22. 04 / 07

散り際の桜

author
sekimoto

category
> STAFF
> 生活



この春まだ一度もお花見をしていない!というスタッフとオープンデスク生を連れて、すでに桜の散り始めている柳瀬川に。散り際の桜も良いですね!外でおにぎり食べるだけでどうしてこんなに美味しいのだろう。

マウスのクリック音だけが響く?事務所から飛び出して、たまにはこんな気分転換も良いですね。

22. 03 / 25

おやつ部長

author
sekimoto

category
> STAFF



先日のおやつ投稿のスタッフ、建主におやつをもらう!
おやつチーフから、おやつ部長に昇格。



22. 03 / 23

おやつ

author
sekimoto

category
> STAFF



重そうな紙袋を抱えて出社してきたスタッフ。訊くと「仕事中に食べるためのおやつ」だそうです。

そろそろ就業規則で、おやつの上限を定めないと!

author
sekimoto

category
> STAFF
> 仕事



昨年の暮れにベテランスタッフの矢嶋くんが退所し、その後任として新年より新しいスタッフが入りました。橋本紗奈さんといいます。

一昨年入所したスタッフに岩田舞子さんがいるのですが、橋本さんはこの岩田さんの大学の1学年後輩になります。となると、岩田さんから彼女に声をかけたのだろうと思うかもしれませんが、実はそうではなく、橋本さんは自らうちの事務所を選び、サイトをよく見たらよく知る先輩がいたのだとか。まったくの偶然のようです。

一方で構造設計でお世話になっている山田憲明さんの構造事務所の担当者もまた、彼女の大学の同級生であることがわかったり。

岩田さんが入所したときは、うちがいつもお世話になっている大和工務店の若い監督さんが、たまたま彼女の大学の先輩だったことがわかったり。

はたまた、造園でお世話になっている小林賢二さんと一緒にうちの造園を施工下さっている職人さんも、彼女たちの大学の先輩であることがわかったり。

彼女たちの出身大学は武蔵野大学といって学生数はけして多い大学ではないのですが、その遭遇率は日本一のマンモス大学、日本大学(私の母校です)のそれを完全に凌駕しています。こんなことってあるんですね、、。不思議なご縁です。

本人はとても明るく、質問をよくする好奇心旺盛なスタッフです。私はいつも「質問をしなさい」というのが口癖なので、彼女はうちの事務所でもきっと貪欲に吸収し学んでくれるものと思います。また、女性スタッフが同時に2名いるという体制も、リオタデザインでははじめてのことです。

すでにいくつかの住宅の担当につけていますので、皆さまと仕事の関わりがありましたらどうかよろしくお願い致します。

○リオタデザインについて (スタッフ紹介)
https://www.riotadesign.com/about/

author
sekimoto

category
> STAFF
> 仕事



本日でリオタデザインは仕事納めです。
そして約6年間ものあいだリオタデザインを支えてくれたスタッフ、矢嶋宏紀くんの今日が勤務最後の日になりました。

一旦彼は事務所を離れ、独立という形で自身の活動をしてゆくことになりますが、彼が担当してきたいくつかの仕事については、引き続きフォローをしてもらいますので、一部の方とはもうしばらくのお付き合いになるかもしれませんね。こちらはどうか引き続きよろしくお願い致します。

彼の実直で真摯に図面に向き合う姿勢は、リオタデザインの緻密な仕事を遂行する上で欠かせない存在でした。おそらくは、歴代スタッフの中でも最もうちの仕事を理解し、実力をつけた一人だと思います。

彼は私が言うであろうことをすべてわかっているので、私との図面打合せも先回りして全ての検討が終わっているということが常でした。そのため私も言うことは少なく、彼との仕事はずいぶん楽をさせてもらった気がします。

この日は私の著書『おもてなし住宅のつくりかた』に私のサインが欲しいとのことで、一言を添えて渡しました。彼からはオイバ・トイッカのガラスの鳥を頂きました!美しい。大切にしますね。

これからも益々の活躍を期待しています!