夏休み二人目のオープンデスクは、芝浦工大3年の中島桃さん。

行ったことはないけれど、北欧にすごく興味があるということで、「北欧、オープンデスク」のキーワードで検索したらリオタデザインがヒットしたのだとか。そんな検索でヒットすること自体がびっくりですが、こんな子もはじめて。

いつものように設計課題に向き合ってもらう一方で、ちょっとした建築見学も。夏休みはどこにも行けなかったそうなのでかなり嬉しかったようです。元オープンデスクの学生も合流して、束の間の楽しいひとときでした。

これはオープンデスクに思うことですが、学生に実務を教えることには意味はないと思いますが、実務の現場にしかない建築の真実というものはあるような気がします。この学生さんも、大学ではけして言われることのなかったことばかりを指摘されてずいぶん戸惑っていましたが、最後は生活感の見えるプランを描き上げてくれました。

建築を考える上で一番大切なことは、ハートで考えることです。それは本には書かれてはいないのです。ルールに従うのではなく、自分の気持ちに正直に従うことが、正しい決断と自身の幸せにつながる。私はそれをフィンランドで学んだのですが、たぶん最後に話したそんなことが彼女には一番深く響いたような気がします。




恒例の夏のオープンデスク、一人目は芝浦工大2年生の中村莉緒さん。

設計課題を出し、初日は2年生にありがちなセオリーを無視した観念的建築?でしたが、ひとつひとつ住宅の基本を教え、彼女も事務所の本を持ち帰って勉強。毎日1時間のエスキースを重ねるとみるみる上達。わずか一週間で別人のような案を作るようになりました。これまでのオープンデスク生で一番伸びしろがあったかもしれない。最後に模型までちゃんと作ってプレゼンしたのも見事でした。

リオタデザインではオープンデスク生には、仕事を一切触らせません。学生に触らせられるような仕事はうちにはないからです。その代わり、私が設計課題を出して毎日のように設計指導をします。大学ですら10分くらいのエスキースを、私がマンツーマンで毎日1時間も指導するというのはスタッフですらないことです。中村さんはそれを知っていてうちを選んだとのこと。我ながら授業料を取りたいくらい。

大学では課題を出して、次の週に案を持ってくる学生はほとんどいません。口先だけでコンセプトを語る者。ノートの片隅に抽象的なスケッチを描いてくる者。どうして唯一無二の敷地に向き合って、三角スケールを使って図面を引かないのか。答えはそこにしかないのに。

一週間を使っても一案も作れなかった子が、一日で何案も作るようになり、わずか一週間でプレゼンが出来るクオリティまで持って行くことが出来る。この成功体験を作ることが我々のオープンデスクの目的なのです。

うちのオープンデスクを経験すると、後期からすごく伸びるという話をしたら、目を輝かせて「後期課題が楽しみです!」と言って帰って行きました。彼女の”真夏の大冒険”も終了です。

☆ 来週からも別のオープンデスクが来るので、案の詳細は伏せておきます笑


この春二組目のオープンデスク、日大の池部海都くんが終了。最後は恒例のスタッフによる全体講評会。

自分の仕事やスタッフへのケアだけでも手一杯の中、オープンデスクまで受け入れるのは毎回とてもハードなのですが、彼らも無給で来ているからには、その時間に釣り合ったものをお返ししたいと思っています。

わずか4日間でしたが、濃い4日間でした。
最後はぐんぐん成長が見えて嬉しかったです。池部くん、お疲れさまでした!

デザインファームから2週間のオープンデスク生、今日が最終日でした。指導してきた学生をスタッフ達による全体講評会に送り出します。これを聞くのがいつもの楽しみ。

学生さんへの本一冊分の「伝わる図面の描きかた」講座が終了しました。Iさん、お疲れさまでした!


一週間の予定で事務所に来ていた日大芸術学部からのオープンデスク生も昨日が最終日。折角なので、スタッフを連れて、事務所の近くなのに行けてなかった角川武蔵野ミュージアム(設計:隈研吾)へ。

建築の感想はまた別の機会に譲りますが、たまにはスタッフを連れての建築見学も良いものです。学生さんにはこの一週間設計課題を与えてエスキースを続けてきましたが、独創的なプランはなかなか面白かったです。また遊びに来てくださいね!