大学前期の第一課題である「サードプレイス」の提出がありました。中には心配していた学生もいましたが、最後はなんとか形にして提出したようでほっと胸をなで下ろしました。

即日で採点をして、A~C(たまにD)の採点を付けてゆきますが、Aよりも評価の高い学生にはSを付けます。採点で言えば90点に相当する評価で、学生なら一度は取ってみたいと思うあこがれの評価です。だいたい受け持ちのクラス(20人くらい)でSは2人くらいでしょうか。つまりSは10人に1人くらいということになります。

今日Aを付けた学生から、こんな素朴な質問をもらいました。
「先生、Sを取るにはどうしたら良いですか?」

どうしたら…難しい質問です。

思うに、Sを取る学生の案には特徴があるように思うのです。それはイメージがクリアでブレがないということ。そして何より”リアル”だということです。

イメージがクリアで、リアルであるということは学生課題に限らず建築ではとても大切なことで、モヤモヤした考えでやっていると、最後までモヤモヤした案になります。こういう案は人に伝わりません。

小説に例えるとこういうことになります。

小説家の多くは書く前にプロットを組み立てます。テーマ、状況、登場人物、そしてなんとなくこういう話にしようというあらすじのようなものを考えます。建築で言えば、どんな建物にするか、どんな利用者がどんな風にそこで振る舞うのかを考えるようなことです。

小説家はそこで筆を走らせながら、登場人物の仕草やちょっとした言い回し、窓から見える景色、雨の音に至るまで事細かにディテールを掘り下げてゆきます。そこを丁寧に描くからこそリアリティが生まれるのです。リアリティが生まれると、人は登場人物に共感したり、思い入れを持つようになります。架空の人物なのに、あたかも実在の人物であるかのように感じるのです。

そんな人物に不幸があれば、我々は本を読みながら涙を流します。

建築も全く同じ事なのです。「ここで本を読むんです」じゃなくて「木漏れ日の落ちる縁側に寝転がって、本を読みながらうたた寝をするんです」と言った方が、人はそこにより深く感情移入をすることが出来ます。

そうしたらそこに表現しなくてはいけないのは、「木漏れ日を落とす落葉樹」であり「風が抜ける縁側」であり「無防備でいられる守られ感のある空間」ということになります。もう設計で何をすれば良いか、プレゼンでなにを表現すれば良いか答えは明白です。なんなら、その本は太宰治なのかスラムダンクなのかまでもイメージできれば完璧でしょう。

建築はディテールが大切なのです。
まだそこにはないものを、あたかもそこにあるかのように、そこにあったらさぞ素敵だろうなと相手に思わせるように伝えるのが建築設計なのです。

今の学生に圧倒的に足りないのは想像力です。妄想力と言っても良いかもしれない。これは一朝一夕には身につきません。とりあえず、本を読むところからはじめて下さい。

17. 05 / 04

ナマ現場見学

author
sekimoto

category
> 大学



日大2年生の建築構法の課題に、街の現場にアポ取って見学させてもらい、レポートを提出しなさいというのがあるそうです。ただこれが学生にとってはハードルが高く、時に何件も現場に断られるのだとか。

そりゃそうでしょう。現場監督も建て主から現場を預かる身、事故があってはいけないし、そもそも見せる義理もありません。

運良く許可をもらえても、授業のある平日に見学日を指定されたり、ろくすっぽ説明もしてもらえないケースも多いのだとか。ただこれも、現場の実情を考えればもっとものこと。

もっと、出題する大学側にも配慮が必要だと私は思うのですが!(もちろん小声でですよ。聞こえないようにね。ゴニョゴニョ…)

さて、我々のような非常勤講師はそんな学生達の駆け込み寺的存在。この日はGW中ですが、事務所にエスキース(設計指導)を受けに来た学生や、事前に申し出のあった学生らを引き連れ、ちょうど徒歩圏に上棟したばかりの現場に案内しました。

あの構法の教科書に載っている軸組の図解は、堅苦しくて私も今でも苦手なのですが、ナマの現場は興味と現実と真実に溢れています。あぁ、あの頃私も現場が見たかった。しかも設計者のナマ解説付きで。

そこの君たち、贅沢すぎるぞっ!


学生時代の設計課題は1年生の時のものから保管してあって、たまに学生が来ると話のタネに見せている。昨日は以前見せた学生がまた見たいといってやって来た。

当時はCADもイラレもないから、当然手描き。写真は3年生前期のセミナーハウスの課題で、フィルムトレペにインキング、着彩は裏からエアブラシを吹いた。フィルムの透過性を利用して、断面図の上に立面を重ねてガラス張りのファサードを表現している。

平面図も含め、今見てもよく描けてるなぁと思う。当時はプレゼンに丸二週間をかけていた。今の学生の手抜き図面(彼らはそう思っていないだろうが)を見ると歯がゆくて仕方がない。

なーんて話をし始めると、今時のワカモノを嘆く老人のようで本当に嫌だ。学生にも、当時はねなんて話をしていると、戦争を知らない子たちに戦時中の話を聞かせている語り部のようで心が折れそうになる。ロットリングって何ですか?と言われる。ついこの間の話のはずなのに!


ここ二週間ほど、弘世蓉子さんという日大の学生さんがオープンデスクに来ていました。オープンデスクというのはインターンのことで、建築では夏休み期間を使って、建築学科の学生さんが設計事務所などに実務体験にやってきます。

うちは事務所も狭くて、学生さんを受け入れる余地はあまりないのですが、この期間は来客予定が少なかったこともあり、ミーティングデスクを使って模型を作ってもらうことに。それを二週間後に予定していたクライアントとの打合せでお披露目をするところまでを一区切りとすることにしました。

そしてこちらがその完成模型。
志木市内に建つ予定の、『deco』というタイトルの住宅です。




特徴はなんといっても、2階のこの梁架構です。単純に梁を飛ばすと6m超のスパンとなるところを、45度に梁を渡すことでスパンを4.5mに留め、梁成も抑えています。またこの45度に振った梁をあらわしにすることで、この特徴的な天井をこの住宅のハイライトにもしています。模型でも一番の見せ所です。

そして今日がそのクライアントとの打合せ日。彼女にとっては、オープンデスクの最終日です。模型はクライアントには内緒で作っていたので、この日はサプライズとなりました。



奥様も思わず「泣きそう」とこぼして、大変感激して下さいました。これには学生の弘世さんも大いに感じるところがあったようです。

実のところ、私としてはまさにクライアントのこのリアクションや表情を見てもらうことが、このオープンデスクの目的であるとも思っていました。

大学の設計課題では、住宅を設計しても評価をするのは講師である我々であり、それも建築家目線でのクリティックになります。だから大学では先生受けする案が好評価を勝ち取ることになるのです。

ところが、設計で最も大切なことは目の前のクライアントに喜んでもらうことです。自分たちが一生懸命考えて作ったモノやコトが、相手に笑顔で受け入れられるという喜びを越えるものが、物づくりにあるでしょうか。


このオープンデスク期間中は、彼女をあらゆる現場やクライアントとの打合せに連れて行き、私と行動を共にしてもらいました。行く先々でもいろんな話をしましたが、それらをすべて理解したとは思っていませんし、忘れてしまってもいいとも思います。

けれども自分が一生懸命作った模型が、最後にクライアントに喜んで受け入れてもらえたというこの体験だけは、深く胸に留めてもらいたいと思います。
2週間お疲れさまでした!後期もがんばってくださいね。

またクライアントのUさん、本日の急な同席をお許し下さり、またご協力を賜り誠にありがとうございました。

<ワークショップ・5日目(最終日)> 8月11日(木)

5日間に及ぶワークショップもいよいよ最終日となりました。今日は各班のプレゼンテーションです。

お昼過ぎに大学に行くと、既にぐったりした学生達が笑。昨日は大学の計らいで泊まりが許されたようです。数時間の睡眠の者もいれば、徹夜の者もいたようです。皆さん本当にお疲れさまでした!

我々の成果もいよいよお披露目です!




タイトルは「ふとん空間の拡張」、、だそうです。
前の日にはタイトルが決まらず悩んでいましたが、そうですか、そうきましたか笑。

ちょっと現実逃避したいときなど、布団を頭からすっぽりかぶりますよね。このシェルターはそんな利用者の安心感を担保する”ふとん空間”を表現しているようです。

ちなみに私の中では”ダンゴムシ”です笑


このシェルター、とても画期的な構造によってできています。まず”帆”を張った竹を弓形に絞ってテンションをかけます。弓が何本も折り重なったような形状となります。


これを起こしてゆきます(パタパタ)。
すると…





このように、一瞬にしてシェルターができあがるという仕組みになっています。

非常時のために、倉庫にこのような弓なりの部材を(もしくは中央のテンション部を外してまっすぐに伸ばした状態で)倉庫に保管しておけばかさばりません。

キャンプのテントなどと違って、難しい組み立てなどせずに一瞬で形が出来上がるということ、そして軽いので女性や子供でも持ち運びが可能だということも売りの一つです。

材料も、今回は竹と伸縮生地を使いましたが、布などは家庭のシーツなどでも転用が可能です。製品化するとしたら今回は竹で作ったアーチ部材を他のバネ鋼などに置き換えたり、生地もマグネットで挟み込むなんていうのも簡単で良いかもしれません。もうちょっとパーツ構成を工夫すれば、十分に実用化できると思います。

ちなみに端部のディテールはこんな感じ。



またこれも学生のアイデアですが、この構造を半分開けた状態で保持したいときなどは、このように重りをつけて半開状態にすることも可能になっています。これなどは屋外でのピクニック、プールサイドなど日除け代わりに使いたいときなどにも重宝しそうです。


他の班の先生方も興味津々で中に潜り込みます。このシェルターは中に入ると、また別世界があるんですよね。他の先生方からも高い評価を頂きました。

改善点を挙げるとすれば、やはり構造(竹)と布とを密着させるディテールでしょうか。今回は短期間のワークショップであり、道具や技術にも限界があったので、両面テープで張り付けるという単純な解決にしていますが、この辺りはいくらでも改善の余地はありそうです。



ここからは他の班の作品の紹介です。

A班(指導:山中新太郎先生)
100円ショップのビニール傘を使って、天井から吊すシェルター。
傘の骨を活かした秀逸なディテールと、コストパフォーマンスが魅力(原価5000円)


C班(指導:鹿内健先生)
トイレットペーパーを重ねて作るシェルター。
避難物資のトイレットペーパーに着目。使い終わった頃に避難所生活も終了!?


D班(指導:遠藤克彦先生)
養生用のプラ段を使ったシェルター。
上下にも伸び縮みをします。単純なシステムで形が自由に変えられるのも魅力。


それぞれの解説まで書き始めると大変なので割愛させてもらいますが、どれも細部まで本当によく考えられていました。とにかく力作揃いで、素晴らしい作品ばかりです。

今回は各班ごとにチームで製作をするという方針だったため、皆力を合わせて今回のように一人では出来ないようなものを作り上げられたというのは、大きな収穫だったと思います。彼らも勉強になったと思いますが、私自身も今回は本当に興奮する体験をさせて頂きました。


最後に我がチームの紹介です。

右から、
堀元悠雅/石曽根斐子/古泉紫帆/山﨑理瑛/内田春菜/木村愼太郎/田村隼人/弘世蓉子/大野史織

リーダー田村くんを中心に、とても仲が良く活発なチームでした。私がいないところで、みんなで良く話し合いをしていましたね。最高のチームワークでした。

私もつい言い過ぎてしまう癖があるので、今回はかなり抑えた方でしたが、それでも後半は自分がやりたくてウズウズしていました。実際ずいぶん手も出してしまいました笑

作業中は私も声をかけづらく、本当はみんなともっと個人的に話をしてみたかったなぁと思います。最後の打ち上げで、ようやくみんなと打ち解け(遅い?)腹を割った話ができたのは良かったです。


また過去の私の教え子である大野さんが参加してくれたり、同じく過去のとある教え子の妹であることを最後の最後に打ち明けられたりと、嬉しいサプライズもありました(先に言ってよ!)。

このワークショップについてブログに書いていることを、学生には途中から打ち明けたのですが、みんな思いのほか喜んでくれたので、きっとこの回も読んでくれていることでしょう。

本当にお疲れさまでした。君たちとチームが組めて私は幸運だったと思います。終わったらもう少し解放感があるものかと思っていましたが、今はちょっと寂しいです。

皆さん、良い夏休みを!また大学で見かけたら声をかけて下さいね。


”チーム関本”

<バックナンバー>
日大デザインワークショップ~その3
日大デザインワークショップ~その2
日大デザインワークショップ~その1