22. 05 / 23

撮影の流儀

author
sekimoto

category
> 仕事



新緑が映える5月は我々にとっては絶好の撮影の季節到来!です。6月の梅雨入りまでに、可能な限り前年に竣工した住宅の写真撮影を重ねてゆきます。

リオタデザインの撮影の流儀は、竣工して数ヶ月経ってからとしています。竣工直後のがらんどうの住宅は、例えれば料理の載っていないお皿のようなものですので。

もちろん中には、料理は盛り付けられずとも、皿単体の美しさから床の間や美術館のガラスケースの中に置かれるようなものもあるでしょうが、リオタデザインのお皿は日常使いのお皿です。そこに盛られた思い思いの料理(生活)とともに記録に残したいと思っています。


今日は昨年竣工の「大屋根の家」の撮影がありました。

「大屋根の家」は”家”という文字が入っているものの、実際には住宅ではなく寺院の増築棟です。こちらは竣工からすでに1年が経ってしまったのですが、諸事情から延び延びになっていた造園工事が先日ようやく完了し、ようやく一年越しの撮影となりました。

撮影はいつもの新澤一平さん。
新澤さんとはもう10年ほどのお付き合いになります。当時は新澤さんも独立したてで、「川風の家」という住宅の撮影をして頂いたのがはじめてでした。

世の中にはいろんな写真家さんがいらっしゃいます。著名な建築家の作品を多く撮っている大御所のような方もいれば、竣工撮影というより雑誌などの取材で編集者さんやライターさんの指示のもと、的確にシャッターを切る方もいらっしゃいます。

とある方の写真が美しかったからといって、自分の写真も同じようになるとも限りません。これは建て主さんと建築家との関係ともよく似ているような気もします。つまりは相性だということですね。


「同じ方向を見ているからといって、同じものを見ているとは限らない」

少し哲学的ですが、私は日常でもそう感じることが多いです。たとえば目の前に撮影してもらいたい建物があったとします。建物の正面に立って、当然こういう画角でこういう絵を撮るのだろうと思っていても、往々にして写真家さんは思い思いの感覚で、「え、そこから!?」という角度で撮り始めることもあります。

その後仕上がった写真を見て愕然とすることも。もちろん、先入観がなければ「これはこれで良し」なのでしょうが、設計者目線から見たら「そうじゃない」と思うこともあります。設計者に要望をすべて伝えて出てきた間取りが、すべて盛り込まれているのに思っていたのと違う、というのとよく似ているかもしれませんね。

新澤さんとの撮影ではそれがないのです。もしくは限りなく少ないと感じます。私が見ている空間の姿を、高い精度で写真に再現して下さる。私のように感覚にシビアな人間にとって、これはある種の奇跡だとすら思えます。

これが私が新澤さんにずっと撮影を依頼し続けている理由です。今となっては、リオタデザインの今のビジュアルイメージを作りあげたのは新澤さんだとも言えるかもしれません。


一方では新澤さんとの撮影において、私がその場に立ち会うことはとても大きな意味を持っています。たった一枚の写真のカットを決めるために、どこを撮るのか、なぜそこから撮るのか、そこを撮る意味は何か、タテイチなのかヨコイチなのか、などなど。現場で対話と吟味を重ねて最小限のカットに納めてゆきます。

中には何十枚も撮って、好きなカットを選んで下さいという方もいらっしゃるようですが、私はそういう撮り方は好きではありません。プランニングにおいても十案作ったので好きなプランを選んで下さいとはしないように。何十案作ろうとも、建て主さんに見せるのは吟味を重ねた一案だけです。

すでにサイトに載せている写真も、前述のやりとりから、これしかないというカットでシャッターを切ってもらっています。すべて意味のあるカットです。竣工撮影はまさに設計者との二人三脚の作業であり、ガチンコ勝負の場といえそうです。

「大屋根の家」の写真の仕上がりもどうかお楽しみに!
今週末以降も撮影は続きます。こちらも天気が持ちますように。

author
sekimoto

category
> NEWS
> 仕事



我々が設計し2007年に竣工した「空の家」という住宅が、諸事情により建主さんが手放すことになり、建築家住宅手帖さんの仲介により売り出されることになりました。

「空の家」は東武東上線の上福岡駅と新河岸駅の中間地点にあります。線路際に建っており、東上線に乗って川越方向に向かっていると「あっ」という感じでいきなり現れるので、もしかしたら「あの建物か!」とご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

2007年というと、私の自邸OPENFLATと同じ年の竣工で、内部仕様のいくつかは当時の私のマイブームにより、私の自邸と同じような作りになっているところもあります。

ところが違うのはその維持管理ぶり。久しぶりに訪問させて頂いて、我が家との比較で心から反省せざるを得ませんでした。そのくらい美しく住みこなして下さっています。

本当に愛情溢れる建主さんで、この家を売ることになった時には、涙ながらにお電話をくださり胸が締めつけられる想いでした。だから、この家を住み継いで下さる方には良い形でお渡ししたいと思っています。

ただ単に売りに出したら、あっという間に更地にされて、建物の価値なんて解体工事が必要な分だけマイナス評価にしかなりません。建築家住宅手帖さんの深いご理解に心より感謝致します。この建物を含めて、心から気に入って下さった方がどうか現れますように!

◾️空の家(2007年竣工) 3,100万円 (2022.5.3現在)

建築家住宅手帖
https://archi-techo.com/architects/15?fbclid=IwAR0oOULbrAIsDjMHC89ll0t5LfKzYIfBggfgZd4YrtcX0e-5fw2n0i8xq0g

22. 04 / 14

新緑が

author
sekimoto

category
> OPENHOUSE
> 仕事



昨日は「石神井台の家」に加藤雅康さんのアトリエの皆さんをご案内。オープンハウスではたくさんの方に見ていただきたいという思いに反して、いらした方に十分に対応できないという悩みがいつも発生します。先週末は手薄な対応で申し訳ありませんでした。

今回は個別案内だったので、じっくりとご案内できたのと、意見交換もできて有意義な時間でした。たくさんの方はご案内できませんが、お互い得るものは大きいような気がします。加藤さん、足をお運びくださりありがとうございました。今後も個別案内を希望される方はこっそりお申し出ください。(こちらのスケジュール次第ですが、、)

先週末にはまだまだだったアオダモも、ここ数日の陽気で一気に新緑が芽吹いてきました!


この土日で開催させて頂いた「石神井台の家」のオープンハウスは、無事終了させて頂きました。2日間に亘ってとても良い天気で、気温も小春日和を通り越してちょっと汗ばむほど。2階の角に設けたインナーテラスは大人気のスポットとなっていました。

石神井台の家は、ビルトインガレージを設けた三層構成の住宅です。南側に隣家が迫ることから、リビング空間は2階に持ち上げ、光をトップライトやインナーテラスから補っています。唯一の眺望の抜けが獲得出来る南西側の角に屋根と網戸のあるインナーテラスを設けました。これからの季節、このテラスは大活躍しそうです。

リビングダイニング空間は、けして広くはない空間ながら、可変収納によって各領域をゆるやかにつなぎ、実際の面積以上にひろがりや奥行きが感じられるような作りとしています。

この日は計画進行中の建て主さんや、いつも来て下さる同業の仲間たちに加え、私の目標とする建築家の先輩方にも多くお越し頂きコメントなどを頂けたことは、大いに励みになりました。皆さま、足をお運び下さいまして誠にありがとうございました!







22. 03 / 31

俺にもできる

author
sekimoto

category
> 仕事



私のiPadには、過去に手合わせした板金職人たちの珠玉の板金ディテール写真が大量にストックされています。棟納まり、縦はぜ端部の折り仕舞い、トップライト周り、などなど。

私は板金職人に図面を渡して伝わった試しがありません。目には目を、板金には板金を。過去のレジェンド納まりをひとたび見せれば、彼らの目が変わります。

それをどうやって納めているのかは私には分かりません。手品を見せられてそのタネに想像が及ばないのと同じことです。しかし手品師には手品師の考えることが手に取るようにわかるようです。

「なるほど、ここで鋏入れているのか」「ここに捨てを入れるんだな」「これはすごいな!」ブツブツ独り言を言いながら。

職人はやったことないことは「できない」と言いますが、一度でもやれば「できる」になります。あともう一つ。人がやったのを見せると「俺にもできる!」と言う人種でもあるようです。