言わずと知れたアールト自邸。このメインカットは見学者なら必ず撮るカットだけれど、じゃあ床のフローリングはどう張られていたかまで記憶にある人はなかなかいないと思う。

私ももう何度目かのアールト自邸(実は泊まったこともある)なのに、そこをしっかりと見たのは今回がはじめてだった。アールト自邸のフローリングは意外と幅も狭く、長さも短い(W75xL650)。


一番注目して欲しいのは、その重ね方。通常定尺もの(長さが一定のもの)を張る場合は、半分ずつずらしながら交互に張ることが多いと思うが、アールトは違う。板の先を25mmだけ重ねている。

へえ!これだけで空間の印象がずいぶん違うものだ。これを「アールト張り」と勝手に名付けて、早速試してみようと思う。

※床材の樹種だけが分かりません。木目はナラに近い気がするのだけれど色がずいぶん黄色い。ご存じの方は教えてください。


<はじめに>
先の北欧の旅から帰ってきて、あらためて写真を整理しながら、旅先で気になったアールトのディテールをいろんなエレメントに分けて分類している。

あらためてアールトはフィンランドの建築家の系譜では珍しく凝ったディテールをたくさん残していて、何度も写真を見返しては「ううむ」と唸り、その思考の背景に思いを馳せる。自分自身の頭の整理を兼ねて、ここでも少しずつ紹介してゆきたい。



さてこれはスタジオ・アールト。よく見ないと見逃してしまうレンガのコーナーの納まり。ん?このデコボコしたシルエットはなんだ。すこし考えて分かった。レンガの壁を90度じゃなくて、ほんのちょっとだけ広げて積んでいるんだ。レンガ積みのフィンガージョイントとでも言うべきか。わざとちょっとだけずらすというのがアールトらしい。

アールトは生涯このレンガという素材に向き合い続けた。アールトほどのレンガの使い手はそうはいない。スタジオの完成は1955年。アールトの建築がレンガ一色に染まった赤の時代。

このくらい、どうってことない。
そう言っているかのよう。この余裕とさりげなさがたまらない。



ちなみに、スタジオ・アールトの塀の補強もなかなか良い。コンクリートブロックで応用できないか考えている。




注)ブログではAALTOを「アアルト」と表記したり、「アールト」と表記したりしています。私は表記は発音になるべく忠実であるべきだと思うので、通常は「アールト」と書きますが、アルヴァ・アアルト展のことを書くときは混乱を避けるため「アアルト」と敢えて表記しています。混乱もあるかもしれませんが、どうかご了承下さい。