ルイスポールセンの定番ペンダント照明、パークフース(PAKHUS 写真左)が製造中止へ。シンプルな形状で値段も手頃だったことから、過去にも採用率が高かったのですが、日本では住宅などで根強い人気があるものの、海外は白熱ランプの販売がすでに禁止されていたり、非住宅用途で使われるケースが多かったこともあり、出荷が頭打ちになっていたようです。

一方のAJロイヤル(写真右)もうちではド定番のペンダントですが、こちらは大きくリニューアルされ、灯体がソケット式からLED一体型となり、通常のLED調光器では調光が出来なくなるほか、引掛けシーリングではなく直結型になるとのこと。調光が使えず取り外しも出来ないとなると、住宅での使用には躊躇してしまいます(特殊な調光器とルートロンを組み合わせるなどで調光はできるそうですが)

日本のコンパクトなダイニングに下げられる定番照明が、こうして一つずつ消えてゆくのは寂しい限りです。北欧はタイムレスデザインが売りであったはずなのに…。

いずれも、現行商品は国内在庫限りとのこと。幸い、弊社の設計では進行中の住宅にはスペックしていませんが、ご希望の方は早めに押さえられることをお勧めします。



今日はJIAの機関誌Bulletinの「他人の流儀」の取材のため世田谷へ。この「他人の流儀」というコンテンツは、第一線で活躍しているクリエイターや仕事人にお話を伺うというものなのですが、この日はアニメーション監督で、私が設計し2005年に竣工したCRANEという住宅の元施主でもある鶴巻和哉さんにお話をお伺いしてきました。(上の写真中央が鶴巻さん)

CRANE (2005)
https://www.riotadesign.com/works/05_crane/#wttl

鶴巻さんは「エヴァンゲリオン」というアニメーションの監督としても有名な方です。実は10月17日のブログに書いたTさんとは、実はこの鶴巻さんのことでした。

鶴巻さんはとても気さくな方で、建築にも造詣が深く、当時の設計もとても楽しくやらせて頂いた記憶があります。その後鶴巻さんはこの家が手狭になり別のお住まいに移られているのですが、現在はうちのOBスタッフでもある柴秋路くんが自宅兼事務所として使用しています。今日は柴くんに取材のインタビュー会場としてこの家を貸して頂いたのでした。


鶴巻さんとは、当時はお会いしても設計の話ばかりで、鶴巻さんの生い立ちやどうしてアニメーターになったのかなどはほとんど聞いたことがありませんでした。長い付き合いになるのに、自分は鶴巻さんのことを実はほとんど知らないのではないかという気もして、この日は自分の興味の赴くまま矢継ぎ早にいろんなことをお聞きしてしまいました。

記事はBulletinの発刊号(2021年3月15日・WEB掲載もあります)をお待ち頂くとしてですが、内容は本当に興味深くあっという間の2時間でした。中でもほぼ神格化しているエヴァンゲリオンの制作秘話や、あの謎めいたシーンの真相は?など、たぶんエヴァに詳しい人なら知っているエピソードもあるのでしょうが、当事者の口から語られる真実というのは実にリアルで腑に落ちる話ばかりでした。

また若き鶴巻少年のエピソードは、まさに現在のエヴァンゲリオンにまっすぐにつながる話でもあり、アニメーターとしての下積み時代から監督となった今となっても全く変わらない情熱など、クリエーターとしてもとても共感しました。


柴くんに引き継がれたCRANEの空間も、とても魅力的に美しく使われていて感激しました。テラスにもたくさん緑があって温室のようでした。

今ではリオタデザインのトレードマークとなっている、ブルーグレー(最近はモザイクタイルなどでよく使います)の色も、はじまりはこの家からでした。

この吹抜けいっぱいに塗ったこのブルーグレー色(下の写真の右の壁)が、当時はとても人気があって、この当時設計した家にはお施主さんから頼まれて、いつもこの色を家のどこかに塗っていました。若気の至りで、まずいところもいっぱいあるのですが、リオタデザインの原点の空間がここにはあるとあらためて感じました。


「鬼滅の刃」に続き、来年1月公開のシン・エヴァンゲリオン劇場版も大ヒット間違いなし!?今から公開が楽しみです!鶴巻さん、本日はお忙しい中ありがとうございました。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2021年1月23日公開予定)
https://www.evangelion.co.jp/final.html

author
sekimoto

category
> 社会



今日は編集委員として関わっているJIA(日本建築家協会)の支部広報誌Bulletinのインタビュー取材のため、六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京へ。お会いしたのはザ・リッツ・カールトンの元日本支社長である高野登さん。

おそらく普通に生活していたのでは、リッツカールトンのロビーフロア(45階)に上がってくることも、そして高野さんのような方にも一生お会いすることはなかったかもしれません。時間も取られて大変ですが、本業の設計とは別にちょっと”余計なこと”に首を突っ込んでいると、たまにこんな役得もあります。

高野さんは、リッツカールトンの卓越したサービスやホスピタリティ精神についての著書も多く残しておられます。おそらく企業研修やセミナーなどにお呼びしたらきっと目玉が飛び出るような謝礼をお支払いしないといけない方だと思うのですが、この日は広報誌のインタビューということで、約1時間でしたがとっても濃いお話をお聞きすることができました。本当にお金払わなくて大丈夫ですか?とお訊ねしたくなるくらい。(請求されても払えませんが…)


私は住宅設計というジャンルは「建築」でありながらも、ホスピタリティという意味では限りなく「ホテル」や「レストラン」に近い業態であると思っています。さすがにリッツカールトンとまではいかないかもしれませんが、我々は住まい手に向き合い、隅々まで配慮の行き届いた設計によって、建て主さんにとって最高の安息空間をご提供したいとも思っています(まだまだ力不足ですが、、)。そのため、この日は高野さんのお話をお聞きできるのを心から楽しみにしていました。

ホテルを作るのではなくコミュニティを作るという考え方。世の中がどんどんデジタル化に向かう中アナログに徹するということの意味について。最後は優れた人材の育て方、面接時の質問のありかたに至るまで。お話を伺いながら目から鱗がいくつも落ちました。そして自分の不明と不勉強を痛感しました。頂はあまりに高く、そしてまだまだ道程は長い…。

高野さん、本日はお忙しいところお時間を取って下さりありがとうございました。関東甲信越支部のJIA会員の皆さまは、12月にお手元に届く冬号の記事「他人の流儀」をどうかお楽しみに!

Bulletin「他人の流儀」バックナンバー
https://www.jia-kanto.org/online/tanin/index.html


(中央奥が高野氏)




author
sekimoto

category
> 仕事
> 社会


今から10年ほど前に、熱心にオープンハウスに足を運んで下さっていたご夫婦がいらっしゃった。Mさんといって、オープンハウスでは、自分たちがいかにリオタデザインの住宅が好きかを熱く語って下さり、その後設計相談も受けて土地探しなどもされていたものの、いつの頃からかオープンハウスにもいらっしゃらなくなった。

土地探しからご相談に乗ったとしても、そのまま晴れて良い土地が見つかり、設計依頼まで辿り着くという方は、おそらく3割を切るかもしれない。Mさんも印象的なご夫婦だったものの、諸事情から家づくりを諦めたか他の選択肢を選んだのだろうと思っていた。

そんなMさんから最近連絡があった。

あらためて中古住宅を購入するので、改修をしてもらえないかという相談だった。実に10年越しの依頼。諸事情から新築での家づくりは諦めたものの、リオタデザインが設計した家に住みたいという熱は消えることなく、今回はダメモトでのご依頼だったようだ。

今は事務所は忙しく、部分改修などの設計依頼はほとんど請けられないのだけれど、もうそんなの断れるわけない。スタッフは皆手一杯なので、私がすべて図面を引くことにした。10年間も思い続けてくださる方がいるなんて、、感無量だ。


そんな感激も醒めやらぬ中、さらにすごい方が現れた。

今日面談をさせて頂いた方は、うちのHPやブログを見て下さってのご相談とのこと。どういう経緯でうちの事務所を知ったのですか?とお訊ねすると、なんと私がフィンランドに留学する前や、留学中に書いていた滞在ブログの時代からずっと私のHPを見て下さっているとのこと(!)。今から20年以上も昔の話である。もちろん独立する以前の話だ。

その後海外赴任などが続き、「ご相談させて頂くのに20年もかかってしまいました」とおっしゃった。

普通設計相談というものは、その事務所のHPでこれまでの作品などを見て依頼するものだ。私が独立するより前からのブログ読者という方からのご相談はもちろんはじめて。初対面の方に「あなたのことは、生まれる前から知っていたんだよ」と言われたようで、本当に衝撃的だった。


ただ書いていて思ったけれど、独立する前から20年以上もずっとブログを書き続けているという人も珍しいかもしれない。当時はブログという言葉すらなかった時代だった。継続は力なり。

フィンランド留学中から、独立してしばらくまで以下のトップページを持つサイトをずっと運用していた。すべて自分の手作り。今見るとちょっと恥ずかしく、そして懐かしい。

author
sekimoto

category
> 仕事
> 社会


フィンランド在住の友人のSNS投稿で、私も留学中お世話になったヘルシンキの中央郵便局がその業務を終了し、長い歴史に幕を下ろしたことを知った。

通信のほとんどが電子化し、その役割を終えたと言えばそれまでだろうが、それでも手紙やハガキがなくなるわけではないだろうし、メールを使わない人も高齢者を含めてまだ多数いると思う。

実際には郵便局が完全になくなったわけではなく、本局がなくなって支局は残るみたいなことらしいけれど、これは郵便需要が減り続けている日本にもそのうちやってくる(かもしれない)社会の動きともいえる。郵便局のない社会、あなたは想像できるだろうか?


さてこういう動きがあったとき、明日は我が身だと思わなくてはいけない。例えばこのコロナ禍で、昨年までインバウンドだなんだと持てはやされていた旅行・宿泊業界が、このコロナ禍でこれほどまでに打撃を受ける事態を誰が予測しただろうか。

「衣食住」という言葉があるように、この3つは人間が生活をしてゆく上で必要不可欠なものであり、景気に左右されることなく需要があると思われている。しかし、本当にそうだろうか?街にはこのコロナの影響の有無にかかわらず、暖簾をおろす飲食店は跡を絶たない。衣類だって、有名ブランドがある日突然なくなってしまうことだって日常茶飯事だ。

だから、この3つの柱にしがみついていれば生き残れるというのは全くの幻想に過ぎないのだ。そこには他の業界と同じく厳しい競争と淘汰がある。ここで我々「住」の業界についても考えてみたい。


独立して18年が経つ。これまで事務所を続けてきて、ただ単に仕事がないという”存亡の危機”は何度も経験してきたけれど、企業努力ではどうにもならないような、今回のコロナのようにインパクトある災難がこの先あるとしたら、設計事務所にとってそれは何だろう。

ここに恐ろしい資料がある。


引用:NRI 野村総合研究所サイトより https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/0609_1

.
野村総合研究所サイトからの引用になるが、ここには「2040年度の新設住宅着工戸数は41万戸に減少、2020年度は新型コロナウイルスの影響でリーマンショック時を下回る73万戸の見込み」とある。

さらに背筋が凍るものがある。それは「新設住宅着工戸数は、2019年度の88万戸から、2030年度には63万戸、2040年度には41万戸と減少していく見込み」であるという予測だ。

この要因として「移動世帯数の減少」「平均築年数の伸長」「名目GDPの成長減速」が挙げられているが、わずか20年後には新しく家を建てようという人が今より半減するとしたら、我々への影響ははかりしれない。

住宅に求められる構造や断熱などの高性能化への対応や、環境への配慮、オンライン化、減少する職人問題など、我々を取り巻く社会の変化への兆しは確実に訪れている。それを自分には関係ないと距離を置いていれば、あっという間に時代の流れの中に取り残されてしまうに違いない。

これからの設計事務所に求められるものは、少なくとも設計者が設計だけをやっていれば良いというものではなくなるように思う。具体的にそれがどういうものかは私にもわからないけれど、建築家がその職能を越えて他業種と協働したり、架橋したりという動きがより顕著になるのではないか。要は建築馬鹿では生きていけないのである。

これまであることが前提で、当たり前だったものがある時突然なくなる。ヘルシンキの郵便局のように。それは設計事務所も例外ではないと思う。