11. 12 / 23

HELSINKI 2000

author
sekimoto

category
> 生活



朝コーヒーを飲みながら,そういえばこのマグカップは10年以上も前にヘルシンキで買ったものだったなとふと思い出した.一応アラビア(現イッタラ)製.当時は単なるおみやげ品の一つでしかなかったのに,その後留学した時にも持って行ったし,こんなにも長い間使い続けることになるとは思ってもみなかった.

カップには[HELSINKI 2000]のロゴがある.これは2000年にヘルシンキで開催された都市イベントで,当時僕らは日本から招聘された現代彫刻家たちのアシスタントとして,ボランティアで現地での屋外彫刻制作をお手伝いしていた.

旅費から滞在費から全部自分持ちという信じられない条件だったにもかかわらず,自分たち以外にも6~7人くらいの学生や建築家などが,当時アシスタントとして日本から参加していた.期間は2週間くらいだっただろうか.

そういう僕らも”おもしろそう”というだけで日本から参加した.当時は何も知らなかったのだけれど,参加していた作家は戸谷成雄,土屋公雄,國安孝昌といった現代日本を代表する作家たちばかりで,あの人たちが実はそんなにすごい人たちだったと知ったのは,もうちょっと後になってからだった.

あの時出会った人たちは元気かな?
カップを眺めながら,いろんなことを思い出した.なつかしいな.

[caption id="attachment_3064" align="alignnone" width="560" caption="國安孝昌"][/caption]

[caption id="attachment_3066" align="alignnone" width="560" caption="土屋公雄"][/caption]

[caption id="attachment_3065" align="alignnone" width="560" caption="牧岡一生"][/caption]

11. 09 / 14

イメージ

author
sekimoto

category
> 思うこと
> 生活


はじめてお会いした方には,思っていた通りだったと言われる.
けれども長く付き合った人からは,第一印象と違うと言われる.「意外」だと.

たとえばこのブログではいつもありのままのことを書いてはいるけれど,本当に考えていることや,普段事務所で話しているようなことまですべて書いているわけではない(といっても,そんなヨコシマなことではないですが).

よく「意外」と言われるのは,たとえばどっぷり文化系に見えて学生時代はバリバリの体育会系だったとか(今でも基本的なメンタリティは体育会系だと思う),シリアスに仕事しているときとリラックスしてくだらない冗談を言っている時の差がはげしいとか(初対面ではまず冗談とか言わなそうに思われる),几帳面に見えて意外と机の上はぐちゃぐちゃとか….

そんな姿をスタッフなどにはいつも見られているので,正論を語りながらも我ながら説得力ないなあと思うこともたびたび.ただいかんせんイメージもあるので,クライアントの前ではせいぜいボロを出さないようにしなくてはと思っているのですが….

11. 08 / 17

明日から

author
sekimoto

category
> 生活


やっと夏休みが終わった.「やっと」というのがふさわしい.
そんな長くて暑い夏休みだった.

この休み,子どもと川遊び,テーマパーク,サッカーにプール….もうへとへと.
小学生を子に持つ親は大変だ.もうちょっと大きくなったら,友達同士で行くようになるんだろう.そのときはそのときで寂しくなるのかもしれないけれど.

僕はというと,仕事がオフになると本当に頭もオフになってしまうようだ.中途半端なテンションでどうにも落ち着かない.明日から仕事と考えると少し嬉しい.バリバリいきたい.そんなこと,スタッフ時代は考えたことなかったなと思う.

11. 08 / 02

クランクイン!

author
sekimoto

category
> 生活


[caption id="attachment_1401" align="alignnone" width="558" caption="クランクインの様子・敷島神社(すまいるエフエムサイトより)"][/caption]地元・志木市で映画『武蔵野S町物語』の撮影がはじまりました.
原作は志木市出身の作家・永倉萬治氏の著書『少年時代』を元に,昭和30年代の志木を舞台に描いた物語だそうです.映画は手始めに先月開かれた志木市の夏祭り(敷島神社祭典)の様子から撮影が始まりました.

確かに志木市は新旧入り交じった街で,駅前の賑わいとは別に,敷島神社や下町のあたりには,時代から取り残されたような懐かしい風景が今なお残されている不思議な街ではあります.

とまあ,このように書いてもほとんどの人は興味を持たないでしょうね.

実際僕も映画の話を聞いても,そんなローカルな映画誰が見るんかいなと思っていましたし,きっとキャストは無名の俳優さんで,自主制作かなにかで公民館とかで上映するのかなくらいに思っていたのですが,主演に大杉漣と宮崎美子と聞き,えっと思いました(失礼な想像をしてごめんなさい!).

今朝の朝刊にはクランクインのニュースと共に,宮崎さんのコメントも載っていました.
「志木の空気にゆったり乗っかればいいと思う」

宮崎さんの口から「志木」という言葉がこぼれたこと自体が事件です.
映画は来春公開予定だそうです.楽しみ!

『武蔵野S町物語』公式サイト

11. 07 / 20

ゴーヤ,その後

author
sekimoto

category
> 生活



事務所のグリーンカーテン計画.
ここにきてゴーヤがぐんぐん伸びて,ようやくネットの上まで届きました.

ところが5月に種から植えたのですが,その多くが虫にやられてしまい,生き残ったのはわずか数株.でもさすがその生存競争を生き抜いただけあって,そのたくましさたるや特筆に値するのですが,実際ほとんどひとり勝ち状態で全然グリーンカーテンになっていきません.

まるで団体競技なのに個人プレーばかりしたがるやつみたいです.
なでしこジャパンを見習えと言いたいところです.

スカスカ(一部ひとり勝ち)状態のグリーンカーテンに強力な助っ人,鉢植えのアサガオを満を持して投入することになりました.ゲームに例えれば後半30分,2-0の劣勢からのスーパーサブ.いや遅すぎでしょう,と国民の総ツッコミを背中に感じながらの采配ですが,今となってはもうなりふりなど構っていられません.

日差しが強い日は,ハイ,普通にロールスクリーンを下げております.
意味ないじゃーん,と国民の総ツッコミを背中に感じながら.