20. 12 / 14

最強の布陣

author
sekimoto

category
> STAFF
> 仕事



青森に住む元スタッフ砂庭さんより、美味しそうなリンゴが届きました。事務所いっぱいに広がるリンゴの甘い香り。砂庭さん、どうもありがとう!


愛媛に住む元スタッフ二宮くんより、美味しそうなミカンが届きました。事務所いっぱいに広がるミカンの甘い香り。二宮くん、どうもありがとう!


青森(リンゴ)と愛媛(ミカン)を押さえたので、OBスタッフ最強の布陣となりました。次はマンゴーを送ってくれる宮崎のスタッフを募集します!

一週間の予定で事務所に来ていた日大芸術学部からのオープンデスク生も昨日が最終日。折角なので、スタッフを連れて、事務所の近くなのに行けてなかった角川武蔵野ミュージアム(設計:隈研吾)へ。

建築の感想はまた別の機会に譲りますが、たまにはスタッフを連れての建築見学も良いものです。学生さんにはこの一週間設計課題を与えてエスキースを続けてきましたが、独創的なプランはなかなか面白かったです。また遊びに来てくださいね!

すっかりご紹介が遅くなってしまいましたが、先月より、リオタデザインにも新しいスタッフが入りました。岩田舞子さんといいます。

岩田さんは前職は工務店の設計担当者として、接客から設計、現場まで幅広い業務をこなしていたとのこと。アトリエ設計事務所一筋の、歴代リオタデザインスタッフの中では異色の経歴かもしれません。

一方で周囲への気配りや電話応対といった身のこなしについても、これまでのリオタデザインにはいなかったタイプのスタッフです。採用にあたって重視したのは人としての「明るさ」でした。私がスタッフに求めるコミュニケーション力についても、高いレベルで応えてくれていると思います。

皆さま、どうかご指導の程よろしくお願い致します!

リオタデザインについて (スタッフ紹介)
https://www.riotadesign.com/about/

.

今週一週間は、日大理工学部2年生の長谷川理奈さんのオープンデスクでした。現在設計進行中の横浜市の敷地をケーススタディとして、一週間で四案ほど作ってもらいましたが、今日はたまたまその当該の建て主さんとの設計打合せがあったため、建て主さんにはサプライズで学生案をプレゼンしてもらいました。

大学の設計課題では、非常勤の先生(私)からの容赦ないつっこみに晒されるところですが、今日は優しい建て主さんのおかげで温かなお褒めのお言葉を頂くことができました。Fさん、気を遣わせてしまい申し訳ありません笑

その後はそのまま実施設計の打合せにも同席してもらいましたが、建て主さんの高い生活意識や、図面への関心の高さ、会話のキャッチボールから設計がどんどん変わってゆくプロセスなど、大学ではけして経験できない体験に大変勉強になったようです。

今週はたまたま外出や打合せの多い週だったので、連れ回された長谷川さんも得るものが多かったのではないでしょうか。スポンジのように何でも吸収する貪欲さは若さもありますが、その日取ったメモを毎日ノートに清書して記録として残すなど、彼女の意識の高さにも驚かされました。

彼女にはこの一週間が一ヶ月くらいに長い時間に感じられたそうですが、成長のため身長も1センチくらい伸びているかもしれません笑。長谷川さん、一週間お疲れさまでした!


学生さんは試験も終わり、楽しい楽しい春休み。この春休みはどうしたことか学生のオープンデスク(インターン)希望者がやたらと多く、5人も受け入れることになってしまいました。今週は1人、3月からは4人が4週連続でやってきます。

大学は日大理工学部から3名、日大芸術学部から1名、共立女子大から1名。実は、それとは別に他大からもう2名の希望者があったのですが、さすがに無理なので夏休みにということでお願いしました。

うちは基本的に、オープンデスクといっても事務所の仕事には触らせません。設計課題を出して、即日設計ベースで毎日エスキース(設計指導)をします。いわばマンツーマンの住宅設計塾のようなもので、これは企業なら結構いいお金を頂けるやつなのですが、学生なので特別に無料です笑。これをやると、休み明けから飛躍的に設計が伸びるのが出てきます。

期間中は私と行動を共にしてもらうので、建て主さんとの打合せやら現場やら、あらゆる会合に連れ回します。建築は社会との接点やいろんな人との関わりから生まれていることを感じてもらいたいと思います。

もっとも、スタッフにはそんなに丁寧に教えないので、オープンデスクへの待遇が良すぎかもしれません(スタッフは嫉妬しているかも?)。今回事務所に来る5人はしっかり学んで下さい!