11. 09 / 01

「話す」こと

author
sekimoto

category
> 仕事
> 思うこと



以前プランがなかなか進まない話を書いた.その後はといえば,なんとか道筋をみつけて「ヨシ!」と心の中で小さくつぶやけるくらいの案にはなりつつある.

毎回プランを納得のいく形でまとめるというのは,プロとしては当然といえば当然のことなのだけれど,でもこれはプロだろうが学生であろうが結局は同じことで,そんな局面に出くわした時どうやったら乗り越えられるかということを日々意識していないと,その時にただあたふたと自信喪失する事態にもなりかねない.

よくそういうときは「手を動かせ」と我々は言う.ただ腕組みして天井を眺めているよりも,手を動かしていれば何かヒントが得られるはずだと.もちろんそれは正しい.正しいけれど常に正しいかと言われればそうでもない,と僕は思う.

だって頭に何にも浮かばないのに真っ白なスケッチブックにただ向き合うなんて,こんなに苦痛なことはないもの!これはきっと文筆業の方でも同じだろう.ちょっと気分転換…といっては,後ろめたく違うことをやりはじめてしまうパターンになりかねない.

今回実感したのは,こういうときの「話す」ことの有効性である.

自分の中で堂々巡りしている悩みも,親しい友人などに話すとおのずと結論が見えてくることがある.今回もあまりに糸口が見えないので,スタッフをつかまえ目の前に座らせては,何が問題なのか,どこに違和感を覚えているのかを訥々と語るという作業を繰り返した.

不思議なもので,毎回語り終える頃には「だからきっとこういうことなんだろうな」という結論じみたことが見え始めていたりするからおもしろい.あんなに行き詰まっていたというのに.またそこで素朴な一言をもらったりすると「やっぱりそうか」と,またひとつ外堀が埋められたりもする.

つまり「話す」ことは手を動かすのと同じくらい有効な”エスキース”であるということだ.さび付いて硬直していたギアに油を差す行為にも近いかもしれない.また自分以外の誰かを巻き込むことで,モチベーションを上げられるという効果もあるだろう.

そう考えると,よく大学などでは学生がまっさらなエスキース帳を持ってきては「なんとかしてください!」というパターンが多いのだけれど,それを怠慢とばかりに突き放すのは必ずしも得策ではないのだとも言える.手が動かない学生には,まずは口を動かさせるというのも指導のひとつだろう.

今回はいろいろスタッフにも”ご指導”頂いて少し着地点が見えてきた.実にありがたい.一人で事務所をやっている人も多いと思うけれど,仕事量の問題というよりクリエイションの問題において,僕は絶対に一人ではできないだろうなとつくづく思うのだった.

11. 08 / 25

スケジュール

author
sekimoto

category
> 仕事


週明けから延々とスケジュール調整。すでに数ヶ月先までの週末がびっしり。そこは住宅設計を生業とする者の宿命。週末は進行中のプロジェクトの奪い合いとなる。施主との打ち合わせ、検査や引き渡し、そしてオープンハウス…。

またここのところ立て続けに頂いた設計依頼を整理して、設計スケジュールの組み立て。普通に勤めている方なら、数年先まで予定が入るというのは息が詰まることかもしれないけれども、根無し草のような我々のような職種の場合はとってもありがたいことだ。
貧乏ひまなし.スケジュールを埋めていくことに一種の快感を覚える.

11. 08 / 22

ムリ!


またあらたなプランニング始動.
今回はうってかわって広い敷地.ひとつ前にやっていた敷地の10倍はあるかも.スケール感が追いつかない.配置がうまくいかず,迷いが消えない.そしてこうしてブログなど書いている.もちろん現実逃避である.

これまで,もう何十件の住宅をプランニングしてきただろう.結果から言えばプランニングがまとまらなかったことなんて一度もない.そしてどのプランニングでも自分なりに納得のゆく解決をしてきたつもりだ.けれども,そのどの住宅でも最初にはいつも同じことを思う.

ダメ!ムリ!!

ああ,こうして産みの苦しみがはじまる.おそらくどんなヒットメーカーだって,ひとつの曲をつくる時には頭をかきむしっているに違いない.そして心ではこう叫んでいる.

ダメ!ムリ!!

ああ,プレゼンまでにいつもの自信に満ちたプランができているとは到底思えない.
ああ,逃げ出したい!けれども数週間後にはきっとこう思っていることだろう.

オレって天才かも!?
これもいつものパターンである.

11. 08 / 10

あたふた

author
sekimoto

category
> 仕事


特別追い込まれているわけではないけれど,いろんな情報を整理しながらの日々.
あたふたしています.

今週から学生さんがひとりオープンデスク(インターン)にやってきていて,先週はその準備におおわらわ.何の準備かといえば,ほとんど倉庫と化しつつあった模型室のリニューアル.山積みの模型やらサンプル,カタログのたぐいを整理して,棚やらパソコンやらを導入したら逆にものすごく快適な執務スペースになってしまいました.僕がそこで仕事をしたいくらいで…

昨日は灼熱の現場へ.打ち合わせ中も汗が止まらず,帰りもフライパンのようになった車を運転して帰ってきました.おかげで午後は頭が痛くなってしまって,昨日は早めに上がってひたすら寝ていました.12時間くらいは寝たかもしれない.

今日は再びすっきりして仕事再開です.今日も最高に暑いようです.
外に出る方はどうかご用心を.今日は幸い?一日中デスクワークです.

久しぶりに新しい作品をサイトにアップしました.
こちらよりご覧下さい >>[これまでの作品]

RIVERHOUSE(N邸・浦安市)昨年9月竣工 
 敷地18坪/川辺の変形地に建つ家
FILTER(U邸・練馬区)昨年12月竣工
 敷地22坪/高い天井と大開口を持つ都市住宅

※おしらせ※
FACEBOOKにも近況をアップしています.
アカウントを持っていらっしゃる方はどうかお気軽にコンタクトして下さい.
http://www.facebook.com/rsekimoto