17. 06 / 01

講評会



非常勤で教える日大理工学部2年生の第一課題「サードプレイス」の全体講評会がありました。私は非常勤は楽しいのですが、この全体講評会がなければいいのに、といつも思います。

講師というものは、教え子が発表で他の先生から集中砲火を浴びたり、箸にも棒にも引っかからなかったりすると、ずっしりと責任を感じるものです。自分の教え方がまずかったんだろうなと暗澹たる気持ちになるのです。

逆に評価されたらもちろん嬉しいのですが、そうしたら不思議なもので、自分の指導が良かったからだとは思わず、学生ががんばったからだと思うのです(他の方はどうか知りませんが)。

この日は、我がクラスから選出した2名とも優秀作として作品集に収録となり、うち1人は最優秀賞こそ逃したものの、スーパージュリー(外部講師を招いての総合講評会)への選出となりました。久しぶりの快挙。

おめでとう!義務が果たせて良かった。
でもやっぱり、講評会は苦手です…。