author
sekimoto

category
> メディア



この秋,いくつかの媒体に掲載頂きましたのでご案内致します.

・住まいの設計1・2月号|扶桑社 『池上の家』

昨年夏に竣工した,築76年の住宅の全面改装「池上の家」の取材記事です.
いわゆる家づくりの事例紹介記事ではなく,「家を愉しむ人々」という松井晴子さんの取材・文による,クライアントの住まい方にフォーカスを当てた記事としてご紹介頂いています.この「池上の家」は技術的な解決やその建築的な見所も多いのですが,それらは先の「建築知識」で取り上げて頂いたので,今回クライアントの暮らしぶりに取材を頂けたのは嬉しく思いました.住宅そのままに魅力的な暮らし方をされているご家族なので,是非書店でお手に取ってみてください.

それにしても,最近この手の雑誌に掲載されている建築家は皆さん知り合いばかりで,ご無沙汰ばかりで誌面で再会というのもおかしな感じがします.



・これなら住みたい仮設16プラン|書肆侃侃房(しょしかんかんぼう) 『成長する家』

これは震災後に発足したプロトハウス桑原さんを中心とした,仮設住宅を考えるマザープロジェクトの取り組みが一冊の本になったものです.私は”仮設”そのものというより,仮設的住宅からはじまって復興の時間軸と共に家を増築したり,2階建てにできたりする「成長する家」というコンセプトを掲載させて頂きました.

こうした取り組みは我々に限らず,震災後多くの建築家が取り組み,うちいくつかの取り組みが現実化したりしています.こうした取り組みというのは全てが実現できるわけではありませんが,こういう事態を目前にして建築家として何を考えるのか,行動できるのかが試される機会であったようにも思います.他の建築家も個性的で秀逸なアイデアを披露しています.こちらも見かけた際はお手に取ってみてください.

11. 08 / 18

建築知識 9月号

author
sekimoto

category
> メディア



建築知識9月号(エクスナレッジ社)に,昨年竣工の築76年の住宅改修 『池上の家』 の改修事例を掲載して頂きました.

建築知識はいわゆる建築専門誌で,一般の人向けというより,建築関係者の座右の書という位置づけでしょうか.ですから「書店で見かけたらお手にとって」頂いても,一般の方にはちんぷんかんぷんだと思います.建築関係者の方は是非お目通しを.

池上の家は,たびたび書いていますが,我々にとっても非常に難易度の高い計画でした.構造家の山田憲明さんをはじめ,多くの専門家のご協力があってようやく着地点を見いだした計画です.それらひとつひとつの事象は地味な解決の積み重ねですが,あきらめずに最後まで積み上げたことでバランスの良い改修計画になったように思います.

それをこういう形で発表できたことは,我々にとってこの上ない喜びです.
また我が事務所でも,設計でわからないことがあればまず開くのが「建築知識」ということもあり,そこに我々の仕事が掲載され,我々の知らぬ誰かの手引きとなることは大変光栄でもあり,気が引き締まる思いでもあります.

建築知識 2011年9月号 
最高のデザインを実現する最高の「耐震改修」を提案する方法


[caption id="attachment_1556" align="alignnone" width="560" caption="池上の家"][/caption]

11. 07 / 26

MyHOME+ Vol.25

author
sekimoto

category
> メディア



MyHOME+ VOL.25(エクスナレッジ社)に『ひなたハウス』を取材して頂きました.
取材当日はこれ以上ないというほどの晴天.おかげで写真が,合成写真じゃないかと思うくらい鮮やかな発色になっています(笑).

ひなたハウスは既存住宅を全面改装した住宅です.最近この手の計画を手がけることが大変多くなってきました.現在もさいたま市で全面改装工事が進行中です.

ひなたハウスは,広い母屋の敷地内に建てられているため,プライバシーをあまり気にせず,大らかで開放的なテラスを作ることができました.施主のOさんのお人柄そのままに,住宅は竣工時のすました表情よりも,このくらい生活感が出てきた方が魅力的に映る気がします.こちらも書店で見かけたら,是非手に取ってみてください.

MyHOME+(マイホームプラス)Vol.25 (エクスナレッジ)


11. 07 / 08

PLUS1LIVING 8月号

author
sekimoto

category
> メディア



プラスワンリビング(主婦の友社)8月号に『かたつむりハウス』を取材して頂きました.
住宅そのものというよりは中庭を中心とした”住まい方”の取材です.爽やかなライフスタイルのKさんらしい素敵で楽しげな中庭生活は,見ているこちらも思わず頬がゆるみます.書店で見かけたら是非手に取ってみてください. 

プラスワンリビング(主婦の友社)8月号(P91~)

それにしても,プラスワンリビングという雑誌はいわゆるインテリア誌で,若い主婦層に絶大な人気を誇る雑誌ですが,ほとんど建築家住宅などは扱いません.
でもなぜかうちの住宅は昔からよく載せて頂いていて,数年前には誌上コンテストの審査員まで務めさせて頂きました.う~んなぜか相性いいみたいです.なんか不思議.


author
sekimoto

category
> メディア



今日は昨年竣工した「ひなたハウス」の取材がありました.
汗ばむような快晴!撮影には絶好の一日となりました.

ひなたハウスは既存住宅を全面改装した住宅で,改装と言わなければまず誰が見ても新築と見紛うような佇まいです.広い母家の敷地の中に建てられているので,いつも狭小地で苦労するようなお隣さんとのプライバシーの問題もありません.南側に向かって大きく開いた開口部はこの季節には最高です.う~ん,イイナァ.

実際撮影中も,家の中にいても外にいるかのような錯覚を覚えるくらいそよそよと気持ちよい風が吹き抜けていました.やはり住宅は,竣工直後よりも1年後くらいがちょうど良いですね.雑誌が書店に並ぶ頃に,またこの場でお知らせしたいと思います.