宇都宮市で進めて参りました「パーゴラテラスの家」を本日お引渡し致しました。着工が昨年の7月末でしたので、工期は結果的に8ヶ月もかかったことになります。またひとつ大きな仕事が終わりました。

この住宅の建て主さんはなんと20代。私にとっても歴代最年少クライアントでした。ブログに載せた立派な住宅の佇まいから、もしかしたら特別なお仕事のクライアントさんだと思われた方もいらっしゃったかもしれませんが、一般企業にお勤めの方です。家づくりにかけられた総費用も、他の住宅とさほど大きな違いがあるわけではありません。

この仕事を長くやっていると、時折このようなとても恵まれた(ように見える)方に出会います。こういう方に共通しているのは、思いがとても強く、そして常にポジティブであること。状況を素直に受け入れ、率直に喜べる方だということかもしれません。

我々との打合せでも、お二人とも我々の小さな提案の数々に毎回小躍りして喜んで下さいました。その姿を見ていると、我々ももっと喜ばせたいという気持ちになってくるのです。こういう人の周りには人が集まります。成功される方の特徴かもしれません。

今日も心から喜んで下さり、関係者一同本当に清々しい気持ちになりました。Kさんのためにお仕事ができたことを、我々も誇らしく思います。


そんな建て主さんのポジティブなオーラに引き寄せられるように、今回の計画には施工、構造、造園と、各業界を代表する豪華な仕事人たちが集まりました。この顔ぶれが一同に会するのは私にとっても奇跡に近いことでした。

中でも施工を担当下さったCOMODO建築工房さんには、本当にお世話になりました。また大変なご苦労もおかけしたことと思います。もともと、COMODOさんは建築家でもある飯田亮さんの主宰する工務店で、我々の設計する住宅を施工だけお願いするというのは少し申し訳ないとも思っていました。

しかし、うちの仕事を是非やってみたい!とおっしゃって下さり、前向きに、積極的に取り組んで頂けたことは本当にありがたかったことでした。いわゆる工務店の施工というより、設計事務所が施工下さっているという感覚で、細部まで我々のこだわりを忠実に実現して下さいました。

中でも現場を担当下さった石川弘樹さんは、COMODOでも設計実務の主軸を担うスタッフさんであるにもかかわらず、おそらくは他のCOMODO案件以上に?我々の現場に張り付いて、実に細やかな対応を続けて下さいました。しかもいつもニコニコと…。石川さんを思い浮かべると、いつも笑顔しか浮かばないというのもすごいことです。あの大変な現場を進めながら、本当に頭が下がる思いです。


あらためて建築をつくるのは人だということ。そのことを身に染みて思います。性能やデザインなどは後からついてくることなのです。今回のプロジェクトを構成するメンバーの、誰一人欠けても今日の日を迎えられなかったでしょう。人との出会いに感謝します。

建て主のKさん、COMODOの飯田さん石川さん、そして弊社担当スタッフの矢嶋くん、みなさまお疲れさまでした!そしてありがとうございました。

またあらためて打ち上げでもやりましょうね。

author
sekimoto

category
> 仕事



築50年の住宅リノベーション。瓦屋根は残して老朽化した軒樋を付け替えています。そんな軒樋工事のためだけに、レジェンド板金職人の新井勇司さんが鋏を握って下さっています。なんて贅沢!

今回は複雑な屋根形状のため、上屋の雨水を下屋に流すための這い樋を設けているのですが、現場に行くと新井さんが特製の這い樋を製作して下さっていました。う、美しい…。

設計上は単に縦どいをそのまま屋根に転がすだけの予定だったのですが。レジェンドはやはりこういう場面でも伝説を残すようです。反りのある軒先もうまく納めて頂きました。やはり唸らされます…。




日々いろんなことがありすぎて、なかなか情報アップがままなりませんが順次上げてゆきたいと思います。

まずは先週末は、宇都宮にて「パーゴラテラスの家」のオープンハウスを実施しまして、遠方にもかかわらず多くの方に足を運んで頂きました。この場をお借りして感謝を申し上げます!今回は特に地元宇都宮の工務店さんやハウスメーカーさんなどが熱心に見学して行かれました。

今回はオープンハウスに向けて建て主さん自ら家具を揃えて下さり、細かい備品などコーディネートもして下さいました。そのセンスが素晴らしく、いらした方もみなさんびっくりされていました。

やはり内部の家具が入ると、空間は2~3割増しに見えますね。あとは生活がはじまって人が入れば完成です!

いよいよ今週末にお引き渡しがあります。施工を担当下さったCOMODOさんにも感謝したいと思います。あと一息、よろしくお願いします!





19. 03 / 22

リンカク

author
sekimoto

category
> メディア
> 仕事



リビングデザインセンターOZONEさんが、OZONEのプロ会員とショールームをむすぶ新しい機関誌「リンカク」を発刊するということで、巻頭記事について取材協力させて頂きました。なぜ私だったのかはわかりませんが…。

題して、
「建築家・関本竜太さんがプロの目でショールームを巡る|Go!Go!OZONE」

当日はOZONE館内にある「暮らしのかたち」から始まり、御用達のROOMBLOOM、SWANTILEをはじめ、ハーフェレ、マルホンなど主要なショールームを尋ねて、「このショールームではココを見ろ!」というのを私の目とコメントで紹介させて頂きました。

日頃なかなかショールームに足を運べずカタログベースになっている自分を戒めると共に、「楽しい!」全開の、とても充実した取材になりました。OZONEの名和さん、ライターの安藤さんにも御礼申し上げます。

この「リンカク」、OZONEのプロ会員をはじめ、エクスナレッジの「建築知識」「ビルダーズ」定期購読者にも発送されるそうです。もちろんOZONEでも手に取って頂けます。

表紙がいきなり私ですみません…。
各ショールームに興味を持って頂けたら嬉しいです。

追記(3/25):
残部がすでに残り少ないようで、OZONEに山積みというわけではないようです…。ご希望の方は私に直接ご連絡下さい。


昨日のJIA住宅部会納会において、記念すべき第一回住宅部会賞に、建築家の渡辺武信先生より「渡辺武信賞」を頂きました。名誉ある賞をどうもありがとうございました!

「より成熟した作品は他に譲るとして、僕は関本さんの住宅が好きだ」と率直なお言葉を賜り、本当に嬉しかったです。

提出したのは「路地の家」で、路地に開くという都市的観点でのプレゼンをしたつもりでしたが、本好きの渡辺先生には、高所の本をいかに取り出すかという仕掛けの工夫がおもいのほかアピールしたようで、個人的には一番力を入れたところを拾い上げて頂いたことが励みになりました。

審査員の皆様、また部会メンバーの皆様にもあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました!