23日と25日にかけて、「高円寺の長屋」のオープンハウスを開催させて頂きました。のべで100名ほどの方がお越しくださり、大変盛況のうちに終えることが出来ました。やはり都内で、しかも駅から徒歩7分というアクセスの良さも良かったようです。

こちらは北側の外観。左が賃貸を予定している部屋、そして右側がオーナー邸(子世帯)の玄関になります。


敷地にはもともとアパートと、その大家さんの家が建っていました。今回はその建て替え計画です。計画のはじまりは2020年の5月でしたので、足かけ3年の計画だったことになります。いやはや長かったような、短かったような。途中計画の中断期間もあったりして、ようやく完成の日を迎えられたことは、我々も建て主さんにとっても感慨深い出来事になります。

計画は計3戸の住宅が立体的に組み合わさりながら、それぞれが独立して道路に面した玄関を持つというのが特徴になります。いわゆる長屋形式の住まいです。


親世帯の玄関は南側に面しています。親世帯は1階部分に平面的に計画されています。

内部は持込の家具が最小限で済むように、また収納効率を最大に上げるため、可能な限り作り付けの収納としています。木塀に囲まれた、小さなお庭を持つコンパクトな住まいです。




一方の子世帯は2~3階に展開しています。玄関は1階にあって、入ってそのまま2階へと上がります。

壁紙やシナベニヤの塗装色は、今回はグレー色に統一しています。建て主さんのお好みからそうしたのですが、とても大人っぽくてクールな雰囲気になりました。個人的にもとても気に入っています!


子世帯は吹抜けのあるリビングダイニングスペースが特徴です。小上がりのスペースがあり、畳座や作り付けのソファなどを組み合わせて多様な居場所を作りだしています。

ダイニングテーブルを造作で造り付けるというのは、ここ最近様々な住宅で試みている設えのひとつですが、床段差と組み合わせることで椅子のいらない生活にできたり、コンパクトなダイニングスペースでも大きなテーブルを置けたりするメリットや、テーブルの下にも収納が作れるのも大きな魅力です。





キッチンは対面式として、ダイニングやリビングとも正対できるつくり。このあたりはかなり定番化してきていて、うちの標準的なキッチンの作りになりつつあります。



ほかにも開放的な洗面スペースと、テレワーク&オンライン会議が出来るコンパクトな書斎の作りも、オープンハウスでは人気を集めていました。




今回の住宅では3つめの住宅、賃貸住宅が最も注目を集めていました。

玄関前のアプローチ部分にはテラス状の通路スペースがあります。想定ではここに自転車を置いてもらったり、趣味のもの(サーフボードなど)を置いてもらうといったことが可能です。

もちろんここに椅子を置いてぼんやり佇みながら本を読むなんていうのも素敵ですよね。



住戸の特徴はなんといっても、この広い土間玄関!

自転車が好きな人なら、ここで週末自転車いじりをしても良いですね。他にもちょっとした日曜大工や、デザイナーの方なら作品を飾って街にアピールするのも良いかもしれません。

玄関扉脇のガラスは透明ですが、ロールスクリーンが標準で取り付いていることや、室内側にもアクリル障子があるので、これでプライバシーの調整が出来ます。冬の冷風対策にもなります。




内部はメゾネット形式になっていて、内部階段により上下階にフロアが分かれています。1階にミニキッチンがあり、2階の奥にユニットバスがあります。上下階あわせて約54m2(16.3坪)ほどの床面積です。

想定としては、単身~3人家族くらいまでの方なら可変的に住める作りです。ですが土間玄関部に特徴があり、外部に対して開放的な作りとなっているため、家で仕事をするような方がSOHO的に使ってもらえると良いかなとも思っています。

1階部分を事務所にして、2階をプライベート空間にするのもアリかもしれません。想像するだけでいろんな生活スタイルが可能で、お店のような作りになっても面白いのかなとか、こちらはオーナーさんのお考え次第でしょうが、是非住みこなしてほしいなと思っています。




また賃貸部には、上記とは別に個人的に込めた思いがあります。

賃貸というと、一時的な住まいであるが故に作り込みはなるべく排除して、建築費を少しでも安くあげるということがあります。水回りも既製品のキッチンや洗面ユニットを置いておしまいというケースですね。

それはある側面では正しいと思うのですが、どうも雑な作りで、入居者の快適性を担保する繊細さに欠けるような印象を持っていました。賃貸であっても、オーナーであっても、生活をするという意味ではそこに求められる快適性は同じであるべきではないかと思います。

この住戸では、キッチンや洗面台は既製のユニットを使用していますが、ひと手間だけかけて、少しでもすっきりと洗練した印象になるように丁寧に設計しました。



たとえば冷蔵庫上にパネルを付けて冷蔵庫上を収納にできるようにしたり、洗面台脇のパネルにちょっとしたナラ材の笠木を付けたり、照明幕板をつけたりといったことですね。

洗濯機上に洗剤置き場を設けたり、ユニットバスのグレードも(差額がわずかなものに)少しだけグレードアップするということもしています。こういうことの積み重ねで、全体にはあまりお金をかけていないのですが、見た目としてはそこそこ高級感のある作りになったと思います。

間接照明のある賃貸住戸というのも珍しいですよね笑。これも大した費用ではありませんがちょっとしたひと手間という意味で、戸建てを長年やってきた我々ならではのディテールだと思います。

こういうストックには必ず良質な入居者が入ります。ここでいう良質な入居者というのは、デザインの意図を理解して空間を大切に使って下さる人であったり、街とつながるようなクリエイティブな生活をして下さる方という意味です。建物前の通りの先には、近い将来に図書館もできるそうです。そうなればこの路地にも活気ある人の流れができあがることでしょう。

数年後の建物周辺の変化にも思いを馳せています。どうか街にも受け入れられる、そして街をポジティブに変えてゆく建物となりますように!

.


写真ご提供:塚本浩史さま、中村健一郎さま、ありがとうございました!

紆余屈折あり我々にとって3年越しのプロジェクトとなった「高円寺の長屋」も間もなく竣工、今週末に施主検査となります。現場はまさにカウントダウン!小林賢二さんによる造園も良い感じに納まりました。

三方を道路に面した敷地に、3つの住戸が長屋状に連なります。うち1戸は賃貸住戸です。2月23日と25日に内覧会を予定しています。高円寺駅から徒歩7分。ご興味ある方はご連絡下さい!


「高円寺の長屋」オープンハウス

2023年
2月23日(木祝) 10:00〜16:00
2月25日(土) 10:00〜16:00


場所:東京都杉並区高円寺南
最寄駅: JR中央線「高円寺」駅より徒歩7分

見学希望の方は、メールよりご連絡下さい。折り返しご案内をお送りします。
info@riotadesign.com

皆さまのお越しをお待ちしております!


以前「建て主インタビュー」という名目で、2017年竣工の[DECO]という住宅の建て主に、家づくりの経緯や住み心地などをヒアリングさせて頂き、その記事をアップさせて頂いたことがありました。

【建て主インタビュー】DECOの場合 (2018.2.11 update)
https://www.riotadesign.com/blog/interview_deco.html

この時はこれだけで終わってしまったのですが、今読み返すと設計事務所で家を建てようという建て主さんにとって、先輩建て主の話はとても役に立つ情報になるように感じました。そこで今後もシリーズ化して、お引渡しをした住宅の1年点検時などのタイミングで、我々の業務上のフィードバックも含めたアンケートを定期的に実施させて頂こうかと考えています。

今回はそんな新装開店【建て主アンケート】シリーズ(続くのか?)の第一弾として、2021年に竣工した「通り土間の家」の建て主さんにご協力を頂きました。公開の許可も頂きましたので以下に共有させて頂きます。




【建て主アンケート】 通り土間の家|2021年竣工

[通り土間の家]
DATA
○家族構成:5人家族/ご夫婦(30代)+お子様3人(0~5歳)※設計当時
○竣工写真:https://www.riotadesign.com/works/21_toridoma/#wttl


■この一年を暮らしてみて

Q. 良かったこと/気に入っているところは何ですか?

家族全員が心地よく暮らせていること。皆それぞれ家の中に好きな場所が沢山あり、集まって団欒したり、1人の時間を楽しんだりしています。

Q. これは失敗だった/後悔しているところはありますか?

気になるところは事前に色々と説明していただきましたので特にありません。

Q. 生活してみて、それまでの生活と変わったことはありますか?

「日々の暮らしがとても豊かになった」と感じています。植栽が季節ごとに姿を変えたり、自邸にくる鳥や虫を眺めたり、土間を素足で歩いたり、庭で採れた野菜を皆で食べたり、などなど・・・色々ありますが五感に響く生活だと感じます。

■リオタデザインについて

Q. 設計事務所で家づくりをしようと思ったのはなぜですか?

私も妻も昔から家に対する希望が沢山あり、将来それを全部叶えてみたいと話していました。また子供たちにとって良いスタート地点となる家を作りたいとも考えていました。既成概念にとらわれず、「家に対して本当に求めている事」についてじっくり話し合ってくれる方が必要だと思い、設計事務所での家づくりを希望しました。

Q. リオタデザインをどのような経緯で知りましたか?

数多の設計事務所HPやハウスメーカーを調べた末に辿り着きました。どの会社さまもHPはみな素敵に仕上げているので選ぶのはとても大変だった記憶があります。リオタデザインさまのHPは心地よい雰囲気でとても優しい印象ですが、その中に職人的なこだわりや頼もしさを強く感じました。またHP内のblogは次々と読み進めてしまう面白さがあり、一度お会いしてみたいと思うきっかけになりました。

Q. リオタデザインに決めた理由は何ですか?

理由はいくつもありますが、
・これまで設計された家がとても素敵だったこと
・最初に描いていただいたデッサンに対して「ここに住みたい!」と感じたこと
・仕事に対する熱意や責任感など、一生住む家をお任せしたくなる方だったこと
・(大変な事も沢山あるとは思いますが)楽しそうに仕事をされていたこと
・建物の快適性や防災性などについてもしっかりと考えてくださったこと
・大事な場面では忖度しない妻が「ぜひ頼もう!」と乗り気だったこと
などなど・・・

Q. 弊社以外に検討した選択肢(ハウスメーカーや他の設計事務所)はありましたか?

沢山調べて話も聞きに行きましたが、具体的な話まで進んだところはありませんでした。

Q. 設計依頼前と依頼後で、印象が変わったことはありましたか?

印象が変わらないことが印象的でした笑
最後まで最初の雰囲気で丁寧に仕事をしていただきました。

Q. 家づくりのプロセスで大変だったことや、印象に残っていることはありますか?

どのプロセスも楽しさや感動の連続でした。設計の段階では、この家族が本当に求めていることはなんだろうかと常に考察していただいているのが伝わってきました。自分達が言葉にした要望だけでは本当に納得いくものはできなかったと思います。

現場が近かったこともあり、作業が開始されてからはほぼ毎週のように様子を見にいきました。上棟時は初めて現した姿にとても感動しましたし、その後も家が生き物のように成長していく姿を見守れたことは今の強い愛着につながっていると思います。

Q. リオタデザインに改善してもらいたい点はありますか?

特にありません。皆様にとても良くしていただきました。

■その他思うことがありましたらなんなりと!

自分達はこうやって生活して、こうやって生きていきたいんだというのを見事に形にしていただいたと思っております。このような出会いは本当に偶然の出来事ですが、私たちはとても運が良かったと思います。共に創っていただいた住まいのポテンシャルを最大限活かせるよう、これからも大切に住まわせていただきます!




[竣工1年を迎えて] ~関本から

建て主のUさんが最初に事務所にいらした時はまだ土地が見つかっておらず、土地探しからのご相談でした。はじめていらして頂いたときご主人のお名前が私の息子と同じで、息子の名前の由来を話すと深く共感して下さり話が盛りあがったのを覚えています。

ご家族の皆さんに共通しているのは「動物好き」「虫好き」であるということ。虫は苦手な奥様も多い中で、Uさんの奥様は昆虫も素手でつかまえてしまうくらい!お子さんがどろんこになって遊んでいる姿も、とても楽しそうに優しく見守る姿も印象に残っています。

そんなワイルドで賑やかなUさんご一家の住まいは、Uさんそのものの懐の深さで、いろんなところに設えた居場所をお子さん方も使いこなしてくれている様子(ダイニングで話していても、家中に響き渡るお子さんの2階を駆け回るドタバタ音、、笑)。

土間コンクリートに入った経年のひび割れもなんのその。すべてを受け入れて日々の発見を楽しみながら暮らして下さっているさまは、1年点検でもこちらにビンビン伝わってきました。なんでも楽しんでしまうUさんご一家に、設計者としても励まされ、そして癒やされました。

どうかご家族の成長とともに育ってゆく住まいでありますように!
このたびはご協力ありがとうございました。


少し前に、うちの事務所の元スタッフでもある柴秋路くん(akimichi design)から連絡がありました。彼が改修設計を手がけた「北鎌倉の舎」が、エクスナレッジから出る新しいムック本に収録されるとのこと。しかも巻頭に掲載になるということで彼もとても喜んでいました。そんな掲載誌が昨日手元に届きました。

『時を重ねる家』
https://amzn.asia/d/iry40HY

この「北鎌倉の舎」は竣工当時私も見学させて頂きましたが、彼らしい美意識に貫かれた、丁寧な素晴らしい仕事でした。本書を手に取ってやはりと思ったのは、彼だけでなくその建て主の美意識も素晴らしいということ。

一般的には、建て主から見たら住まいは設計者のセンスに委ねられると思われがちですが、私からすると建て主は触媒のようなもので、その化学反応によって設計者の能力は何倍にもなりますし、なんなら違う物質にすらなってしまうものです。

引き渡されたのちに、ご自身で手を入れられたというお庭や、置かれている小物すべてに愛着と美意識が感じられ、柴くんは素晴らしい建て主と出会ったのだなと本当に嬉しく思いました。

柴くんはもう10年以上も前にうちに在籍していたスタッフです。出会いは私が手がけたカフェの常連さんだったということから、カフェのオーナーが引き合わせてくださったのでした。

初期の仕事でも彼との協働は数多くありますが、当時最も苦労した仕事のひとつであった築70年超の住宅再生「池上の家」は、私にとってもそうですが、彼にとってもその後改修の仕事を多く手がけてゆく上でベンチマークになったのではないかと思います。その後彼とも「あれを経験したら、もう怖いものはないよね」とよく笑いあったものでした。

うちから独立して事務所を構えるスタッフは多くいますが、彼は早くから”リオタデザイン”から抜けだし「自分らしさ」を確立していったように思います。私は彼を高く評価していましたが、なかなか継続的な好仕事に恵まれずに苦労している様子も見ていましたので、今回の掲載を本当に自分のことのように嬉しく思っています。

うちから独立したスタッフたちは、経歴にリオタデザインの名前を誇らしく冠してくれているようです。
過去にある独立したスタッフからは「しばらくはリオタデザインの名前で食べていきますので、関本さんももっと活躍してください!」と言われて、おまえの実力じゃないんかい!とツッコんだことがあるのですが、これからは「最近活躍している○○って、あれうちの元スタッフなんだよね」と積極的に弟子自慢をしてゆきたいと思います。笑

柴くん、もっと有名になって僕を食べさせてくださいね!

*
柴 秋路(あきみち)|akimichi design
https://akimichi-design.com/

.

昨日のブログ内容とも少しリンクするのですが、最近感じる自身の仕事観について書いてみたいと思います。

私は現在51歳。50代になりたてです。同じく10年前は40代になりたての年代でした。40代から見て50代ははるか先のこと。今の私にとっての60代と同じくらい未来の話でした。

私にとっての40代というのは、仕事も少しずつ安定してきてはいるものの、まだまだ上り坂。まだ見ぬ世界に向かって仕事を積み上げている状態でした。当時の私にとって50代の建築家たちというのは当代のトップランナーたちという位置付けで、とても眩しく、必死にそこに追いつこうとしていました。

ところが自分が50代になってみるとどうかというと、50代というのはなかなか微妙なお年頃だなということに気づくのです。

どう微妙かというと、確かにかつて出来なかったことも、今や出来るようになっています。知らなかったことは、今や知識が備わっています。あの頃お近づきになれなかった人とは、今や親しい間柄になっていたり。なにもかもが、あの時よりも進歩していることを感じます。歳を取るって素晴らしい。出来ないことが出来るようになるってなんて素晴らしいのだろう!と心から思います。

ところがです。理屈の上では「出来ないことが出来るようになっている」のに、実際には少しずつ「出来ないこと」が増えていくんです。それが50代ってやつなんです。それはこの歳になってわかったことでした。

これは体力が落ちたからとか、そういう身体的なことじゃないんですね。成功体験を積み重ねると、失敗ができなくなるってことなんです。

もう少し正確に言うと、失敗できないというより「失敗しなくなる」といったら良いのでしょうか。どうして失敗しなくなるかというと、それまでたくさん失敗をしてきて、どうやったら失敗しないかを身をもって知るからです。失敗することを知っていながら前に進む人はいませんよね。これは電気がビリビリってなる棒を、一度体験したら二度と触れなくなるのと同じことなんです。

もちろん今でも細かいレベルではたくさん失敗はしているのですが、大きな失敗をするかもしれない道は自分でも直感でわかります。だから出来なくなるし、結果として失敗もしなくなるんです。

失敗をしないって、これって良いことなのかな?社会的には良いことでしょうね。でも私の中の直感は、それって良くない!と言っています。そんな人生つまらない!でも失敗はしたくないんです。電気がビリビリする棒はもう二度と触りたくないんです…。

これが私の思う、50代という微妙なお年頃の正体です。

これってどうしたらいいんでしょうね。失敗だらけの若い子にはわからないかもしれませんが、失敗しないって実は怖いことなんですよ。固まりつつある自身の思考回路をどこまで柔軟にしていられるか、追いかけてくる老いとの戦いだなと最近つくづく思います。