今年に入ってトラブルが続いている。過去に設計した住宅が雨漏りしたり、スタッフが体調を崩したり、なかなか新規の仕事を受注できなかったり。

竣工した住宅には所定の家具が入らないとのご連絡。確認申請では、これまでなかったようなあり得ない指摘が…。

お金を巡ってのトラブルも多い。折りからの物価高騰の波を受けて、予算超過でなかなか着工できなかったり、想定外の追加工事が発生して建主さんと現場との間で板挟みになったり。

急に事務所の電話は使えなくなるし、今このタイミングで壊れるかというものが壊れたり。まったくをもってツイていない!毎日毎日、トラブル続きで仕事にも身が入らない。

昨年はとても良い年で、順風満帆すぎて怖いくらいだった。そして今年の年始に運勢を調べると、なんと今年は12年で最高運気の年らしい!まさか、昨年の運気を更新するのか!?とこれまた怖ろしく思っていたら、あれ、これはどうしたことだろう。いいことなんて一つもない。私だけ運気の暦が一年ずれていて、一人波乱の運気に入っているんじゃなかろうか?

そんなことを思う今日この頃だったのだけれど、一方でこんなことも思う。

この日々のトラブル対応は高速テトリスのようなものだ。上から落ちてくるイレギュラーな形のパズルを、瞬時の判断で動かし、適切な位置に落としてゆく。これには相当の集中力が要求される。完璧なパズルの落とし方はできないけれど、少なくとも最悪の事態だけは避けなくてはいけない。

あとでゆっくり考えよう、なんて言っているヒマはない。あるときは相手と刺し違え、またあるときは損して徳を取る。その時その時が真剣勝負!今の私には自分の行動を振り返ることすらできない。

今私は、全日本トラブル対応技能検定(上級者編)の実技試験を受けているところだ。上空の隠しカメラから、私の一挙手一投足は審査員の厳しい目線に晒されている。10年前の私ならとっくに落第しているところだろう。しかし今の私は違う。

この試練は、日々本当に勉強になる。ダメージもある。けれども、きっとこれを乗り越えたら、これまで見えなかった視界が広がることだろう!きっと新しい自分になれるに違いない。

そうかこれか。これなのか!
今年は、私にとって12年で最高運気の年なのである。




昨日はとある取材の立ち会いがあり、久しぶりに「紫陽花の家」に足を運んできました。「紫陽花の家」は2015年の竣工なので、すでに7年ほど経っていることになります。早いですね、、。家が出来たと同時に生まれた双子の姉妹も、この家とともにすくすくと育っているようです。

この日の取材テーマが「食」に絡めたテーマだったこともあり、建て主さんには無理を言ってご家族でお昼を作って頂き、いただきますまでを写真に納めて頂きました。そんな食卓を私も隠れてパチリ!

この日は気候も外の光も申し分なく、そしてなによりご家族の幸せな食卓が神々しいくらいに眩しくて本当に感動しました。私は住宅の設計において、どの空間を最も重視するかと訊かれたら迷わずダイニングと答えます。リビングではなく、ダイニングが家族の中心であるべきだと思うからです。

リビングは団らんというより、くつろぎの空間であり、時に個に浸る空間ではないかと思っています。朝「おはよう!」と言って慌ただしく朝食を取る場所、休日のお昼に「午後どうする?」とか言いながら昼食を取る場所、そして今日あった出来事を食卓を囲んだ家族に聞かせる場所。それは家族が家族であることを認識できる唯一の場所ではないかと思います。

そんなダイニングを私は明るく豊かに作りたい。
なんだか私の思い描いた理想の空間に、7年越しに出会えたようなそんな気分になりました。やっぱり、住まいは家族の器なのだと思います。

22. 04 / 07

散り際の桜

author
sekimoto

category
> STAFF
> 生活



この春まだ一度もお花見をしていない!というスタッフとオープンデスク生を連れて、すでに桜の散り始めている柳瀬川に。散り際の桜も良いですね!外でおにぎり食べるだけでどうしてこんなに美味しいのだろう。

マウスのクリック音だけが響く?事務所から飛び出して、たまにはこんな気分転換も良いですね。

22. 03 / 01

五十肩がきえた

author
sekimoto

category
> 生活


ここ半年ほど、いやもっと前からだったかもしれませんが、右腕を上げようとすると肩に痛みが走って上げられないということが続いていました。右手を後ろに回すこともできないので、背中をかくこともできません。

もしかして、これが世に言う「五十肩」というやつか!と、妙な納得をしてこれまで放置していたのですが、そのうち仕事をしていると右腕にしびれるような痛みが走るようにもなり、少し恐ろしくなって病院で見てもらおうかとも思いはじめていました。

そこでふと思い出したのが、近所にある不思議な整骨院のこと。このことは以前ブログにも書いたことがあるので、ご興味ある方はこちらもお読み下さい。


今日は仕事も詰まっていなかったので、午前中に仕事を抜け出し例の整骨院に。中に通されて症状を伝えると早速始まりました、オーリングテストが。

オーリングテストのことは私が説明するよりも、ネットの記事などを見た方が早いと思います。「オーリングテスト」と検索すれば色々記事が出てくると思いますが、親指と小指をくっつけた”オーリング”をつくるだけで、簡単に体の異常部位がわかるという不思議な診断方法なんです。

手際よい診断で、ものの5分ほどで先生が下したのはなんと「原因は右足のくるぶし」でした。

くるぶし?いやいや、先生私が痛いのは右肩です!と言いたかったのですが、次の一言に凍り付きました。「足を組みながら仕事をしているでしょ」
ええっ、どうしてわかるんですか!?

そうなんです。私は姿勢が悪いと自分でもわかっているのですが、足を組みながら椅子に座り、何時間もパソコンに向かう癖があります。それも右足を床について、左足をその上に乗せるという姿勢です。

先生によると、その姿勢でやや前傾姿勢になると、右足のくるぶしに負荷がかかり、くるぶしが故障しかかっているとのこと。これにはびっくり!

負荷といっても所詮座った姿勢だし、右足首に負荷をかけていたとは夢にも思いませんでした。ただ確かに、ここ最近右足首が急に痛くなって、右足を引きずるようにして歩いていたことがあったことも急に思い出しました。

右足のくるぶしは右肩につながっていて、くるぶしに負担がかかると肩がはずれるという連鎖症状を引き起こしているとのこと。もう天才かと思いました。なにそれすごい。ピタゴラスイッチか。


そこからの治療はこれまた不思議なもので、患部をマッサージするわけでもなく、板状の枕に頭を乗せ、微妙な角度を作って少し衝撃を加えるような方法を何度か繰り返しただけ。その都度立ち上がって、オーリングテストをやってバランスを見てゆきます。

治療時間にして20分くらいだったと思いますが、最後に「これでどうですか?」と右腕を後ろに動かしてもらったら消えてる!あの痛みが。それまで激痛が走った角度でもまったく痛みがありません。うそでしょ。

ここ半年くらい慢性化していた痛みが一瞬で消え、あまりの鮮やかさと不思議さと嬉しさで思わず笑ってしまいました。その後30分くらいかけて、助手の方が丁寧に全身マッサージをしてくれたので、帰り道は道から足が浮いているんじゃないかというくらい軽快で、生まれ変わったようでした。

普通のお医者さんなら、レントゲンを撮ったり、患部をマッサージしたり湿布薬を出すくらいだったかもしれませんね。私の五十肩の原因が、まさかくるぶしだったとは…。


ちなみにこちらの整骨院は、志木市の「ふく整骨院」というところです。これまた検索すれば出てきますので、お困りの方は通院してみると良いかもしれません。オーリングテスト、なんだかおまじないをしているようでとても楽しいです。

author
sekimoto

category
> 生活



ここのところ毎日のようにAmazonのダミーアカウントからの「ご利用の確認」や「アカウントが停止されました」という類いのフィッシング詐欺が送られてくる。

ただ、その多くは日本語フォントが崩れていたり、文法がおかしかったり、メールアドレスが正規のものでなかったりして瞬時に見分けがつくので、一定の注意力があればまず引っかかることはない。(逆に詰めが甘いなあといつも思う)

ところが先日来たのはすごかった。

画像左のAは先日来たメール。そして右のBは本物。巧妙すぎてほぼ判別出来ない。その下に付いてくる広告やサービスの紹介といったものも楽天のものとまったく同じ。送付元のメールアドレスも「rakuten.co.jp」アカウントになっている。

左のAは、当日付で身に覚えのないカード利用金額(しかも二度見するくらいの金額)が記載されているものだった。ちょっとびっくりして、明細を調べようとして上のボタンからログインすると、次にカード番号を入力するような画面に飛ばされるという手口。

これもまた楽天のそれとまったく同じで、これは用心深い人でもだまされる人は多いと思う。私もうっかり楽天のアカウントでログインしてしまったので、そのあと慌ててパスワードを変更した。

あとでどこが違うのだろうとよく見比べたら、ニセモノには「不審なメールにご注意ください」の記載がなかった。これはオチとしてはなかなか面白い。皆さんも注意してください!