19. 06 / 07

BGM24 Finland

author
sekimoto

category
> 北欧
> 生活



無印良品のBGM-CDにとうとうフィンランド音楽編が出ました!

無印良品といえば、いつもケルト的なBGMがかかっている印象がありますが、ついにカンテレとか流れちゃうんでしょうかねぇ。ドキドキします。まだ聴いていないので中身はわからないのですが。

>> BGM24 Finland (無印良品)

※6/9追記:ようやく入手して聴いています。ずっとエンドレスリピートです。とっても良いです!!癒やされますよ。ちょっと生活の手を休めて、静かなひとときをお過ごし下さい。


フィンランド在住の友人情報で、昨日このCDが発売されることを知り、楽しみにして発売当日、地元の無印良品へと足を運んだんですね。ところがお店のコーナーにはまだこの24番のCDがありません。

お店の方に聞くと「確認してみます」と、奥に引っ込んだままなかなか出てきません。そしてやっと出てきて言われました。「お客様、このCDは現在23番までしか出ていないんですよ」えっとですね、24番は今日発売みたいですよ。

「少々お待ちください」と再び奥に引っ込んだままなかなか出てきません。今度は責任者っぽい方が出てきました。「お客様、このCDは現在23番までしか出ていないんですよ」デジャヴか。えっと知ってます。ただ今日出るって聞いたんですけどね。

「しかしお客様、無印良品のサイトにもまだ載ってないんですよ」いやいや、おたくが自分のところのオフィシャルサイト見てどうする!載ってないから来てるんですけど。なんかあるでしょ、ほら本部に確認するとか。

だんだんめんどくさい客みたいになってきたので、じゃあいいですと言って店を出た。おかしいな、今日じゃなかったのかな?

帰ってから、ふと良品計画(無印良品の会社ね)にお勤めのクライアントさんがいたことを思い出して、迷惑かもと思いつつこの件をメールで尋ねるとすぐに返事が。

CDは確かに本日発売とのこと。そして、私が買いに行った地元の無印良品にも10枚在庫があるとのこと。ん、なんだこれ?店員が梱包解いてなかっただけなんじゃないの問題発覚。

まあいいや。この親切なクライアントさん、明日のオープンハウスに1枚持ってきてくれるとのこと!嬉しい。でも本当はこのオープンハウスで流したかったんですけど。ねえ、地元の無印さん!!

(ネットには今日からアップされたみたいです)

19. 05 / 20

KIRSIKANKUKKA-STOOL

author
sekimoto

category
> AALTO
> 北欧



その昔、ヘルシンキのビンテージショップに積み上げられたSTOOL60に、それを使っていた人の思い思いの布が張られていたのが印象的だった。みんな自分のスツールをカスタマイズして使っているんだ。

先日ARTEK-TOKYOのオープニングイベントで頂いた、アイノ・アールトの復刻ファブリック「KIRSIKANKUKKA (cherry blossom)」の風呂敷をどう使おうか悩んでいたときに、そのことをふと思い出して、自宅でほとんど使っていなかった4本脚のSTOOL60に張ってみることにした。

友人に頼んで加工してもらったところ、すごくいい感じ!今のところこのスツールは世界に一脚かな?記念すべき、アイノのKIRSIKANKUKKA-STOOL、大切に使います。ARTEKさん、ありがとう!



留学時代、行きつけだったビンテージショップにて。


昨年ヘルシンキのアルテックで買ったポスターを、ようやく額装して飾ることができました。というか、正直言うと買ってきて仕舞ったまま忘れていたのですが…。

このポスター、こう見えてかなり激レアなポスターなのです。私の好きなイルマリ・タピオヴァーラのドムスチェアをモデルにしたポスターなのですが、このデザインじつはミナ・ペルホネンの皆川明さんが手がけているのです。

数年前に、タピオヴァーラの関連イベントが青山のスパイラルであったのですが、そこで行われたトークイベントでもこのポスターにまつわる話を皆川さんがしておられました。ドムスチェア70周年を記念して、特別にポスターのデザインをアルテックから依頼された皆川さんは、この愛らしい椅子を”お下げ髪の女の子”に見立てて、artekのロゴをまるで女の子がウインクしているかのように配置したのだとか。

こちらは当時のサイト記事です。
https://casabrutus.com/design/25915

これ可愛いなあ、と思って欲しかったのですが、当時はドムスチェアを購入した人しか手にできない限定ポスターだったんですね。つまり非売品。ただ国内ではまず手に入らないこのポスターが、ヘルシンキのアルテックでは普通に売っていたのです(!)

そんなポスターを押入れの中に仕舞っていたのではもったいないですよね。先日発見?して、重い腰を上げてようやく額装して事務所の廊下に掛けさせて頂きました。

視線の先には…そう、本物のドムスチェアです。

これは18年前留学先のフィンランドから帰国する際に、友人のフィンランド人からボロボロのドムスチェアを譲り受けて持ち帰ってきたもの。ボロボロだったので、脚から座面からバラバラにして持ち帰り、日本でまた組み立てたのでした。

こちらは背もたれが壊れていて、残念ながら座ることはできません笑。事務所にいらしたら、是非この椅子とポスターを併せてご覧頂けたらと思います。


author
sekimoto

category
> AALTO
> 北欧



アルテックのお店がいよいよ明日(4/27)表参道にオープンします!

アルテックとは、すごくわかりやすく言うと、アールト自身を含む数名が設立したアールトの家具を製造販売する会社です。その設立主旨は実際にはそんな簡単なものではないのですが、面倒なのでここでは割愛します。

とにかく、アルテックショップといえば、長くヘルシンキの旗艦店を意味する言葉でしたが、それが身近な表参道にできたということだけでも、私の中では大事件です!


ということで、今日はオープン前の特別内覧会にお邪魔してきました。

店内では、セレクトショップやヘルシンキの旗艦店でなくては買えなかったアルテックの商品がずらり勢揃い!またこのお店でなくては買えないものも。この時点ですでに感動ものです。


出迎えてくれたのは、アルテックの林アンニさんとVitraの森正岳さん。

アンニさんとのお付き合いは、かれこれもう20年くらいになるかもしれません。当時からずっと日本でアルテックというブランドを守り続けてきた彼女の孤軍奮闘ぶりを知る者としては、このお店はアンニさんの夢が詰まったお店のように思えてしまいます。

また森さんは北欧ライターの森百合子さんの旦那さんで、百合子さんと同様にやはりかれこれ20年越しのお付き合いになります。つい最近Vitraに転職されたと聞いたときはびっくりでした!


また、しばらく産休中だった蘆原さんもアルテックに戻ってきました。おかえりなさい!!

昨年お会いしたアルテック社代表のマリアンヌさんともご挨拶できました。私の風変わりなシャツを見て、開口一番「そうそう覚えてる。クレージーシャツのあなたね!」クレージーシャツて、、。ただ、覚えていてくれて嬉しかったです。

ということで、この時点でもうホーム感満載です。


さて、折角なのでそんなARTEK TOKYOの見どころをいくつかご紹介しましょう。



まずはこの生地。

これはアイノが日本人から贈られた桜の模様の入った着物(か何か)に感激し、そのパターンを写してテキスタイルデザインにしたものだそうです。KIRSIKANKUKKAというそうですが、このARTEK TOKYO のオープンに合わせて国内での製造販売にこぎ着けたものだとのこと。

長い歳月を経て、アールト夫妻の日本への憧憬がようやく凱旋したものとも言えるかもしれません。間違いなくこのお店の目玉商品でしょう。この生地は量り売りで購入することができます。


先ほどの引き出しに写り込んでいたこの引手。目ざといあなたはもうお気づきですね。あれ、これどこかで見たことあるゾ?


そう、アールトスタジオの食堂の引手によく似ています。こんなところにもアールトへの愛とオマージュが詰まっています。

ほかにも、先ほどの写真に写っていたお店のテラコッタの床は…


アールトのトレードマークと言える、目地なし突付けのテラコッタ床へのオマージュであることが分かります。

また地下に下りてゆくと…


この地下の床材はなんだかわかりますか?

これはリノリウムです。我々が建築の仕上げに使う模様の入ったリノリウムではなく、通称ファニチャーリノリウムと呼ばれるもので、デスクの天板などにも張られるものです。これもどこかで見たことがありませんか?

そうですスツール60の座面に使われているのが、このリノリウム材なんですね。この高価な材料を惜しげもなく床に使っているという時点で、私の心拍数がちょっと上がってしまいます…汗


さて、ここでアンニさんからクイズです。

これはアンニさんの名刺の裏側のデザインなのですが、これは何だかわかりますか?もちろん私はすぐ分かりましたよ。

正解はこちら。


#611チェアを特徴付けるウェビングテープのデザインですね。なかなか洒落ています。

レセプションに並んだこのクッキーも、これは何の形かアルテック通ならすぐわかりますよね?


そう、リーヒティエプラントポットの形です。
誰ですか?サヴォイベースだなんて言ったのは。


ほかにも、タピオヴァーラのドムスチェアも。

こちらに写っているのはビンテージ品ですが、本革を張ったフカフカの高級ドムスチェアのラインナップも。これはものすごく座り心地が良かったです!写真撮るの忘れました。すみません…


私のイチオシはこれですね。ゴールデンベル"SAVOYバージョン"。泣く子も黙るアールトの名作照明ですが、よく見て下さい。内面が白ではなく真ちゅうのままになっています。

これこそがゴールデンベルなんです。ヘルシンキのSAVOYレストランのためにデザインされました。表面はラッカー塗装もされていないので、素手で触ると手垢が付いて取れにくくになります。だから素手で絶対触ってはいけないという世にもオソロシイ大人仕様。

大丈夫です。そんな一般人のために、通常品は表面にラッカーが塗られ、内面はより明るくなるように白く塗装されています。ただツウを自認するならこれ(SAVOYバージョン)です。ヘルシンキのアルテックにもこれが下がっています。


もう止まらなくなりそうなので、この辺でやめておきます。お店を巡りながら、連れにそんな知ったかぶったウンチクを話して、嫌がられると良いと思います。

古き良きアールトのエッセンスを取り入れながら、ただそれを懐かしむのではなく、現代の生活にリファインして取り入れてゆく。これこそがアルテック!と感じました。

このGWはARTEKへ!

ARTEK
東京都渋谷区神宮前5-9-20
OPEN 11:00-20:00 (2019.4.27 オープン)


昨晩は名古屋の木愛の会にて、『アアルトのディテール』というテーマにて講演をさせて頂きました。中でも学生さんの参加が多かったのが印象的で、時代は変わったなと思いました。

ディテールと聞くとマニアックな難しい話と思われそうですが、むしろその逆で、漠然としていてどう見れば良いかよくわからないアアルト建築の鑑賞ポイントをピンポイントで示すことで、実際に見ると「こういうことか」という発見が多くあると思うのです。アアルト建築は伏線が無数にある、長編のミステリー小説のようなものなので。

ここでは書けない際どい話も色々と。アアルトは都市伝説を含めて、オフレコな話が特に面白いのです。アアルトと日本の関係についてもお話ししましたが、こちらは3月に開かれるアアルトの国際シンポジウムでも和田さんがお話しするのと、展覧会の図録にも書かれているので是非読んでみてください。

アアルトはなにがどうすごいのか、どこをどう見れば良いのか。知りたい方は企画してください。いつでもお話しします。

名古屋の木愛の会の皆様、大史さん、呼んで下さりありがとうございました。イロナにも会えて嬉しかった!Kiitos.