私が設計させて頂いた吉祥寺のカフェmoiの常連さんでもある、校閲者の牟田都子(むた・さとこ)さんが昨晩のフジテレビ系列の番組『7RULES(セブンルール)』で紹介されていたそうです。

牟田さんはmoiで私がトークカフェをやる時にはいつも足を運んで下さいます。こんな著名な方だったとはつゆ知らず…。いつもありがとうございます。

ワールドカップに夢中で見逃した方も多いのではないかと思いますが(私も!)、以下のリンクより期間限定(6月26日22:30まで)で無料動画が見られるそうです。

http://ktv-smart.jp/pc/movie/index.php?key=53061

番組にもカフェmoiがちらっと出てきます(写真)。牟田さんは請求書の添え状のポストカードはカフェmoiで選ぶそうですよ。ちょっと嬉しいニュースでした。


今年のゴールデンウィーク、前半は天気もとても良く気持ちが良かったですね。私は連日建て主さんとの設計打合せでしたが、気持ちが良いので打合せも中庭で実施させて頂きました。

ちょっとムズカシイ打合せも、心地よい風と緑のおかげで一同心穏やかに?進めることができました。内心、GW中の仕事をリゾートのように乗り切りたかったということもあったのですが笑


さて、そして今日はこんな取材の立ち会いもありました。


もうおわかりですね。俳優の渡辺篤史さんが案内役を務める例の長寿番組です。前回は2015年にFPという住宅を取材頂きましたが、今回は3年ぶり2度目の登場となります。

今回の住宅は昨年竣工の「路地の家」。実は路地の家の建て主さんも、FPのオンエアを観て気に入り設計のご依頼を下さったのでした。感慨深いですね。

渡辺篤史さんは前回もそうでしたが、ワゴン車から降りるとそのままマイクを付けて、リハーサルも一切なしで本番に入ります。私にも本当に気さくに話しかけて下さり、カメラが回っていないところでも、本当にあのままなんですね。収録で建て主さんもみんなファンになってしまうという気持ちがよく分かります。


収録終わりには、興奮冷めやらぬ渡辺さんからハグを求められました笑。
前回のFPもすごく褒めて頂いたのですが、今回も渡辺さんのツボにはまったようで良かったです!建て主のOさんも緊張されたようでしたが、ご対応ありがとうございました。

こちらのオンエア予定は、「7月7日(土)」だそうです。また近くなったらリマインドしますね。オンエアが今から楽しみです!


エクスナレッジから本が出ました。私は中のいくつかの記事について執筆/監修させて頂いています。

『家づくりを楽しむ教科書』 (エクスナレッジ)
http://amzn.asia/bkJpjks

こちらは以前出た建築知識の特集記事(2016.6 住宅デザインの解剖図鑑)がベースになっています。建築知識さんの記事にはよく編集協力をさせて頂きますが、この号はとてもわかりやすくて、きっと書籍化するだろうなと思っていました。(一粒で二度おいしい、エクスナレッジ商法!)


「配置を考える」「移動を考える」「部屋を考える」など、セオリーに基づいて複数の建築家がプランニングやディテールについて解説しています。私は敷地選びや配置計画、洗面・浴室空間の寸法の詰め方、照明などについて解説しています。

正直言うと、昨年出版した拙著『おもてなし住宅のつくり方』でも、洗面所や照明計画などについて私の鉄板手法を掲載しているのですが、出版より前にこの建築知識の特集号を監修させてもらったおかげで、考え方が整理されて執筆の”貯金”ができたという、私にとってもありがたいお仕事でもありました。


各見出しごとに、大喜利のようにユニークな挿絵が挿入されています。中にはちょっとクスッと笑ってしまうものも。とても楽しく読めるので、一般の方も是非手に取ってみて下さい。


私の著書もデザインして下さった細山田デザイン事務所さんが本を出されたということで、先日開催された出版記念イベントへと足を運んできました。

自分の本の時は編集者さんを介してのやりとりだったので、直接お会いするのは初めて。一言ご挨拶をと思い参加させて頂きました。

どんな方なんだろう?と思っていたら、表紙のイラストそっくりの方が出てきてびっくり!

グラフィックデザインと建築というのは、二次元と三次元の違いはあるものの、考え方や美意識の根拠の求め方などに親和性があるようにも感じています。私自身、自分でグラフィックを手がける時は、素人なりにもかなりこだわってしまいますので…。

グラフィックデザイナーは、憧れの職業のひとつです。

誰も教えてくれないデザインの基本
細山田デザイン事務所


今日はとある雑誌の撮影のために、久しぶりに「隅切りの家」へ。隅切りの家は、私の拙著「おもてなし住宅のつくり方」のカバーにも使わせて頂いている住宅です。

撮影は藤塚光政さん。最初写真家の名前を聞いて、おもわず二度見ならぬ二度聞きしてしまったくらい。

藤塚光政さんといえば、私の学生時代から第一線級の建築家の写真を撮り続けている憧れの写真家の一人です。まさか、自分の住宅を藤塚さんに撮って頂ける日が来ようとは…!(それなのにスタッフは誰も知らない。一人興奮する私。哀しい)

満開の桜を撮るために撮影日程をギリギリまで調整し、これ以上ないコンディションでの撮影が実現しました。今日は夕景のみの撮影。そして明日は早朝から内観を納めて頂きます。

誌面に使う私のポートレートも藤塚さんに撮って頂きました。わかりますか?藤塚さんにポートレートですよ。篠山紀信に履歴書の証明写真撮ってもらったぐらい、私の中では大事件なんです。(伝わらんかなあ!)

で、これいつ出るのかって?
来年の2月です。冷静に考えたらそうですよね。満開の桜を5月に載せたって意味がないのですから。あぁ、この誌面を1年も待たないといけないなんて。なんという贅沢!!


拙著のカバーにお母さんに抱かれて写っていた息子さんも、もう4歳だそうです。毎年この桜とともに育ってゆくのですね。感慨深いです。

1 / 17123...Last »