自主企画ですが、現在こんなトークイベントを企画しています!

☆建て主[本音]クロストーク 
[関本竜太+「TOPWATER」の建て主] x [山﨑壮一+「駒場の家」の建て主]


TOPWATER(設計:関本竜太)|駒場の家(設計:山﨑壮一)

日時:2018年7月22日(日) 14:00~16:15 ( 受付 13:30~)
会場:パナソニック東京 汐留ビル 5 階会議室 HALL-2 (受付は4 階です)
https://panasonic.co.jp/es/museum/access/

参加費:無料(定員60名)

☆ 受付は4 階になります。パナソニック汐留ミュージアムが4 階にあり、その前に受付を作りますので、当日は「パナソニック汐留ミュージアム」を目指してお越しください。

[お申込み]
参加者のお名前と連絡先をメールまたはFAX にてご連絡下さい
リオタデザイン(担当:関本竜太)あて
FAX: 048-203-6101 Email: info@riotadesign.com

>>概略のPDFデータはこちらより→ 建て主[本音]クロストーク

.
[概要]
美しいビジュアルの住宅の向こう側には、設計者の思いとは別に、日々の生活をリアルに営まれている建て主さんがいらっしゃいます。そうした建て主さんたちに実際にご登壇頂き、設計者とのクロストークを通して、家づくりを通じて感じた本音の部分を語って頂こうという企画です。

どうしてその人に依頼しようと思ったのか?一見すると斬新に見える空間の実際の住み心地はどうなのか?これから建築家と家を建てたい(けど不安…)という方にとって、また専門家の方にとってもなかなか聞くことのできない他の設計者と建て主とのやりとりなど、貴重な声が聞ける機会となることを期待しています。

.
[進行案]
第一部 イントロダクション 
[設計者による住宅の解説(TOPWATERx駒場の家)] 45 分
(休憩)
第二部 建て主[本音]クロストーク 
[建主より家づくりのリアルな声をお聞きします] 50 分
– 関本竜太x「駒場の家(設計:山﨑壮一)」の建て主
– 山崎壮一x「TOPWATER(設計:関本竜太)」の建て主
第三部 建築家[本音]クロストーク 
[関本竜太x山﨑壮一] 30 分 |質疑応答

.
[登壇建築家のご紹介]


関本竜太(建築家・リオタデザイン主宰)
1971 年埼玉県生まれ。’94 年日本大学理工学部建築学科卒業後、’99 年までエーディーネットワーク建築研究所に勤務。2000 年~ ’01 年フィンランド・ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)に留学、現地の設計事務所にて設計プロジェクトにかかわる。帰国後、’02 年にリオタデザイン設立。
○リオタデザイン|http://www.riotadesign.com/

.

山﨑壮一(建築家・山﨑壮一建築設計事務所主宰)
1974 年兵庫県神戸市生まれ。1993 年私立六甲学院卒業。1999 年早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学~大学院の期間は都市計画・戸沼幸市研究室に所属。同年矢板建築設計研究所入社、建築家・矢板久明氏に師事。工務店参画を経て、2009 年山﨑壮一建築設計事務所を設立、現在に至る。
○山﨑壮一建築設計事務所|https://www.yamasaki-arch.com/

>>概略のPDFデータはこちらより→ 建て主[本音]クロストーク


昨日は昨年末に竣工した軽井沢の住宅「蛍沢の家」の竣工撮影のため、軽井沢に行って参りました。

蛍沢の家も竣工が冬だったので、「撮影は是非新緑の季節に!」と建て主さんにもお願いしていました。そして満を持して、ようやくこの季節です。

軽井沢には本当に最高の季節ですね。また、内部もウェグナーをはじめ素晴らしい家具を揃えて頂きました。リオタデザインの空間には、やはり北欧家具が似合います。

私はこの日はのんびり、半分バカンスモードで撮影に立ち会わせて頂きました。胸一杯に新緑チャージです!また写真家の新澤一平さんの写真もどうかお楽しみに。

(こちらは私の写真です)


4月が出会いの季節なら、5月は家づくりにとってははじまりの季節です。新年度になって心機一転し、気候も穏やかになったこの季節、前向きな気持ちになる人が増えるのかもしれません。

こちらはたまたまですが、この5月には立て続けに住宅が着工します。昨日は葛飾区の「koti」という住宅の地鎮祭がありました。


「koti」では建て主さんが我々の住宅に興味を持って下さり、はじめて顔を合わせてからすでに一年半の時間が流れています。ようやくの地鎮祭、私も建て主さんも感慨深い思いでこの日を迎えました。

計画では、土地の問題、資金の問題など、おおよそ家を建てようという方が経験されるであろうほぼ全ての洗礼を受けました。それも、これでもか、これでもかというくらい笑。

建て主さんの心も折れかかっていた時期もありましたが、オープンハウスに見学にいらっしゃる度にモチベーションをチャージされ、ここまで辿り着きました。そんな背中を私も強く押し続けました。

ようやく着工です。Iさん、竣工までプロセスを楽しんで共に最後まで走りきりましょう!



さて私も少し歳を取り、今では私よりも建て主さんの方が年下という計画も多くなりました。皆さん「人生これから」という方達ばかりです。

家づくりに最も大切なのは、自分たちが「こうありたい・こうなりたい」という思いを描くことと、困難を乗り越えてでもそれを実現しようという強い意志だと思います。潤沢に資金があって、理想的な敷地があって、思うように家が建てられる方などごくわずかです。ほとんどの方は「そんなの無理」と思って諦めてしまいます。

でも「こうありたい・こうなりたい」という思いを描く人たちは、諦めずに我々の事務所の門を叩いてくださいます。我々は資金や土地を提供することはできませんが、ものの考え方やいくつかの方法を指し示すことはできます。あとは強い意志で不安に打ち克ち、それを乗り越えることができるかどうか。

それができた方は、素晴らしい家を手に入れるだけでなく、その後の人生においても大きな財産を得ることになります。諦めなければ叶うんだという成功体験です。これは何にも代えがたい、家づくりのご褒美のようなものだと思います。

この日は午後にも設計打合せがありましたが、このご家族もまさに同じようなプロセスを歩んでいらっしゃる方達です。そんな方達と進める家づくりが、私にとっては何よりも楽しくやりがいのある仕事になっています。

5月ははじまりの季節!私の心もポジティブになります。


今年のゴールデンウィーク、前半は天気もとても良く気持ちが良かったですね。私は連日建て主さんとの設計打合せでしたが、気持ちが良いので打合せも中庭で実施させて頂きました。

ちょっとムズカシイ打合せも、心地よい風と緑のおかげで一同心穏やかに?進めることができました。内心、GW中の仕事をリゾートのように乗り切りたかったということもあったのですが笑


さて、そして今日はこんな取材の立ち会いもありました。


もうおわかりですね。俳優の渡辺篤史さんが案内役を務める例の長寿番組です。前回は2015年にFPという住宅を取材頂きましたが、今回は3年ぶり2度目の登場となります。

今回の住宅は昨年竣工の「路地の家」。実は路地の家の建て主さんも、FPのオンエアを観て気に入り設計のご依頼を下さったのでした。感慨深いですね。

渡辺篤史さんは前回もそうでしたが、ワゴン車から降りるとそのままマイクを付けて、リハーサルも一切なしで本番に入ります。私にも本当に気さくに話しかけて下さり、カメラが回っていないところでも、本当にあのままなんですね。収録で建て主さんもみんなファンになってしまうという気持ちがよく分かります。


収録終わりには、興奮冷めやらぬ渡辺さんからハグを求められました笑。
前回のFPもすごく褒めて頂いたのですが、今回も渡辺さんのツボにはまったようで良かったです!建て主のOさんも緊張されたようでしたが、ご対応ありがとうございました。

こちらのオンエア予定は、「7月7日(土)」だそうです。また近くなったらリマインドしますね。オンエアが今から楽しみです!

[5~6月・土日祝の設計相談可能日] (5月19日現在)
※事前予約制となります

○5月
26日(土)・午後(遅め)
27日(日)・午後(遅め)

○6月
2日(土)・終日
9日(土)・午前(早め)
10日(日)・午後(遅め)
16日(土)・終日
17日(日)・終日
23日(土)・終日
24日(日)・終日
30日(土)・終日

ご予約は、
メール(riota@riotadesign.com)、またはお電話(048-471-0260)にて。

我々の場合、設計のご相談からご竣工までで、トータル約1年~1年半ほどのお時間を頂いております。もし現在具体的にお考えの計画がございましたら、まずはご相談だけでもお越し下さい。まだ土地がない方には、土地探しのアドバイスもしております。(ご来所頂いてのご相談は、内容にかかわらず無料です)

[備考]
・上記にかかわらず、平日でしたら予定が入っていなければいつでも対応可能です。
・所要時間は初回の場合、約2時間ほどを見込んで下さい。
・お子様をお連れ頂いても大丈夫ですが、遊べるような場所はありませんので、ゲームやお絵描き帳など、退屈しないようなご準備をして頂けたらと思います。
・駐車場もございます。こちらの地図を参照ください。

1 / 6412345...Last »