志木市で進行中の現場DECOにキッチン家具が入るということで、担当砂庭とオープンデスクを伴って現場へ。今回の家具も新潟の藤沢木工所にお願いしています。

そして今年のオープンデスク生は長岡造形大学の学生さん、ということでチーム新潟をパチリ。しかし写真に入りたがらない砂庭「私は青森ですっ」

そうかじゃあチーム新潟青森JVで!

[お知らせ]

誠に勝手ながら、以下の期間は夏期休業とさせて頂きます。

8月11日(金)~15日(火)

また、誠に勝手ながら私(関本)は一足早く、8日(火)よりお休みを頂きます。進行中の案件につきましては、8~10日は弊社の担当スタッフが通常通り対応させて頂きます。

なお、休み期間中も私は常にメールチェックはしていますので、緊急性の高いものにつきましては、上記期間中でも出先から対応可能な内容の返信はさせて頂きます。

また、もし家づくりの設計相談などでお休み中に来所されたいという方がいらっしゃいましたら、14~15日でしたら事務所にて対応が可能です。どうか気兼ねなくご連絡下さい。(事務所の電話には出られませんので、ご連絡はメールでお願いします)

関本メールアドレス: riota@riotadesign.com


流山市で計画中の住宅「TR」の予算調整打合せ。打合せは佳境にさしかかり、クライアントのHさんとは着工に向けて最後の仕様を詰めさせてもらいました。

うちのクライアントは皆さんそうですが、実に細かく図面を読み込んで下さいます。そもそもの我々の図面が細かいという話もあるのですが、家電製品のマニュアルは読みこんだことないという方でも、一生に一度の家づくりの図面は穴が開くほど眺めまくる、というのも我々との家づくりの醍醐味かと思います。

中には常にカバンに忍ばせて、会社でも仕事の合間に図面チェックを欠かさなかったという強者や、帰宅したら図面を広げ図面を肴に晩酌をしていたという奇特な方も。皆さん、会社や家族に見放されない程度にお願いしますね。

さて、熱心さという点ではこのHさんも負けていません。我々との打合せは毎回5時間超。よくもまぁ、そんなに議題がありますねというくらいにお互い議論を重ね、語りに語りまくりました。もっとも、もっぱら私とご主人のトークが白熱するので、奥さんと脇のスタッフはいつもポカーンでしたが。(ご主人とはその後も場外戦。居酒屋で終電まで語り合ってもまだ足りないほど!?)

そしてこの図面。実はもっと付箋貼りまくりの図面だったのですが、半分くらいはがした状態でコレ。ご主人が毎日せっせと図面を眺め続けた結果、付箋がこんな状態になるわけです。メモが書かれた付箋を一枚一枚はがしながらの質問コーナーは、恒例の打合せ風景となりました。

着工時に図面があらためて製本されるのですが、Hさんのこと、竣工まで製本がはたして持つのかという問題もありますが。そんなHさんとの住宅、もうすぐ着工です。


「紫陽花の家」は竣工から2年が経ち、我々の竣工写真とは別にOZONEさんによる2年越しの竣工撮影が行われました。梅雨に入っていますが、紫陽花の咲く季節にこだわっての撮影です。

私も久しぶりに出向きましたが、緑の成長に目を見張りました。建物に負けないくらいのパワーで、竣工撮影は2年くらいしてから撮るのも悪くないと思いました。また竣工と同時期に生まれた双子ちゃんもすくすくと育っていて、子供の成長パワーも実感した一日でした。

当時意図した”森の中のような浴室”は、その意図に確実に近づいているようです。こちらは、来月のOZONEの機関誌O-Cubeにてフルカラーでご紹介頂く予定です。

Kさま、お休みのところ撮影にご協力くださりありがとうございました!



軽井沢で進めています「蛍沢の家」が先週上棟し、週末に上棟式で行って参りました。

軽井沢は平坦地が多いですが、一部にはこんな谷地もあります。得がたい敷地に、計画の初期から心躍っていましたが、前面に迫る新緑の緑に圧倒されました。

軽井沢らしい端正な家です。リオタデザインでは珍しくちゃんと軒もあります笑。軽井沢では条例で軒がない家は作れないのですね。

これからの軽井沢通いも楽しみです!

1 / 5612345...Last »
category
  • staff (25)
  • 建築 (94)
  • 仕事 (276)
  • 思うこと (115)
  • 子ども (62)
  • 遊び (9)
  • イベント (36)
  • 生活 (82)
  • 社会 (20)
  • メディア (66)
  • はまりもの (21)
  • news (2)
  • 大学 (38)
  • 未分類 (6)
  • 旅行 (22)
  • openhouse (42)
  • 弓道 (6)
  • タニタ (12)
  • 北欧 (19)