年明けの1月12日(土)に、新宿のOZONEさんにて、一般の方を対象としたセミナーを行います。

☆ 建築家と建てた家「建て主との本音トーク」
>> 概要とお申し込みはこちら

日時:2019年1月12日(土)13:30~14:30
場所:新宿パークタワービル3F OZONEウェルカムプラザ
OZONEの入っているビルです。エントランスの吹き抜けのエスカレーターを上がって、奥の吹抜けのイベントスペースです。
定員:20名(事前申込制・先着順)


今年の7月に「建て主[本音]クロストーク」と称した自主企画イベントを、建築家の山﨑壮一さんと開催させて頂きました。

建て主[本音]クロストーク(7/22開催分)
https://www.riotadesign.com/blog/180723.html

いわゆる建築家の家づくりセミナーというと、自らの作品(仕事)を美しいスライドで紹介するという流れが一般的ですが、家づくりは必ずしもそんなに美しいことばかりではないかもしれません。

そんな家づくりの”本音”を設計者ではなく建て主さんに語ってもらうことで、これから家づくりをしようという方に、設計事務所と家を建てるということがどういうことなのか、実感を持って知って頂こうというのが前回の企画の主旨でした。

これが好評で、当日いらした方からも「面白かった」「シリーズ化して欲しい」というお声も多く頂きましたが、今回はOZONE企画として第2弾を開催させて頂くことになりました。


前回はTOPWATERの建て主さんにご登壇頂きましたが、今回は紫陽花の家の建て主さんにご登壇頂きます。なんといっても、OZONEコンペで建った家でもありますので。

今回はOZONEのコーディネーターさんが司会と聞き役を務めて下さいますので、前回よりは中立かつ公正な進行?になるかと思います。時間が1時間しかなくて、本当は深掘りすると2時間でも3時間でもできるテーマなんですけどね笑。

私が最初に登壇して、住宅の概略を説明したあとに建て主さんにご登壇頂き、OZONEコーディネーターの方とセッションして頂きます。現在家づくり検討中の方はもちろん、そうでない一般の方や同業の設計者の方でもお申し込み頂けます。

OZONEコンペの裏話もするかも?笑
定員がわずか20名ですので、どうかお早めにお申し込み下さい!


☆ 建築家と建てた家「建て主との本音トーク」
>> 概要とお申し込みはこちら


『Japan Home& Building Show 2018』

ビックサイトでの建築知識実務セミナーは盛況のうちに終了。リノベ界のトップランナー、小谷さんは特に大入りの満員。古川泰司さんの激アツな木トークにも引き込まれました。また別会場でセミナー登壇予定のあった上原牧子さんも会場に駆けつけて下さり、先の北欧旅行仲間つながりの1日でした。

我々には共通の知人も多いので、今年の会場はいつになくホームな空気でやりやすかったです。私は3年連続、4度目の出場ということで毎年ハードルが上がっていますが、今年はドキドキしながら畳だけで60分トーク、なんとか着地できて心底ほっとしました。

そして小谷さん、古川さんもお酒呑んでるだけじゃないんですね?笑
仕事人の横顔、めちゃくちゃ格好良かったです。

お越し下さった皆様ありがとうございました!




昨日は新宿のOZONEさんにて、構造家の山田憲明さんとの構造セミナーでした。私はファシリテーター役で登壇させて頂きました。開催1ヶ月半も前に満席となり、キャンセル待ちもたくさんいらしたようです。

山田憲明さんとはこれまで多くの住宅で協働させて頂きました。今や木造では人気実力共にナンバーワンの構造家の一人です。そんな山田さんと共に「中・小規模住宅の木構造を学ぶ」というタイトルでのセミナーでした。

トークセッションでは、山田さんに素朴に聞いてみたいことがたくさんあって、恥を忍んで素人のような問いかけをたくさんさせて頂きました。

物足りなかった人もいたかもしれませんが、同じような疑問を抱えている方も多くいたことと思います。ちょっと行き過ぎた発言?もあったかもしれませんが、どうかお許し下さい。

一生懸命答えて下さる山田さんの誠実な人柄が伝わってきました。ご来場下さった皆様ありがとうございました!


セミナーを通じてあらためて深まった理解や、思うところも多々あり、また時間があるときに考えをまとめてみたいと思います。今はもう、、忙しすぎです!


11月20日より東京ビックサイトで開催されるJapan Home & Building Show 2018「建築知識・実務者セミナー」にて今年も登壇させて頂きます。一昨年のテーマは板金、昨年は鋼板防水、そして今年のお題は「畳」とのこと。

毎年どんな変化球でも全力で返してきました。昨年の鋼板防水だけで1時間語れにもシビれましたが、今年は畳だけで1時間。いや無理。だって畳なんて使わないもん、て思ったらまぁ出てくる出てくる。気がつかないうちに、ほぼ毎回畳をどこかに使っていることがわかりました。

畳を使っている意識がないのは、そもそも建て主さんに「和」を求められていないから。お恥ずかしい話、和って何ですか?私自身いまだによくわからない。北欧ならわかるんだけど。

で、気づいたらリオタ流なんじゃこりゃ畳空間がいっぱい。

つまるところ畳は「素材」だと思ってます。フローリングとかタイルとかと同じように、畳にしたいところに畳を敷く。ただそれだけ。そう考えると畳の使い方ってもっと広がるんじゃないかと思うんですよね。

ということで、畳だけで一時間。私にしかできない話をします。自宅の畳家具の話も最後にしようかと思います。


[建築知識・実務者セミナー]
11月21日(水)15:30~16:30
豊かな暮らしをつくる上質な畳空間|関本竜太
http://www.jma.or.jp/homeshow/seminar/program.html#lecture

お申し込みは上記リンクより。スクロールしてページの一番最後です!

実務者セミナーとか書いてありますけど、一般の人でも申し込めば入れます。専門家っぽい顔して来て下さい。建築知識ブースでは、建築書がたくさん買えますよ。





author
sekimoto

category
> イベント



昨日は神奈川建築士会 木造塾主催の講演会に登壇させて頂きました。私にとって神奈川は少々アウェイ感のある場所、果たして人が集まるのかと不安でしたが、なんとか会場も埋まってほっとしました。

フィンランドの話から住宅事例、ディテール、エスキース流儀まで広く横断した話でしたが、最後の懇親会では皆さまから温かな感想、何より面白かった!と言って頂けて本当に良かったです。

最後に私にオファー下さった山中さん、遠藤さんには改めて感謝申し上げます!