最初の数日で申し込みが200名を超えたところからはじまった野地木材工業さんのオンラインセミナーが無事終了。最後は申込者数が450人くらいまで伸びましたが、最終的な参加者は300名程度だったようです。

ZOOMは慣れてはいるものの、顔の見えない受講者に届く話はなんだろうと、いつもとは全く違う話の構成で臨みました。どうだっただろう?反応が見えないので良くわかりませんが、そこから伊礼さん、小谷さんと話がつながり、尻上がりに盛り上がってゆきましたね。

これ、多分私や小谷さんだけじゃダメだったなと改めて思いました。やっぱり伊礼さんの存在感と芯の座り方はさすがで、横綱相撲を見せられているようでした。

そして小谷さんの軽妙に場を盛り上げてゆく感じもさすが!こういう時関西弁はずるいな〜。一緒に行った北欧旅行の話も引き合いに出して、なぜ小幅風羽目板なのかというオチまできれいに決めてくれました。

最後のディスカッションも楽しくて、あと1時間くらいはできましたね。その後の反省会も流出するとヤバい話がてんこ盛りでした。ここ数週間はとても楽しみな気持ちと、不安とが交互にありましたがこれでぐっすり眠れそうです。

最後にこの写真。伊礼さんの真面目な話を、神妙な顔でふざけた背景で聞く小谷さんというこのシュールな構図。この日を象徴している一枚です笑。野地木材さん、楽しい時間をありがとうございました!

★6月20日追記
とうとう380人を越えたようです(恐ろしくなってきた、、)。最大500人まで枠を広げたとのこと。当日放送事故が起こらないことを祈るばかりです。汗


三重県の熊野にある野地木材工業さん主催によるオンラインウェブセミナー(ZOOMウェビナー)のお知らせです。今回は私と伊礼智さん、小谷和也さんの3人でお送りさせて頂きます。

木をふんだんに使った設計手法の3人ですが、それぞれの切り口で”木”を語ります。参加費は無料。専門家から一般の方まで広くご参加頂けます。

■ 日時:2020年6月24日(木)17:00-21:00  
■ 参加費:無料
■ お申込みと詳細はこちら http://ptix.at/4FDrPa


熊野の野地木材さんとは、最近ではこの現場の天井に使用した杉の小幅板などを特注で製材して頂き、使用させて頂いたりしています。

木はカタログから選ばなくても、こうして良心的な木材企業さんにわがまま?を言うと、いろいろ応えてくれるんですよね。私はそんな野地さんとの事例も含めて、リオタデザイン流の木の使い方についてお話ししたいと思います。

また三重の熊野というローカルな場所にある木材企業さんでも、オンラインを使えば全国規模の講演会が開催できちゃうという、オンライン時代の希望みたいなセミナーだとも思います。

また申し込みページにある告知動画がとっても楽しいので、是非動画だけでも見て下さい!ご参加もお待ちしています。 https://youtu.be/zlwbQuew9wE

JIA Bulletin特別シンポジウム「住まうということを多視点から考える」は無事終了。進行役という重い肩の荷を下ろしました。会場は満席。

今回は難しかったです。どうやって進めるのが正解なのか全くわかりませんでした。面白かったと言って下さった人、思うところあった人多数いたと思いますが、不手際はどうかお許しください。ご登壇者の機転と素晴らしいコメントにずいぶん救われました。

大学の教え子、オープンデスクに来る他大生など含め10名以上学生さんも来てくれました。こちらはとても嬉しかった。最後に植久さんの学生さんに向けた言葉「世の中は変えられる!」という言葉が余韻としていつまでも残りました。

ご登壇下さいました植久さん、小原さん、木藤さん、本当にありがとうございました!

日本建築家協会(JIA)において、支部広報委員を務めているのですが、こちらの広報誌Bulletin(ブリティン)の特別企画として、業界の一線で活躍される建築雑誌編集長ならびに元編集長の方々にご登壇頂き、Bulletin今年の年間テーマである「住」についてクロストークを交えて議論を深めます。進行役(ファシリテーター)は私が務めます。

当事者としての建築家は、なかなか自分たちの立ち位置や考え方について俯瞰的に見つめることは難しいものです。こちらでは第三者的な視点から、住まいや建築(建築家)を取り巻く諸問題に切り込みたいと考えています。


Bulletin 連動企画|特別シンポジウム
『住まうということを多視点から考える』
編集者と考える これからの建築とは

日時:2020年1月31日(金)18:30~20:00
会場:建築家クラブ/JIA 館1階|東京都渋谷区神宮前2-3-18

■ 詳細とお申し込みはこちらより
https://www.jia-kanto.org/kanto/activity_event/lecture/5896.html


クロストークでは、住宅をつくる上で直面する様々な社会的問題、たとえば住まいの性能や環境への配慮、住まいの快適性を計る指標についてや、工務店の職人不足問題、設計者が工務店とうまく付き合ってゆくためには?といった様々なトピックについて幅広く取り上げる予定です。

また、そもそも一般の建て主さんは建築家に何を求めているのか?建築家はそれに正しく向き合えているのか?など、編集者の視点から「これからの建築とは?」を考える機会としたいと思います。

また設計事務所で働くということはどういうことか?今どきの学生さんにとって建築家という存在はどうなのか?時間があればそんな話も盛り込みたいと思っています。

一般の方向けのセミナーではありませんが、当事者としての建築家や、住宅建築業界に身を置く方々、建築を学ぶ学生さんなど是非奮ってご参加下さい!

.

東京ビックサイトの建築知識実務者セミナー、我々の新井勇司さん、山﨑壮一さんとの板金クロストークは無事終了しました。

私はメインMC。なんだかんだで、この立ち位置が一番落ち着く…。

そもそも板金クロストークって何だ。板金仕上げの奥深さを神職人・新井勇司さんとの仕事から掘り下げようという試みでしたが、はたして堀下がったかどうか…。



他のどんな分野もそうですが、板金も問題意識を持ち続けた人にしかわからない領域があります。たぶん何らかの問題や悩みを抱えた人にはきっと響いたセミナーだったのではないでしょうか。

しかし、結論は「できる人にはできる、できない人にはできない」。なんじゃそりゃ。

でも職人さんのできないは「やったことない」なんですよね。そこをブレイクするのはとにかく熱意と探究心です。職人をその気にさせるのも設計者の能力なのですから。

終了後は、新井さんが作ったモックアップに人が殺到していました。そうそう、板金は目で見て触ること。手品のタネなんて案外あっけないものです。これならできるかも、と思ったあなた、明日から板金マスターの道まっしぐらです。

それにしても多くの方に来て頂き感謝致します。
みなさんも、好きねぇ。