アールトの建築の魅力のひとつに緑との関係がある。ツタや木が住宅と絡み合い渾然一体となった姿は、モダンな外壁ラインを周囲に溶かし、異物としての建築すらも自然の風景の一部としている。それこそがアールト建築の真骨頂だとでも言わんばかりに。

例えばル・コルビュジェの建築は、ピロティによって大地から切り離され、同じモダニズム建築であっても、アールトとは対極の自然観を示しているように思える。コルビュジェは建築の純粋性を追求し、空間に流れる時間を止めたのに対して、アールトは空間に時間を刻んでいる。


マイレア邸のリビングの開口部の上部には、ルーバー状のキャノピーが付いている。雨を凌ぐものではないし、陽射しを防いでいるようにも見えない。長年なんだろうと思っていたのだけれど、ふと開口の両脇に目を向けると、キャノピーの高さにまで伸びた鬱蒼としたツタがあった。
アールトはこのツタでぶどう棚のように開口を覆いたかったのではないか。まさかの”ツタ庇”?。真偽の程は未確認だけれど、アールト自邸の窓先にツタが覆うように自生している様を見ると、想像に余りあることだ。



そしてアールト自邸。白い外壁にびっしり絡まったツタは圧巻だが、仔細に見ると、外壁には細いバーが細かいピッチで取り付けられている。ツタは自然に生えたのではなく、明らかにアールトは強い意志を持ってツタを外壁に絡ませたのだということがわかる。



スタジオ・アールトでは曲面を描く壁の突き当たりに、あたかもアールトのスケッチラインのように自由な曲線を描いてツタが壁を這う。しかしこれもよく見ると、曲線に曲げたパイプを壁に取り付けていることがわかる。なんとツタが這うラインすらもアールトが”デザイン”しているのだ。


アールトが空間に持ち込んだ時間軸には、「移ろう自然」はなくてはならない存在だったのではないか。アールトが切り拓いた北欧モダニズムの本質は、まさに自然と建築との関係性にあるのかもしれない。