれます。

植物を選ぶポイントはとにかく「個性的であること」。

同じ品種でもその樹形や大きさは千差万別です。普通にバランス良い樹形のものを選んでも良いのですが、私はその逆のものを選ぶことの方が多いです。思わず笑っちゃうようなインパクトのあるものや、つっこみを入れたくなるようなアンバランスさなど、とにかく「普通じゃないもの」を選ぶのがポイントです。

この日は売り場の端っこのほうに、売れ残りのような小さな株が集められた一角がありました。私がこの日選んだのはこんな感じのもの。


植物の名前すら書いてありませんでしたが、葉の形からシェフレラと認識。値段は880円(安い!)。見ての通り幹が横に傾いていて、普通の人はこういうものは手に取りません。そのためか、ずっと売れ残っているようでした。

経験上、こういうものが”化ける”のです。残りものには福がある。ちょうど良い鉢と組み合わせてあげると、ぐっとその背骨が曲がったような”個性”が生きてきます。


こんな感じ。

どうでしょう。まっすぐの木を普通に活けるよりも、動きが出てずっと魅力的に見えませんか?鉢が1,320円、植物が880円。セールで全品2割引だったので、わずか1,760円でこんな鉢が作れます。

これは建築で誰も手を出さないような変形敷地に、ローコストで個性的な住宅を設計するようなものに近い気がします。お金をかけずに、是非「個性x個性」で魅力的な観葉植物を選んでみて下さい!


「3人の建築家が考える暮らしと木のデザイン」【後編】
(小谷和也さんのセミナー+3人のクロストーク分のYOUTUBE動画)
https://youtu.be/UFYKaYasOdM

.
※【前編】(関本竜太のセミナー・伊礼智さんのセミナー分)はこちらより
https://youtu.be/IVD9N8amcCU


前回の投稿にて、野地木材セミナー動画の前編ダイジェスト公開についてお知らせしましたが、今回はいよいよ後編です。後編は、もう一人の登壇者である小谷和也さんのお話と、伊礼さん+小谷さん+私のクロストークになります。

小谷さんはご自身の仕事の紹介というより、私とも一緒に旅行した北欧のこと、アールトの建築のこと、そこから受けたインスピレーションなどについてお話し下さっています。

またその後の3人のクロストークでは、オンラインということや気心知れた3人の関係性も手伝って、つい視聴者の存在を忘れて業界の裏側に迫るようなキワどい話も飛び出しています(本当にやばいところは編集して頂いています笑)。セミナー後のアンケートでもこちらが一番評判が良かったみたいなので、ご興味ありましたらどうか最後までご視聴下さい!



以前こちらでも告知をしておりました、6月24日に開催された野地木材工業主催のオンラインセミナー「3人の建築家が考える暮らしと木のデザイン」について、ダイジェスト版にてYOUTUBE動画が一般公開されましたのでお知らせします。

「3人の建築家が考える暮らしと木のデザイン」【前編】
(関本と伊礼さんのセミナー分のYOUTUBE動画)
https://youtu.be/IVD9N8amcCU


前編と後編があり、今回の前編は私と伊礼智さんのセミナー分となります。小谷和也さんのセミナーと3人のクロストーク分は、また後日後編がアップされる(※)とのこと。ダイジェスト版ではあるのですが、長時間のセミナーだったので、むしろダイジェストでちょうど良いかも?

当日参加できなかった方、ご興味ある方はどうかこちらからご視聴下さい。

-----
※8月9日追記:
後編の動画もアップされました。続きはこちらより↓
https://www.riotadesign.com/blog/200809.html

20. 08 / 02

べた凪と大津波

author
sekimoto

category
> 仕事
> 思うこと


我々のような「アトリエ」と呼ばれる小設計事務所というのは、経営の安定とはほど遠く、これまでの事務所の歴史は自転車操業の歴史でもある。仕事は来ればあるし、来なければない。果たして仕事はどこからやって来るのか?その永遠の問いを考え続けるというのは、どの企業でもフリーランスでも同じに違いない。

仕事はないときは本当になくて、比較的コンスタントにご相談を頂けていたものが、ピタッとべた凪の湖面のようになくなることがある。

それが6ヶ月も続くといわゆる「干された」状態となり、自分には心当たりはないものの、どこか自分の知らないところで炎上していてネガティブキャンペーンが張られているんじゃないかとか、ご相談のメールだけがフィルターに引っかかって届かなくなっているんじゃないかとか、いろいろ考えるものである。

建築の仕事はスパンが比較的長いので、半年仕事が入らなくても先行している仕事をこなしている状態で、外から見れば相変わらず忙しくしているように映っているかもしれないが、事務所の主宰者としては無給油で車を走り続けているようなものだ。給油ランプが点灯したまま次のガソリンスタンドを探している状態というのは、精神的にはかなり追い込まれていて、焦燥感にも駆られる。しかもひな鳥(スタッフ)は口をあけて待っているのだ。

かと思いきや、何のきっかけかはわからないが、設計相談が短い期間に集中して、仕事を受けきれなくなってしまうこともある。我々の仕事のキャパはびっくりするくらい小さい。ピッチャーかと思ったら、実はおちょこだったみたいな。先の干された状態がべた凪なら、今度は大津波である。

これが不思議なもので、示し合わせたように同じ日だったり、連日立て続けに設計相談のメールや電話を頂くこともあり、裏で相談日程を示し合わせているのではないか、私の知らないところで朝のZIPで紹介されたんじゃないかと思うこともしばしばだ。

昔厨房でバイトをしていたことがあったが、注文が示し合わせたように殺到する時間帯があった。不思議なことに午後の2時すぎに急に混み始めるとか。それが過ぎると今度は殺人的にヒマになる。人間のバイオリズムなのかもしれないが、それともよく似ている。

事務所の決算も、ある年は黒字となり、またある年は大赤字になる。税理士さんからは、経営の安定のために大手から下請けの仕事をもらった方が良いと何度も忠告をもらったが、それは駆け出しの頃にやって二度とやるまいと心に決めたのでやるつもりはない。だからこのジェットコースター状態は今後も変わらないのだろう。


ところで今うちの事務所はどういう状態にあるかというと、後者の「大津波」に呑み込まれている状態である。なにがどうした?もしかしたら、私の知らないところで王様のブランチで特集が組まれたのかも知れない。

前述のように、この大波が去ったら次にはまた干されるかもしれない。だから頂ける仕事はありがたくすべて受け入れたいのが本心であるが、我々はAmazonのように商品を梱包して発送する仕事ではないので、とにかくすべてのプロセスに本当に時間と手間がかかるのである。

どの案件にも分け隔てなく、同じだけの時間と労力を投入するので、スタッフの負担を考えても同時進行できるプロジェクトには限りがある。そのため、順番待ちのためにお待たせするということが発生してしまう。

こういう時、経営に嗅覚のある人なら人を増やすのだろう。あるいは支店を増やすとか。しかし私はそれはやるまいと思っている。私は設計が好きでこの仕事を続けているので、自分自身がすべての案件に主軸で関われないとしたら、この仕事を続ける意味はないと思うからだ。

こういうことを書くと、必ず「リオタデザインは忙しくて仕事を請けられないらしい」的な噂が立ち、結果としてまた干される可能性が高くなるのだが、最近頂くご相談に言い訳のようにこうした事情を書き連ねなくてはならないことが続いていて、かなりつらい状況になってきたので、この場をお借りして正直な胸の内について書いてみた。


ということで、ここ最近ご相談下さった皆様にはご迷惑をおかけしております。申し訳ありません、、。どうか干されませんように!





author
sekimoto

category
> 仕事
> 社会


フィンランド在住の友人のSNS投稿で、私も留学中お世話になったヘルシンキの中央郵便局がその業務を終了し、長い歴史に幕を下ろしたことを知った。

通信のほとんどが電子化し、その役割を終えたと言えばそれまでだろうが、それでも手紙やハガキがなくなるわけではないだろうし、メールを使わない人も高齢者を含めてまだ多数いると思う。

実際には郵便局が完全になくなったわけではなく、本局がなくなって支局は残るみたいなことらしいけれど、これは郵便需要が減り続けている日本にもそのうちやってくる(かもしれない)社会の動きともいえる。郵便局のない社会、あなたは想像できるだろうか?


さてこういう動きがあったとき、明日は我が身だと思わなくてはいけない。例えばこのコロナ禍で、昨年までインバウンドだなんだと持てはやされていた旅行・宿泊業界が、このコロナ禍でこれほどまでに打撃を受ける事態を誰が予測しただろうか。

「衣食住」という言葉があるように、この3つは人間が生活をしてゆく上で必要不可欠なものであり、景気に左右されることなく需要があると思われている。しかし、本当にそうだろうか?街にはこのコロナの影響の有無にかかわらず、暖簾をおろす飲食店は跡を絶たない。衣類だって、有名ブランドがある日突然なくなってしまうことだって日常茶飯事だ。

だから、この3つの柱にしがみついていれば生き残れるというのは全くの幻想に過ぎないのだ。そこには他の業界と同じく厳しい競争と淘汰がある。ここで我々「住」の業界についても考えてみたい。


独立して18年が経つ。これまで事務所を続けてきて、ただ単に仕事がないという”存亡の危機”は何度も経験してきたけれど、企業努力ではどうにもならないような、今回のコロナのようにインパクトある災難がこの先あるとしたら、設計事務所にとってそれは何だろう。

ここに恐ろしい資料がある。


引用:NRI 野村総合研究所サイトより https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/0609_1

.
野村総合研究所サイトからの引用になるが、ここには「2040年度の新設住宅着工戸数は41万戸に減少、2020年度は新型コロナウイルスの影響でリーマンショック時を下回る73万戸の見込み」とある。

さらに背筋が凍るものがある。それは「新設住宅着工戸数は、2019年度の88万戸から、2030年度には63万戸、2040年度には41万戸と減少していく見込み」であるという予測だ。

この要因として「移動世帯数の減少」「平均築年数の伸長」「名目GDPの成長減速」が挙げられているが、わずか20年後には新しく家を建てようという人が今より半減するとしたら、我々への影響ははかりしれない。

住宅に求められる構造や断熱などの高性能化への対応や、環境への配慮、オンライン化、減少する職人問題など、我々を取り巻く社会の変化への兆しは確実に訪れている。それを自分には関係ないと距離を置いていれば、あっという間に時代の流れの中に取り残されてしまうに違いない。

これからの設計事務所に求められるものは、少なくとも設計者が設計だけをやっていれば良いというものではなくなるように思う。具体的にそれがどういうものかは私にもわからないけれど、建築家がその職能を越えて他業種と協働したり、架橋したりという動きがより顕著になるのではないか。要は建築馬鹿では生きていけないのである。

これまであることが前提で、当たり前だったものがある時突然なくなる。ヘルシンキの郵便局のように。それは設計事務所も例外ではないと思う。