12. 06 / 14

やっぱり豆

author
sekimoto

category
> 生活



昨日はいつも頼んでいる丸山珈琲から豆が届いた.けれども開けてびっくり!挽かれた粉で頼んだつもりが豆で頼んでいたようだ.

ところが豆から淹れるとやっぱり違う.部屋に独特の香りが漂い,お湯を注ぐと炭酸のような泡がふんわりと盛りあがる.豆はやっぱり生きていることを実感.もちろん味も格別!強い香りとコク,そして奥にまろやかな甘みが広がる.

朝の貴重な時間も惜しいけれど,この至福の時の前にはやっぱり太刀打ちできない.

author
sekimoto

category
> 生活



設計打合せの最初のヒアリングで必ず聞くことは,「ソファ派か,床派か」ということ.リビングにソファーを置くということになると,必然的にそのサイズや向き,それに伴ってテレビの配置や窓の位置まで,すべて計算しながら設計する必要があるからだ.

ちなみに我が家は「床ごろごろ派」.ソファの安楽よりもフレキシブルで広く空間を使えるメリットを選んだ.ところが去年,母世帯のソファーの買い換えに伴い,古いソファを設計中のお施主さんにお譲りすることになり,それが完成するまでの間,我が家のリビングでしばしそれを「保管」させて頂くこととなった.

というわけで,去年から我が家はにわかにソファ生活となった.ところがこれが快適きわまりない(その様子は昨日のブログを見ればわかります).ここに横たわってテレビを見る快楽といったら!いけないいけない.我が家にはそもそもソファは置かない設計になっていたはず.この生活に根っこが生えないようにしなくては.

というわけで,ようやくこのソファの新しい持ち主となるお施主さんの住宅が,本日晴れて引渡し.今朝はソファをばらして車に積み込んだ.さよならソファ.けして広いとは言えない我が家のリビングは再びささやかな広さを取り戻したのでした.

にしても,最初はこんな感じだったんだナァ.(遠い目で・・・)

[caption id="attachment_4640" align="alignnone" width="560" caption="竣工当時(2007)"][/caption]

12. 05 / 01

カメの家

author
sekimoto

category
> 生活



ベランダの隅のカメの家.一昨年あたりに子供とホームセ​ンターの端材で作ったのですが,以来彼のお気に入りスポ​ットです.時間帯によってはスロープの下に頭を突っ込ん​でいることも.

疑問としては,この体勢からどうやって降りるのかという​ことですが,奥さんの証言によると,そのまま進​んでドンと落っこちるそうです.

12. 01 / 29

ぽっかり

author
sekimoto

category
> 仕事
> 生活


年明けから怒濤の忙しさが続いていて,週末も打合せや建築展,面談と続き,年が明けてからほとんど1日も休めていない.特に昨日は忙しさのピークで,予定を4つくらいかけ持ちして,一日中走り回っていた.

休めない日々が続くと曜日感覚が麻痺してくる.朝ふと目覚めた時に,はたして今日が日曜日なのか金曜日なのかが怪しくなる.しばらくして普通に平日だったことに気づき,淡い期待は裏切られ,重い体を持ち上げるようによろよろと起き出すことになるのだ.

今日は日曜日.今日も朝からFILTER(U邸)の1年点検があった.久しぶりにお施主さんとも再会し,近況を語り合いつつも,いろいろな問題点を整理し,対策を協議しての解散となった.

終わって時間を見るとちょうどお昼.これから家に帰ってと・・・.
もしかして,この後には何も予定がないことに気づいた.今日は子どももいないし,急ぎの仕事もない.来客もない.てことは,自由!?

ほんの半日だけれど,束の間の自由時間ができたことが無性に嬉しい.
さあて,なにしようか!結局なにもできずに日が暮れていきそうだけれど,久しぶりに緊張の糸をほどいて,とりあえずだらだらしよう.

[caption id="attachment_3585" align="alignnone" width="560" caption="快晴のFILTER"][/caption]

11. 12 / 30

名医

author
sekimoto

category
> 生活


この年末の出来事.子供が足をひねって捻挫してしまい,年末なので病院もどこも休みで困っていたら,駅近くのこんなところに?という所に整骨院を見つけ,飛び込みで診て頂くことができました.

レントゲン設備もない小さな診療所で少し不安に思っていると,おもむろに子供をベットに寝かせ,おへそのあたりになにやらお守りのようなものを一つ置くと,僕は時計や指輪などをすべて外すよう指示されました.ん,何?少し怪しい.

次に僕に指で「O(オー)」の字を作らせると,先生がその指を引っ張り,僕は指が開かないように力をいれます.指は開きません.先生曰く,これは健康の証なのだそうです.

次に子供の患部に片手を触れるよう指示されました.そして反対側の手で作ったオーリングを先生が引っ張ると,今度は全身の力が抜けたようにあっけなく指は離れてしまいました.思わずびっくり!

これをオーリングテストというのだそうです.悪い気(微弱な電気信号)を体が敏感に感じ取り,脳が反応しているのだとか.霊感も気功の心得もない自分にそんな察知能力があったことにまず驚きました.

先生とその助手はこのオーリングを応用しながら,子供の足を綿密に調べてゆきます.捻挫だけではなく骨もずれていること,そしてそれは足首だけではなく,膝の骨まで影響を受けていることなども指摘されました.それはおそらくレントゲンにも写らなくて,そのまま放置しておくと将来の発育にまで影響を及ぼしてしまうのだそうです.

先生はその患部である足には一切触れることなく,首筋のあたりを何度か引っ張ると,拍子抜けするくらいあっけなくその治療を終えました.少しいぶかしく思っていた僕には再度オーリングを作らせ,もう一度患部を触らせ先生が引っ張ると,今度はその指はぴったりとくっついたまま離れないのでした.

子供はといえば,診察後すぐに痛みが引いたわけではないようでしたが,夜には結構普通に歩けるようになっていました.ただその効果のほどは別としても,実際に自分の指が開いたり開かなくなったりしたのは事実で,また足の捻挫を首を引っ張っただけで治療したお医者さんというのも初めて見たので,あっけにとられて思わず”名医”と拝みたくなってしまいました.

もしかしたら,レントゲンもなかった昔の方が,案外正確で本質的な治療ができていたのかもしれません.人間の”気”おそるべし!この年末の奇妙な体験でした.