CONVEX


TAJIMA | KREIS 3
モノ・コト一覧ページへ戻る

コンベックス(コンベ),というのはいわゆるメジャーのこと.業界ではなぜかコンベックスというのが一般的な呼び方.建築では長いスケールを計ることが多いので,メジャーの平面形状がカーブしていて反りにくくなっている.おそらくこの凸面(convex)を差してこのような呼び方になっているのだろう.

職人さんはもちろん,現場監督も,そして我々建築家も皆コンベックスは必需品.
これを忘れたら現場では話にならないし,事務所にいても仕事にならない.スケールに迷うと私もスタッフもおもむろにコンベックスを取り出し事務所のあちこちを計り出す.旅先や出先で気になるスケールを見つけてもその場でガサゴソ,かなり怪しい.

現場に行くときは最低でも5.5mのコンベを持っていく.ただし5.5mはゴツイのでいつも持ち歩くには少々キツい.写真のコンベは首から提げられるコンパクトタイプ.コンベックスだと言われなければ何だかよくわからない.

長さは3mなので,現場仕様としてはやや物足りないのだけれど,少なくとも一般居室の天井高さくらいまでは十分計測できる.かばんに忍ばせていてもかさばらないので,私の鞄のポケットのひとつはこのコンベの特等席となっている.

同じものをスタッフにも支給した.現場で我々が揃ってこれを首から提げている様子は奇妙に映るらしく,必ず「何ですかそれ?」と尋ねられる.一応メーカーは業界大手のTAJIMAブランドであることも,このコンベを少し誇らしくさせている理由のひとつとなっている.

モノ・コノの一覧ページへ戻る